◆◆◆◆◆ ●ほぼ10年分の
日記全部
●日記を書いてる人
空想雑貨店主



■次のガンタマ日記へ続く


2008年1月31日(木)
約2時間ちかく店内を見てタイムトリップして、
買い物していただいたうえに
見るだけでも楽しいねえとお客さんから言われる。
なんと幸せな店主よと思う。

僕の店はカウンターがあるせいか
お客さんと話しやすい構造になっている。

2008年1月30日(水)
メールソフトとノートンがあたっていたため、
メールが開けなかった。
さんざん対策をしたが、結局サポートセンターに連絡して、改善。
ある箇所のチェックをはずすだけなのだけど、
それならもっとわかりやすくしといてください。
メールトラブルで半日飛ぶ

展覧会を見に行けなかったお詫びに
美術家の小林健二本人のとこへ顔を出す。
ゆくゆくはしだいに見えてくる大きなもののために
彼の作品はますます透明にそして透明に発光し始めている。

2008年1月29日(火)
コケシ博士の諸君さんのところで、
新品ほやほやのWindowsビスタにさわり、遊ぶ。
夜は僕のお気に入りのレストランでパスタ
ほとんどのことは僕の方がロマンチストなくせに
人間関係のこととなると諸君さんの方が僕よりずっと、だもんね。
そこがおかしいね。

2008年1月28日(月)
月曜休みのお客さんとビスコを食べながら
フリマ談義
まったりだなあ

2008年1月26(土)・27(日)
寒さに震えていたのと寒さにくじけず前へ進もうとした日でした。
今日はことに個人的なことで進展がありました。

お店の方はさらにいい感じです。
明日月曜日テレビに出ます。
三丁目のポスト(テレビ東京)夜八時
メンコの特集です。

2008年1月25日(金)
●ビスタに移行するかどうか
●移行した場合、メールソフトEudoraが対応していないため、
別のメールに切り替える必要が出てくる。サンダーバードかBecky!か。
●愛用のホームページビルダーV9がビスタ未対応。最新版を購入する必要が出てくる。
・・・・・ということなので、OSはまだしばらくは様子見。



店のカウンター付近のレイアウトを変更しました。
店に入ってきた人が、少年時代にすぐタイムスリップできるように、
よりナチュラルな雰囲気に。

2008年1月24日(木)
◆IE7強制アップデートの件
『Internet Explorer 7』強制アップデート開始日が2月12日に決定した模様です。
IE6の方はご注意下さい。
回避キットもMSから提示されていますが、
自動更新を停止するのがまずは賢明のようです。
関連記事 教えてgoo    GIGAZINE


お店開けています。

友人の墓参り
電車を乗り継ぎ
知らない街を歩き
それから少し散歩して
それから少しカフェで春眠まどろんでいました。

同じ年で似た環境で、周りから期待され、
そして何かを受け継いでいく・・・・・・
友人として出会ったことに意味があるとするなら、
どんな意味があったのだろうと
答えなんて出るわけないのはわかっているのに
マフラーをグルグルまきにして歩いていました。

東京へ帰る途中
いくつか若手のやってるフィギュアの店をのぞいたけど、
マルサンのソフビが並んでいたりしていたけど、
いいものもあったけど、
でもね、
どれもどこもどこかうらびれて皆かなしそうでした。

自分の店だけはそんなふうにしたくないと、改めて思いました。
はっきり違うんだ、とわかっただけでも収穫でした。

予定をはやく切りあげて帰ってきて正解でした。
こんな雪じゃ、ね、どこへも行けない。

◆お知らせ
21月曜から24木曜日まで
臨時休業です。
木曜日は夕方に店を開けるかも知れません。

2008年1月20日(日)
以前は出張するときは片岡義男の本を好んで持って行ったことがある。
いまだったら、なんだろ。
カフェのガイドブックだろうか。
iPodがあればいいかな。
俳句の本でも持って行こうかな。
鴨沢裕仁のことをぼんやり思う。


