1998年から 空想雑貨店主


次月のガンタマ日記へ続く


2010年9月30日(木)
東京は東から
東京再編成のうねりが始まっている。
それはスカイツリーの成長に合わせて
始まっているようだ。

中村勘三郎(55)の平成中村座が
《スカイツリー開業を記念》して
東京・浅草の隅田公園で
来年11月から7カ月間公演することが決定。

隅田川岸
待乳山(まつちやま)聖天の地、
猿若町は明治時代東洋のブロードウェー
といわれた。
これは確か江戸時代、
南町奉行東山金四郎がこの地に
江戸中の一座を集結させたためだったと記憶している。

今戸神社がパワースポットと騒がれているが、
それは少なくとも奈良時代より
まつち山が聖地だったため。

2010年9月29日(水)
物よりも人
物よりも人
どれだけデザイナーズチェアが並んでいても、つまらない。
どれだけマルサン商店製ソフトビニール怪獣が飾ってあっても、感動しない。
ただそれだけでは。


家人が忘れ物をとりに10分ほど席を外していたら、
コーヒーがさめるのでといわれ
コーヒーとケーキをいったん下げてくれました。
そして戻る頃を見計らって新しく入れ直してくれました。
お湯割りエスプレッソ
プレーンで薫り高し。
モンブランケーキ、すばらし。
インテリア清くふかし。
パスタ、また注文するから。


Sol Levante(ソルレヴァンテ)
03-5464-1155
東京都港区北青山3-10-14
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13021609/

2010年9月26日(日)
十代の頃から
ポケットにお金はなくても
想像力と時間にはこまらない生活を送っているので、
一日の過ごし方だけは、とても慎重に過ごすことにしている。
最近は遅起きだし、夕飯以降のスケジュールが混迷している。
「ミ」をいれて生活しないといけませんね。
反省。
薪能のお誘いがあった、行かねば。
二十世紀最大の神話作家
ダンセイニ卿研究家のイナガキ氏から譲り受けた
二十代の友人
イラストレーター鴨沢祐仁のデザインした
鈴木慶一(ムーンライダース)の
レコードジャケット。
僕はいまのところアクオスTVの前に飾っている。
 

2010年9月22日(水)
ジャパニーズポップカルチャーの伝道師ダニー・チューさんが
空想雑貨を来訪してくれた
番組の放送日が決定しました。

BS11デジタル「KIRA KIRA ASIA 」
9月24日(金) 0時半〜

BS11番組サイト
http://www.bs11.jp/entertainment/1151/

番組オフィシャルサイト
http://asianbeat.com/

2010年9月21日(火)
本をケーキのように飾るように
本を雑貨感覚で
文庫本を
ちょうどお皿の上にケーキのように飾り付ける
ブックコーディネーターという仕事があるみたいです。
さあ、じゃあ、
おもちゃコーディネーターならばどんな技を見せるのか
と言うことになります。
【商品一押しの美顔ポイント】はどこかと言うことですね。

プリンターが壊れたので、
無線LAN対応の最新型にしました。
iPhonも直接プリントできます。
そういえば姪っ子の二十歳の誕生日に
正方形の「iPod shuffle」を特製ギフト包装でプレゼントしたら、
めちゃくちゃ喜ばれました。

2010年9月15日(水)
暑さもどうやら極限を過ぎたようで、
ところが僕の体はまだ風を感じられず、
いつものようにアタマはバースト状態。

さて、手紙を書かないといけないんだけれど、
ちょっと長い手紙になるかなあ。
Eメールじゃないんで、
ちょっと緊張かな。
こちらの近況と来年の予定もお知らせしないと。

すべては変遷循環していくものなのですね。
僕らは宇宙の小さなひび割れた芽です。

2010年9月9日(木)
風の名前はWINDだけじゃない
  ■風の名前 高橋順子著(小学館)
日本人は見えない風を感じるのが、得意だ。
風の名前はなんと二千以上もある。
たとえば夏から秋へと季節が移行するときに感じる
徐々に徐々に季節が移り変わって
だんだん色やかたちや音になって見えてくるという
あるいは
夏の中にすでに秋が準備されてすでにその萌芽があるという
古今集的古典的な感じ方はもとより、
現代でも、
選挙の時など、物理的な風など吹いていないのに、
逆風だの追い風が吹いたなどと表現する。


その風に対する感受性がもたらした遊びが、
実は「風かえし遊びメンコ」なのだと言うことを
僕は強調したい。
それはアメリカや中国にはない。

おもちゃには気候風土、民族の感受性までもが含まれている。

2010年9月5日(日)
NHKへだいぶ早く着いたので、
すこし散歩していたら、
坂の上にピンク色のカフェがありました。
ここで台本をチェックしていました。
収録は2時から7時までかかりました。
詳細はまた後日。

2010年9月4日(土)
おもちゃの仕事をしていて、
自分でも良かったなあと思えるときがある。
外人さんが来て、iPadでコレクション自慢をする。
こんな時、言葉は不要だし、
感情を出せばたいがい心は通じる。
なかなかこんなチャンスはないでしょう。
 ■アイリーン・グレイの椅子

その棚に並んでいるロボットを見て、
僕はTWOだといった。
だって、僕は自宅にもうひとつあるから。
僕は「2」が好きなんです。

益田鈍翁を筆頭とする
明治時代の数寄者には多少その匂いがありましたが、
コレクターは今日では、
「所有者」をしか意味しませんが、
コレクターは「所有者」から抜け出て
「美学者」にならなければ存在意味がありません。

「風」と「めんこ」と「日本人の感受性」について
朝から考えています。

2010年9月3日(金)
113年で最も暑い夏とか。
アイスノンを首に巻いたようなものを買ってきました。
良いです。

いろいろな「カカワリ」が増えてきました。
NHKさんとは去年ちょうど今頃
「スローカメラでメンコの風の流れを見せる」
という番組をやりました。
今年はまたちょっとポップなかたちで出演します。
「おもちゃの世界」には何らかの貢献ができていることと信じてやっています。

建築デザイン関係のお友達知り合いが増えてきました。
おもちゃでも僕はずっと見せることを計算に入れて、考えるようにしています。
いいコラボ、良い合体をして、エネルギーを増大化したいですね。

 
■フランス旅行に行った友人が
撮影してきてくれたコルビュジエ作「サボア邸」

2010年8月31日(火)
昨夜は渋谷のNHK放送センターでうちあわせでした。
車で出かける直前になって、
ガレージのシャッターが突然壊れ、ビックリしました。
暑さのせいかもしれません。
週末、番組収録があります。





空想雑貨(浅草の懐かしおもちゃの秘密基地)