「台紙ものでうめよう」
台紙ものというのは、
その名の通り、くじやバッヂを張り付けている紙のことです。
昔の駄菓子屋さんは、天上から台紙が七夕の祭りのように
ぶる下がって、何ともいえない雰囲気をつくっていました。

印刷も今と違って、版がずれて、へたうまのイラストだったり
極彩色だったり、それは見事でした。

商品は一打(ダース)以上付いている物がほとんどでしたから、
見ばえがします。
■台紙ものといえば、まずメンコ。それも切っていないもの。
シート(16枚繋がり)がいい。
→メンコはこちら
ひきくじパーマン 【パーマンと怪獣王子のひきくじ】
大きいので、バッチリ。
色あざやかで、カラフル。
縦43横26センチ
\5000
カートの説明
●●●
カートの中身 トップページへ

■駄菓子屋つくろう目次へ
■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨トップページへ