→1月



2011年2月25日(金)

▼積み木を置いたテーブルとコーヒー
自分と同じ方向性の美的アンテナ

持つ
同業者
と会えると
とてもウレシイ。
今週ミッドタウンで見てきた倉俣史朗をこよなく愛していたのは、
下北沢ヒーローズの多田さんだし、
客が最初に視線を向けるところに積み木を置いたのは、
今週紹介してもらった神宮前のアンティーク雑貨屋さんだった。

夕方、武蔵美の板東教授から電話あり。
職人の質の低下についての会話。


2011年2月23日(水)
午前中、工務店と解体屋。
昼から、表参道まで、ヘアカットに。
気温が上がり頭痛の予感がしたため、六本木まで歩くことに。
途中、「大坊珈琲店」でエチオピアを飲む。
青山スタンダードともいうべき歴史を感じる味。
ベルコモンズの地下の雑貨屋に立ち寄り、

ミッドタウンでインテリアデザインの「倉俣史郎とエットレ・ソットサス展」を。
ただし時間が足りなくなった。
そのあと帰国したジリジリディレクターと丸の内のおでん屋で「あんこ玉」をいただく。


2011年2月20日(日)
ソフビの怪獣もブリキのロボットも
まだまだほんとの声は聞こえてこない
オモチャの可能性をまだ信じているんだと思う。
オモチャっていうのは、
たとえどっかの店が高い値段をつけようが、
たとえどの店も存在を無視するように話題にもしようとしないでも、
オモチャっていうのは、
ものではあるけれど、

もうちょっといい感じのものなんだと思っています。
工業デザインの範疇に入るけど、
そんなにお高くとまらないもの。
そんな感触だと思っています。
笑いの絶えないもの、
それがいいすぎだとしても、
人のほほえみに包まれるものだと思うよ。
だから、もっと開放的で、
コミュニケーションを求めるものだとゼッタイ思いますよ。


たぶんそんな感じが、
カフェ化する理由なのです。


2011年2月18日(金)
最近ヘビーローテーションで聴いています。
ドリーミンでカルフルで
ケルティック。
朝の多幸感あふれ
光の粒で淹れたネルドリップコーヒーのよう。
新しいお店でも流すはずです。
A Lily  Thunder Ate The Iron Tree



店の荷物の片づけはほぼ終了しました。
今日は店用のパソコンとプリンターの線をはずし
自宅に持って帰りました。
思えば
ものがあふれすぎ
その埃とその量に悩まされた
不思議なあとかたづけでした。
身体にその痕跡が刻まれています。


2011年2月11日(金) 雪
どうやらほんとに終わりが見えてきた。
カウンターまわりのペコとサトちゃんを片づけました。
雪の日、、、
来週はいよいよ工務店とうちあわせ。

薄いカップでコーヒーを飲むと、
味がシャープになったように感じます。

今度の店では、
【オモチャのこく】が出せたらいいなあ〜


2011年2月9日(水)
昨日は
友人のお茶の水の趣味系古本屋の元祖
「キントト文庫」山本嬢に来てもらいました。
   
今日は
燃えるゴミをドカッと出して一安心。
オモチャ倉庫兼用のガレージがかなりスリムになりました。
雪が消えた午後
秘密基地まで段ボール六箱を輸送。


2011年2月5日(土)
なんとなんととんでもない忘れ物が
でてまいりました。
コピーライター時代に自分が作ったラジオのCMと
なんと結婚式の
【カセットテープ】がでてきました。
押し入れからでてきたレコード
1983年発売
知ってる人は知ってる「サロンミュージック」

ホンダのCMに使用されました


2011年2月4日(金)
一ヶ月経過してようやく畳が見えました。
もう少しになりました。
私物のレコードも出てきたりして、
あわてましたが、無事格納。
この部屋にガラスケースが五個あったのです。
天袋と押し入れにもドッチャリ。
ふうーーーー


2011年2月3日(木)
今日は比較的快調に片づけ作業が進みました。
ただ今度は別の問題が、、
解体工事の見積もりがFAXで届いたのですが、
 値段が(>_<)(>_<)(>_<)


2011年2月1日(火)
光さす
重い大きなものは片づけ終わりました。
あとは細々したものばかりです。
ゴミの量もすごいです。
今週いっぱいでなんとかけりがつけられそう。
よーーーーやくゴールが見えてきました。





===============================================================================