ソフビの歴史のいっぱい詰まった大事な《しっぽ》
ガラモン一期のしっぽは【ソフビの歴史の詰まったしっぽ】
ただ回るから良いというものじゃない。
史上初めて自由自在に動くようになった【技術力の詰まったしっぽ】プロジェクトX
ブリキではゼッタイ無理。
セルロイドでも無理。
塩ビでもちょっとツライ。
旧来の固定型の銀行貯金箱系ソフビでは考えられなかった。
それが言いたかった。

だからこのガラモン一体で
【ソフビ美術館】が可能なのである。

ゴメスよりも細くて弱っちい。
だから同じしっぽ可動組でもゴメスより現存率も低い。
壊れてなくなっているケースもある
ということなのである。

こんな鑑賞は空想以外のプロもアマチュアも誰もやってこなかった。
これもついでに言っておきたいのである。

浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