1998年から 空想雑貨店主


次月のガンタマ日記へ続く

ゴールデンウィークのお知らせ
お店は5(水)6(木)7(金)のみお休みとなります。
4(火)は通常定休日ですが、やっています。


スカイツリー見学のあとにでも寄ってください。



2010年5月3日(月)
骨董の味
昭和じじいとクラスメートから呼ばれている小学生や
孫に骨董を教え込んでいる夫婦とか
連休ならではの方たちがいらっしゃいました。
古いおもちゃを楽しんでいただいて、
うれしいですねえ。

2010年5月2日(日)
デザインの帰結とは
「建物探訪」で登場した
椅子はイームズ、
照明はポールセンのUFOみたいなライトのある
自動車デザイナーのリビングに





カネゴン、
パゴス、
カーリー星人

並んでいました。
そうそうそうですよねえ〜

2010年4月30日(金)
アマリリス咲く頃
5月に亡くなった義父からの贈り物「アマリリス」
毎年ゴールデンウィークになると白い花を咲かせる。
去年は開かなかった。

音楽のプロモーションビデオ用に
シンバルをたたくブリキのお猿さんが売れました。
この子、結構、人気あるんだよね。
四十年たってから、売れるとは思わなかっただろうね。

2010年4月29日(木)
瞬間の青空
一瞬だけ青空が見えた。
勝ち続けることもないし負け続けることもない。
わかってはいるけれど、
今朝のバルセロナの空は悲しい。

2010年4月26日(月)
コンクリートの花
隅田川の花見と同時に
スカイツリーを見に行った人が多かったらしい。
うちでも母親にそういっていた。
工事中のツリーを見られるのは今しかないということで、
浅草雷門から人力車もツアーしているらしい。





どうやら
スカイツリーがキーワードになってきた。

2010年4月22日(木)
春の日ドライブ
我が家の茶の間には、
僕の子どもの頃から、
茶箪笥のわきに、缶があった。
それは、お菓子をいれてあるお菓子缶なのである。
ようやく無印良品の竹のバスケットに変更した。

春の日ぽかぽかドライブをした。
羽田を抜け、
東京湾アクアラインを通って海ほたるへ行き、
船橋でおりて、
IKEAや無印良品、Francfrancへ寄った。

家にあった小さな茶箱に
おもちゃ屋の包装紙を貼った。

2010年4月17日(土)
眠らない夢
遅く起きたので見なかったのですが、みぞれだったみたいですね。
四十年ぶりだとか。

美しいモノが見たいですね。
デザイン全般で。

ソフビを極めたい

職人にもアーチストにもなれなかった中途半端な造形屋、
あいかわらず多し。

帰りマンの御三家三体(ボックル・ミステラー・ササヒラー)よりも、
羽が官能的なジャイアントドラコが欲しい。

イームズの椅子が欲しい。茶色がいいぞ。

IKEAで買い物したい。

和室の壁に珪藻土を塗りたい、ぞ。

2010年4月15日(木)
季節の贈り物
四回ローリングする季節
は、
風や水や土や火を、
寒がらず、痛がらず、敵対することなく、
親和する方向軸を推し進めた。



春の風は冬の冷たい風とは違うし、
暑い夏の風とも違うし、
秋の憂いを含んだ風とも違う。


一音に対して、
複数の選択肢の中から最適な文字を選ぶ作業は、
あたりまえのことだ。


やがて、
手の感受性は、
細やかさが、【おもちゃ】を生んだ。

2010年4月10日(土)
冥くありえない死
「カチンの森虐殺事件」追悼式に
出席するポーランド大統領機が墜落したニュースを聞いて
神話学者ミルチャ・エリアーデの自伝的幻想小説「妖精たちの夜」をとっさに連想した。

2010年4月9日(金)
駄玩具の味
台紙物が売れた。
もちろん駄玩具系です。
(おもちゃのB級グルメといえばわかりやすいかな)
それがベテランの人じゃなくて、
海外の若い人なのね。

2010年4月8日(木)
玩具の恥
玩具組合に問い合わせても、わからず、
ショップに聞いてもわからず、
おもちゃに詳しいライターに質問しても見当もつかなかった。
テレビ局からそう聞かされたので、
調べて答えを出すよりなかった。


とある水物商品のロングセラーについて
何年に流行って、
値段はいくらで、
製造元はどこかという難題である。


昔の玩具(1950年代)のことで、
玩具関係者が誰一人として答えられなかったというのは、
恥だから、ね。
なんとか、なった。

2010年4月4日(日)
コレクションの前に
楽しむこと、遊ぶこと。
コレクションの前提として、
この《心意気》がないと、
おもちゃ達とハートが繋がらないのだ、である。

2010年4月3日(土)
いざ、遠足へ
昨日の店は
まさに
大人の遠足状態でした。

閉店時間間際、「T腕D」から問い合わせあり。

2010年4月2日(金)
「時の間トキノマ」
朝から強風が吹き荒れています。

墨田区の新タワーを見ました。
なにか新しい物語が進行中で、
そしてどこかで見たような気もするし、
自分がその物語の中に取り込まれたような感じがしました。
そこでは登場人物なのか通行人なのか脇役なのか、
さっぱりわかりませんが。





空想雑貨(浅草の懐かしおもちゃの秘密基地)