◆◆◆◆◆ ●ほぼ10年分の
日記全部
●日記を書いてる人
空想雑貨店主



■次月のガンタマ日記へ続く■


2008年5月31日(土)
次期イタリアサッカー・インテル監督モウリーニョの発言
「私を愛してくれる人々を幸せにしたい。そして、私を嫌う人々を怒らせたい。
私の強さは、不安を抱えている時にこれを表面に出さず隠し通す努力をすることだ。
私の次の職務には、多くのプレッシャーが伴うだろう。
ただ、そのような逆境で私はさらに強くなることだろう」
チェルシーのサッカーは好きではないが、
モウリーニョがカリスマ監督なのはこの発言で明らか。
私の強さという箇所は、さすがですね。





そのモウリーニョ来週やってきます。
ローマの将軍ナカータの引退試合のために。
当然当日当店は臨時休業です、悪しからず。

2008年5月30日(金)
箱根の奈良屋カフェのブログを読みました。
僕はいつでも
志のあるモノが好きです。
物も人も。


それが、おもちゃと呼ばれようが、
どんなジャンルに分類されたモノであろうとも、
まだ世に出る直前の思考であろうとも。

2008年5月29日(木)
デザインやレイアウトの美しさは
とても大切な心づかい。
昨日座ったイームズのチェアも
金属接合面がことのほか美しく処理されていた。


地下鉄の入谷駅から商店街を歩いてすぐのところに
油そばの専門店ができました。
油そば専門店 千人力
なによりも麺が美しい。

2008年5月28日(水)
イームズの写真展へ行った。
限定ブックには予想通り
玩具に関するコメントが満ちあふれていた。
帰りは
安藤忠雄設計の本郷東大構内のホールの一角にある
カフェへ立ち寄ってきた。
谷中墓地の入り口にある小さなレストランで夕食を取って
そのあとも散歩して戻ってきた。


◆イームズの言葉
昔ながらのおもちゃには、素材の使い方に気取ったところがない。
木には木らしさがあり、ブリキにはブリキらしさがある。
鋳造も美しい。
今の時代も含め、時代のクリエイティブな傾向を
決定するものは何だろう。
その秘密はこのあたりに潜んでいるのかもしれない。

2008年5月26日(月)
これって仕事をする人はたいがい独学なんだよね。
家具デザイナーの新居さんを追っていたら、
そんな記述がありました。

2008年5月25日(日)
アメリカ人の英語教師と店の前の道路でメンコをした。
彼は柔道の経験があるので、
「柔よく剛を制す」精神のフォームができているため
メンコの飲み込みが早かった。
メンコは力ではない。

感激する技術景色。
モーターは火花を散らしながら
ORIGINサンダーボーイを支えている。

2008年5月24日(土)
午後から雨
運気が下がりそうだったので、
ギララの頭をさんべん触ってみた。

2008年5月23日(金)
昨日からずっと面子の仕分け作業でした。


お気に入りの一枚。
バンデラー(キャプテンウルトラ登場)の面子。
面子でもソフビでも、やっぱりバンデラーが好き。
しわしわよれよれよわっちそう。
でもそこがバンデラーのエライとこ。

2008年5月22日(木)
イマイ科学のプラモデルロボットシリーズ第1号サンダーボーイの原型となった
ロボットコマンドがレストアから戻ってきた。
ギミックは素晴らしく高度で
デザインもまた素晴らしく時代を超越している。


  ◆20年近く前の僕の評価。基本的には変わっていない。


手を挙げミサイル玉を発射するシーンを初めて見て、
子どもの時つくってもらったサンダーボーイの腕を回転させても
ミサイル玉が満足に出てこなかった疑問がようやく解けた。
本来はあれだけ爆発的に飛ぶんだ!

ロボットコマンドよ
これの設計者よ
あなたたちは素晴らしい。


この大きさこの重さを支える想像力に改めて魅了された。


それからSさんレストアありがとう。


他に気づいたことはいろいろあるけれど、とりあえず、ここまで。

2008年5月21日(水)
クールダウン

2008年5月20日(火)
TOYという名のチェア


トイというのは玩具業界の独占事項じゃない。
専門家ほど知らず知らずのうちに世界を狭くしてはいないか?
フィリップ・スタルクが考えたアームチェア「TOY」。
美しく起立している。

2008年5月19日(月)
忙しさに「かまけて」と言い訳しようとして、
さてこの言葉「かまける」はどういう意味だったっけと思った。
現代語的には「負ける」というニアンスが強すぎるけれど、も。

2008年5月18日(日) 三社祭
本社の御神輿が中止になったせいか、
今年の祭りは低調だった。
町内神輿だけでは、盛り上がりに欠けた。
WindowsXPSP3みたいになんだかなあだった。


◆そういえば芸大で始まっていたな。
見といた方がいいかもね。
デザインの世界遺産「バウハウス展」

2008年5月17日(土) 三社祭
行こうかなあ、誰かと一緒に行こうかなあ。
生きるには、エネルギーをチャージするトキとトコロが必要なんです。


◆坂倉準三・前川國男「木造モダニズム」展(竹中工務店東京本店)
◆「チャールズ・イームズ写真展 100 images × 100 words
─偉大なるデザイナーのメッセージ」

5月20日(火)から6月8日(日)
AXISビル(東京・六本木)4階AXISギャラリー


◆オズマガジン『カフェでひとやすみ』5/12発売  定価:380円

2008年5月16日(金)
今日から浅草三社祭16(金)17(土)18(日)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨今の自分のミッドセンチュリー(建築関連の世界的デザイン潮流)傾倒も
このケメックスから始まったわけでした。
デザイナーイームズがアクリルボックスのような自宅に
イサムノグチを招いたときにもこのドリッパーでコーヒーを出したとかいう物です。
合理的に考えられているけれどどこか暖かみのあるデザイン。
ガラス製品なのに取っ手は見ての通りウッドですから。


