【空想雑貨とソフビの歴史】
1988年  空想雑貨創業
《展示会》
1989年  「幻のソフビ怪獣展示会」
ピンクのメガロ、ナメゴン他
1990年 「幻のソフビ怪獣展示会」(初期型、珍色編) 
パステルグリーンのゴジラ、風船ゴジラ、三首竜他
《出版・著作 空想雑貨店主神谷僚一》
1989年 1989年〜99年末までおもちゃ業界誌に約百回もの画期的な広告を掲載。
1996年 ガンタマ〜浅草の玩具の魂〜 
1997年 怪獣玩具の冒険
★冒険展(神田アートギャラリーデルタミラージュ)
マーミット赤松氏、玩具組合事務局長大石氏、マルサンプラモ研究家平野氏、
怪獣玩具の冒険の写真を担当した現代美術家小林健二氏と対談。
これをきっかけにマルサン2代目、米沢2代目と出会う。
読売新聞掲載エッセー おもちゃと茶の道
★バンダイ創業者山科直治氏から対談要請あり
1998年 骨董魔術論   織部とマルサン、金太郎とアトム他
2000年 慶応大学で講義 怪獣を買ってユートピアへ行こう→2002年慶応大より出版
2004年 変化ブースカ謎々考(雑誌フィギュア王)
ナメゴンはなにをみているのだろう(同)
2005年 ガンタマTVプロデュース(インターネット放送)
ゲストのティーブレンダー熊崎俊太郎氏とはナメゴンの歌を詠み、創作紅茶をつくるという試みをする。
その他の回でも裏原宿バゥンティーハンター氏、キックボクシング鈴木秀明氏とソフビ談義。
2013年 電子書籍浅草ミラクルガイド(インプレス社)では、
浅草の玩具産業が日本一世界一であったことを記述している。