君と語り明かしたシリウスの晩
いっそ月まで歩いていきゃあよかった


二十世紀最大の神話作家で
ラグクラフト、ブラッドベリ、バラード
稲垣足穂を始めとする
あらゆる幻想文学者の父と言える
イギリスのダンセイニ卿の未翻訳作品の題名を付けるという名誉ある役を仰せつかったその作品が本になり翻訳者の稲垣博さんから受け取ってしこたまダンセイニファンタシゥムに酔いしれた翌日の出来事だった。
むろん鴨沢くんもダンセイニは読んでいた。
そして鴨沢くんにも僕は作品タイトルを貸し出していたことを思い出した。
「流れ星整備工場」
これは鴨沢裕仁の代表作になった。

足穂の挿画家まりのるうにいさんと僕と鴨沢祐仁の3人で
新宿から早稲田まで散歩したことが懐かしい。
1970年代後半で乾電池の自動販売機ができたての頃だった。

2008年1月19日(土)
まるで愛蘭(アイルランド)みたいな寒さの昨晩
友人とフランス食堂のようなところへ行って、
たらふく食べた。
コーヒーを二杯飲んで、ケーキまでいただいた。
ちょっとど忘れした神秘的なことと、
ちっとも優しくなんかない地球のことを話したりしたと思う。
その結果、気持ちが大きくなって、
「僕はさ、忙しい人って信用しないんだ」とついつい言ってしまった。

あまり空想に浸ってはいけないと思うんだ。
満月の世話にならなくてもいいことが、
この世にはたくさんあるよ(夢源物語 ロード・ダンセイニ)

夜10時
小林健二から
漫画家・イラストレーター鴨沢祐仁の訃報をきかされる。

2008年1月18日(金)
東京夕日観光
浅草から豊洲またはお台場まで。
室内は、あのイームズとパントンの椅子が占拠している。
ヒミコという名称のこの水中船は(松本零士)
かつてヤマトタケルの妻オトタチバナ姫が漂着した
(※墨田区立花の名はここに由来する)
隅田川を行き来するのにふさわしいイメージ。

そしてこの海のルートは
徳川家康が真っ先にお抱えの海の衆に支配させた道
(佃煮の佃島)
真土山岸の石浜にケロヨンのツクダがあったのは何かの偶然だろうか。

明治になり文明開化が上ってきた道でもある。
日本のセルロイド製品はここで生みだされている。
そして近隣の葛飾あたりまではセル屋が繋がっていた。
(鐘淵のカネボウなどの化学工場、南千住のガスタンク、大操車場)

2008年1月17日(木)
夕焼けのオプション
豊洲の夕焼けは東京の中でも好きな景色のひとつだ。
このあたりはビルの建築ラッシュだ。
それが東京の新しい始まりなのか、
それとも都市の終焉なのか。

2008年1月16日(水)
オートバイの浅間ミーティング倶楽部(NPO法人)の会長
中沖満さんが去年の夏になくなっていたことをご子息からのハガキで知りました。
力道山のロールスロイスを仕上げた名人塗装職人の氏が手がけた
ゼロ戦(靖国神社に奉納されたのもそう)の前で
中沖さんとふたりで職人魂ガンタマについて語り合うという企画は
とうとう幻のまま終わってしまいました。

中沖さんいつぞやは僕のパリラの記事を書いてくれてありがとう。
何回もいいますけど、
あれはシンプルだけどあたたかいとってもいい文章でしたよ。
三十年たったらいつかまた遊んでくださいね。


■浅間ミーティング倶楽部について


======================================================
富岡八幡にお札を返しに行った際目撃。
東京深川門前仲町の飲み屋さん
植木等の看板だった。

2008年1月15日(火)
昨日はテレビの撮影が二本はいっていて、
さすがにバテました。
同じ番組なのですが、撮影スタッフさんも違って、
別の内容で2回分の撮影となりました。
とうぜんこちらの見せる物も違いますし、
話すことも違うわけです。