当然のことながら僕は1960年代の玩具の専門家ですから、
そしてまた1950・60年代のクラシックオートバイの愛好家ですので、
好きなステキな物たちを
またこういったミッドセンチュリーの文脈の中で位置を再確認していくわけです。


それはことに建築や住宅の専門家たちが職業的にやりこなせなかった作業でもあるので、
分断された情報提供者の評論家や
所有者であるだけの権利を振りかざし共振者や共有者になろうとしないマニアには
思いもつかない
きわめて統合的な観点の境地
それはそれは僕としては痛快で一番乗りな未開地の冒険旅行なのです。



〜30才をちょっと過ぎた頃、
今は亡き徳島ベスパの親父さんにフルレストアしてもらった新車のラビットで
北海道をタンデムツーリングした〜



イームズのシェルチェアに腰掛けてケメックスでたてたコーヒーを飲みながら
日本の浅草製のおもちゃを眺める
側にはラビットスクーターがあったりする。
僕はこんな景色が好きだし、お店としても薦めています。



2008年5月15日(木)
ラジオ用のインタビュー無事終了

アマリリスの花がふたつ無事に咲きました。

久しぶりにケメックスでコーヒーをたてました。
すっきりしているというかさっぱりしているというか
さらさらな感じです。

昨日だったかの中国の大地震
震源地からして
あれはきっと老子が自分を認めようとしない者たちに腹を立てたせいだと、
なぜかそんな気がしました。

2008年5月14日(水)
船橋のイケアにいってなんにも買わずに帰ってきた。
欲しいものはあったけど、迷った。

2008年5月13日(火)
季節はずれの寒さで
というか台風みたいな低気圧のおかげで
自宅静養。

2008年5月12日(月)
ラジオ用のインタビューを受けたんだけど、
続きがありました。

2008年5月11日(日)
山カフェ
いかなる構想に基づくのか
カフェの超進化系。
「聖地のカフェ」である。
商売も利潤追求が目的地ではない。
【詳細】



休みの日には、コーヒーを淹れよう
価格:1680円(税込) 著者:狩野知代 藤原ゆきえ 
ブックデザイン 中林孝之
版元:書肆侃侃房 


【詳細】


そのうち
僕がおもちゃの話をするとき
おもちゃがどれだけ美しい日本のデザインなのかを実演するとき
集まった方たちに
中林さんにドーナッツドリップでコーヒーを出してもらう
もちろん狩野さんの焙煎した豆で。
そんなお茶会ができたらステキだなあ。
明日は芸術系学生さんのインタビューを受ける。
もちろんノーギャラです。

2008年5月10日(土)
数年ぶりに訪れた緑党(地中戦車などのSFものが得意な緑商会贔屓)のプラモマニアから
いまの方がパワーがあると指摘され
いい気になる。
「昭和のたたずまいのアンティークショップが激減した」ともいわれた。

2008年5月9日(金)
66期将棋名人戦七番勝負第3局(福岡)
森内俊之名人対挑戦者羽生善治二冠をネットライブ観戦


アヤがつき次第にカタチになっていく過程が
エレガントでダイナミックで
ドラマであった。

2008年5月8日(木)
月の林

2008年5月7日(水)
お金をかけすぎるわけでもなく、
センスをかけるだけで、
楽しく涼しく生きられるというわけで、
DIYの先生のうちにおじゃまして
庭の藤棚(パイプを組んだ手作り)の下で紅葉饅頭とアイスコーヒーをごちそうになりました。
気持ちのいい涼しい風がながれてまさに「風流」。

2008年5月6日(火)
もともとそんなに物欲のある方ではないが、
最近は、あの観葉植物がいいとか、
和室に似合うチェアが欲しいとか思うようになった。
買うかどうかはまた別の問題だけれど。


場所にふさわしい物がある
職業柄なのかそんな考え方が染みついている。

2008年5月5日(月)
こけしコンクール


第50回全日本こけしコンクール(宮城県白石市)が3日、開幕。
コンクールは1959年の皇太子(現天皇)のご成婚を祝して始まった。
当時、同市では新型のこけしが中心で、その振興と普及を主な目的にしたという。
コンクールでは全国各地の新型、伝統のこけしを展示している。


【空想雑貨は本日も通常営業です】

2008年5月4日(日)
先日しょこたんお誕生日プレゼント用にお買い上げがありました。
それは秘密です。

家具と植物を調べていたら、
これはいけるかもしれないと思うモノがありました。
マルサン怪獣ソフビにマッチする植物
それは秘密です。

2008年5月3日(土)
朝からにぎやかでした。
もう長いつきあいになる{特大ブースカ}のお客さんから
最近のコレクションの写真を見せてもらいました。



2008年5月2日(金)
通常営業しています。


1日朝一番の飛行機で帰ってきて、
空港で空弁を買ってそれがそのままお昼になりました。
午後からお店を開け、
お店が閉まったあとは終電まで友だちのところにいました。

サッカーの話ではないのに、
サッカーの組織論の話をしていました。
我々はボランチ(守備と攻撃の舵取り役)でいいと。

2008年4月28日(月)
メンコと野球と関係があること知っていますか。
メンコってやっぱりスポーツなんですね。
開店と同時に飛び込んできたお客さんと
すこしお話ししました。

=========連休中のスケジュールです========
29(火)30(水)はお休みです。
1(木)は午後から店を開けます。


空想雑貨(浅草の懐かしおもちゃの秘密基地)トップページへ