●10年分の
日記全部
●日記を書いてる人
空想雑貨店主


◆次月のガンタマ日記へ続く

2009年6月30日(火)〜7月1日(水)
iPhone用のクリスタルカバーを悩みに悩んで決め、
インプレスのできるシリーズ「iPhone」を読みながらお勉強。

手塚治虫の「白いパイロット」少年サンデー連載
続きが読みたくって貸本屋へいったのさ
そして「勇者ダン」、アイヌの宝を守る虎の話、
ご存じ鉄腕アトムの史上最大のロボット編が
僕の手塚体験でした。



渋谷でロケ+インタビュー予定





2009年6月29日(月)
いらっしゃい!


せがれも生粋Mac党な友人からのiPhone歓迎初メール。

だいたいいまさらWindowsは購買意欲が起きないし。
ミニノートを買う選択肢はあったのだけど。
携帯は束縛観念が嫌いだから、持たされてもほとんど使わないし、


ただこいつは
iPodが入っている16GB分だけでもお得だし、
いま持ってる旧iPod2GBは家人に譲り渡してよろこばれているし、
天気予報とニュースぐらいはネットに接続してみられるし、
(もっとだけど)
移動先でもある程度「トウキョウ書斎環境」を保てるところがいいかんじ。
とうぶん楽しめる。
◎散歩しながら、キカイで夢の続きをみられるのだ。



2009年6月28日(日)
秋葉原ヨドバシでふられ、
浅草でようやく最後の一台を入手しました。
iPhone3GS白16GB
おもちゃ以上におとなのおもちゃだと思うよ。



2009年6月27日(土)
誰よりもおもちゃ好きの
世界的建築家にしてデザイナーにして映像作家の
イームズは書き記している。
すなわち


子どもたちには、
今すぐには何の役にも立たないような出来事やものも、
尊重するように教えなければならない。


いやいまこそ、大人たちこそ、尊重するべき事柄でしょう。

おもちゃを集めるのに、
何の役にも立たないような出来事やものや人も、
リスペクトしなければならないということを。





2009年6月26日(金)
◆私の主食は、レタスと恋とカンビールね。(サントリー缶ビール)
◆カンビールのおかわりと新しい恋は、お近くのあの人と。
◆カンビールの空カンと破れた恋は、お近くの屑カゴへ。
1981年雑誌ポパイの見開きページで見ていた。
どれも都会的タッチでサントリーの缶ビールの商品構成とマッチしていた。
「アルファキューピッド」という
アパレルメーカー・アルファキュービックの広告も好きだった。
ズバリ新聞紙製の兜をかぶったキューピーさんがビジュアルだった。


コピーライター眞木準、逝く。





2009年6月25日(木)
◆ル・コルビュジエ展 国立西洋美術館(上野)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
僕は携帯電話が嫌いで、ほとんど使っていません。
iPhoneならば音楽も聴けるし、GPSもついてるし
パソコンを持って行かなくてもカンタンにネットがのぞけるし、
ずいぶん充実してきたみたいなので、
いよいよと思っています。

西洋美術館はコルビュジエの設計、世界遺産の候補になっているようです。
コンクリート打ちっ放し建築の開祖?コルビュジエは結局最後に
「茶室」のような思索小屋を建てました。
ポスターを買いに行きます。



2009年6月23日24日(火曜水曜)
家族は朝から歌舞伎
僕はフリーでした。

いま借りてるパソコンのレンタルサーバーが大容量低価格となったので、
近々コースを変更して乗り換えようと思います。
1998年頃はニフティやSo-netでも個人ホームページ容量はたしか10MB
企業でも50MBくらいでした。
それがいまや40GB。
1000MBが1GBでしかも値段が安くなっていると言うではありませんか!
引っ越しはホームページを再アップしなければならないなど
かなり面倒な部分もあるのですが、
画像の大きさもほぼ気にする必要もなくなり
実施するつもりです。



2009年6月22日(月)
空想雑貨店内を使って
OZマガジンの撮影がありました。
ファンタスティックで楽しい撮影でした。
できあがりが楽しみです。



2009年6月21日(日)
雨の中
ヨガの帰りだといってお茶の水古書キントト文庫の山本嬢が店へ寄ってくれた。
で、長い長いおしゃべり話。
ローメンコの話ではいいアイデアをもらった。
久しぶりにメンコブログを更新した。
http://blog.goo.ne.jp/menko555/



2009年6月20日(土)
今日になったら、
土星の輪が消失するとか、

丹波篠山で通常の二倍はあるティラノザウルスが発見されたとか、
昨日NARUTO最新46巻を一気読みした効果なのだろうか?



2009年6月19日(金)
遠方のお客さんからリクエストの電話がありました。
信頼していただけるのは、とてもうれしい。
ありがたいことです。
でも、入手がなかなか難しいところで、
うーーーん、頑張ります。
長い目で見てやってください。



2009年6月18日(木)
昨日も散歩。
靖国通り皇居半周コース。
半年ぶりにお茶の水キントト文庫へ寄って
キントト嬢としゃべってすこし元気になり
揚子江菜館で冷やしタンタン麺を食べ
三番町あたりを散歩しながら
半蔵門のARGOで皇居の緑を眺めながらお茶し
銀座を経由して地下鉄で戻ってきた。
スーパーでグリコのカレーZEPPINシリーズ中辛を購入。
飴色になるまでタマネギを炒めてみた。
自宅のPCをみたらNHKから連絡が入っていた。



2009年6月17日(水)
雨間をぬって
かっぱ橋道具街の入り口にあるビストロへ行きました。
そのあとは御徒町のたけやまで散歩したので、
すこしからだが軽くなったような気がします。
名人戦35手詰めのものすごい終盤をライブ観戦。



2009年6月16日(火)
日曜日は今年いちばんの体調不良。
月曜日は回復にあて、
夜は制作会社社長とアキバUDXお好み焼きで夕食。



2009年6月13日(土)
朝から店へきた人が「あっパリラがある!」で始まった一日でした。
梅雨のせいで肩に雲を乗っけ頭の中がジメジメするといった
持病の偏頭痛の日でもありました。

ローメンコはいったい誰が発明したんだろうか?
飛ばす目的なのか、それとも別の遊び方が目的なのか?
などと
くぐもったアタマでずっと考えていました。



2009年6月12日(金)
梅雨入り
母親を新橋のクリックまで連れて行く

負けたときにどうするかで未来が決まる気がする。
タカシマヤ氏が没プレゼンの報告に来てくれる。
将棋の名人は十戦中必ず二回は負ける。
今日はNHKさんと初対面。



2009年6月11日(木)
どうぶつしょうぎがやってきた。
今日はこれで遊びます。
(一ヶ月待ったのです。)


購入:日本女子プロ将棋協会



2009年6月9日10日(火曜水曜)
ガラス工場を見学してきました。
北欧の濃い色のガラスも好きだし、
ベネチュアガラスのポップぽさも好きなんです。
お盆や正月でも火を消さない釜を横目に
職人というのは、「火」に関連しているのかなあと思いました。

モノが固定化されるまでのわずかな時間にすばやく作業し、
同時に常に「丹誠こめ繰り返すこと」を要求される。
古来日本人はこの全身全霊をこめた製造行程を
「見事ミコト」と呼んできました。

うちの祖父も菓子製造業でしたから、火はあったし、
釜の中で米と水飴を混ぜ合わせ、取り出し
瞬時にかたちにしたのを昨日のようにおぼえています。
おもちゃのソフビ工場でも、火は必要で、
ここでもランニングシャツに手ぬぐいが定番スタイルでした。

ガラス工場は緑の中にあり、
環境が生産効率を高めているようでした。



2009年6月8日(月)



◆パリラ・グランスポルト
(イタリアミラノ生まれ1950年代製175cc)


店を始める少し前までは
よくパリラのエンジンに火を入れて
旧車会の集まりに出かけていた。
この写真はたぶん〈多摩丘陵を旧車で駆ける会〉の
イベントで箱根へ行く朝、撮影したモノ。
狭く細いシートの横に
工夫して地図とパンク用品を入れた記憶がある。
1987年11月3日のこと。


いつでもいつまでもパリラは僕の中で光る銀の矢だ。
空気がヒリヒリして
世界が視界から沈み後退していく。



2009年6月7日(日)
たまに店に飾ってあるオートバイの名前を口にされる方がいる。
そのかたは浅間ミーティングクラブ(日本最大級のクラブ)に入っていたこともあり、
ベスパ乗りだといわれた。
僕より年上で家族でいらした。
せがれさんは「好きなモノだけを集めている」といって、
テレビ番組とは無縁の「オリジナル怪獣ソフビ」をリクエストされた。
集め方にセンスがあるのだ。
またお立ち寄り下さい。



2009年6月6日(土)
去年からデジカメを持って、
「雲」を撮影するようになった。
とくに夕方、
さえぎるもののない海岸地方で見る雲には、
世界がいまだ大きな実験途中にあることを示しているような
「変遷途上の雲」が多く見受けられた。
そして最近半世紀ぶりに新型が発見された。
詳細記事



2009年6月5日(金)
建築家にとって
白い壁はキャンパスなのだ。
コルビジェもアアルトの家も壁には絵が多数飾ってある。

コレクターにとって棚は収納庫なのか?
 檻じゃない。
やはり自由なキャンパスなのだ。
そこがおもちゃ達のinfinity poolなのだから。



2009年6月4日(木)
夢だったのかそうでなかったかハッキリしないのだが、
どこかで何かきびしいことをいわれたような気がして
それがずっと引っかかっていて。
調べてみたら孔子の言葉だった。
免(まぬが)れて恥なし



2009年6月2日3日(火曜水曜)
湯島のカフェで至福のコーヒーを飲んだり、
入谷のギャラリーで世間話をして、
夜は友だちと海に行って遊んできた。
よくも悪くも、世界は見えるようにしか見えないのさ。
風が強かった。
巨大な湿気をはらんだ雲が、季節の扉を少しずつ上書きしていくのを、
車を運転しながら感じていた。



2009年6月1日(月)
近所に建築事務所がオープンした。
上の階にはデザイン事務所も入るというし、
これから交流が増えそうだ。

というより、遊びに行くところが増えたのかもね。



空想雑貨(浅草の懐かしおもちゃの秘密基地)