2008年1月14日(月・成人の日)
営業日です。
ただし
朝からテレビ撮影が入っているために、
撮影スタッフや機材さらにうちあわせなどでごったがえして
バタバタしているかも知れません。
ご迷惑をおかけするかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

2008年1月13日(日)
アトムと鉄人28号どっちが人気あるの?
子どもの時、鉄人28号ごっこをしたアメリカ人に聞きました。

感動とは、
一生を通して感動していく物だと教わりました。
今年はとくにいろいろな場面で、
この教えを思いかみしめようと思います。
おもちゃの蒐集もまた同じです。

2008年1月12日(土)
20C横丁氏と合羽橋コーヒーでモーニング。
学習院ピラミッド校舎見学会とのこと。

正月が過ぎたばかりというのに気が早いが、
こんなコレクション気分もいい物だ。
芭蕉曰く
「あれこれをあつめて春はおぼろかな」

2008年1月11日(金)
建築の本をダブって買ってしまった。わっはっは。
テレビの件と映画の件、かるくうちあわせ。
おもちゃをわかってもらうためには、まだまだ時間が必要だ。
物さえあればという精神がすでに後退的なのだ。

2008年1月10日(木)
テレビ出演依頼あり、要検討

2008年1月8日・9日(定休日)
●究極の住デザイン(コンラン)
●無印良品の家の本をひらき
●北欧家具のような原田知世のCDを聴きながら
かっぱ橋の珈琲問屋で残りひとつだった
楕円金属皿付の白い陶磁器カップ\600で
いつものドーナッツドリップ方式豆クラウベルのコーヒーを飲んだ。


二十一世紀が開けた頃、
宇宙幾何学者バックミンスター・フラーさんのミーティングをしたのは、
新宿のコンランショップのカフェだった。
思索は二本以上立体交差していないと思考ではないし、つまらない。
さてさて、おもちゃのデザインはどうなのか。
イームズとマルサンのソフビデザイン話でもしていようか。

デザインとは「宇宙全方位(のなかみ)を包み込むこと」だと思う。

2008年1月7日(月)
昔々東京の外れに4××というところがありまして、
そこに大量におもちゃが残っておりましたとな。
倉庫に入りきれないほどの量だったとか。
その「ニラーマン」や「仮面ライター」は
やがて某南方面へと流されていきましたとな。


正月いっぱいお酒の入ったおもちゃ問屋さんから聞く話は
わくわく話ばかりだ。

2008年1月6日(日)
正月は
和菓子屋の祖父さんのもとで働いていた職人が
もうとっくに店もやめ祖父さんがなくなった今でも来る。
そんな職人の話を聞いているのが、僕には何よりの楽しみだ。
いま自分のやっているこのアンティークのおもちゃ屋稼業にも
なんだか共通するモノがある。
共通して流れている血を感じる。
夕方そんなことを思い浮かべながら、棚の怪獣人形たちを乾拭きしていた。

2008年1月5日(土)
本日から空想雑貨2008年の営業開始です。

今年はいっぱい仕入れたいと思います。

アンティークおもちゃは
おとなのデザイン家具。

2008年1月4日(金)
南インドでバケーション中の
ジリジリディレクターから
ニューイヤーカードが届いた。
ちゃんと届くかどうか不安らしい。
それほどのんびりしたところのようだ。

2008年1月3日(木)
日本女子プロ将棋協会(LPSA)制作の
詰め将棋日めくりカレンダーで
毎日詰め将棋をといて
脳筋肉のトレーニングに励むことにしました。
これがけっこう難しい。


2008年1月2日(水)
午後から隣町の海岸までドライブした。

2008年1月1日(火)
銀河新年


本年もよろしくお願いします。


空想雑貨




夜明け前、海岸から雲の都市が幾つも見えた。
太陽が昇るまでは、まるでゆらめく光の織りなすステージのようだった。
観客など誰もいなくても毎日毎朝繰り広げられる
無料のステージ。
日の出そのものよりも僕はこちらの方に心惹かれる。


空想雑貨(浅草の懐かしおもちゃの秘密基地)トップページへ