◆◆◆ 世紀あけガンタマ日記 ◆◆◆


過去の日記 98/10 11 12 99/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2000/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



12月1日(金)
東京タワーの模型に灯りをともす。
12月のお店の年中行事。

やっと
メールマガジン発行。
「散歩しながらおもちゃの話でも通信」。

おもちゃやさんに行った夢を見た。
ずいぶん古ぼけた感じの店だった。
木造家屋のような気がした。
手前にもブリキのおもちゃがいろいろあったが
天井から大きな鉄腕アトムの人形がぶる下がっているのに
目がいった。
おばちゃんに
「それください」といおうとしたら
横にいた奴が一足早く「ください」といった。
やな奴だなと思いながら
天井をもう一度見ると
アトムが重なるようにしてもう一つあった。
そこで今度こそと思って
おばちゃんに声をかけようとしたら
もう一人いた奴が同時に「それください」と声を出した。
驚いた顔をしたおばちゃんは
次に渋い顔をして
「売るのはやめたよ」といった。

さっきのはないよな

どこかで思っていたので
もういちどそのおもちゃやに行こうとしたのだが
やっぱり夢だったということに気づいて
目が覚めた。

12月2日(土)
昨日はアクセス数が多かった。
一時的なものなのか?!

絵文字を作って遊ぶ。
雑誌を届けに来たかっぱ堂に笑われる。

売りに来た人と話したら
なんと漫画家故谷岡ヤスジのファンで蒐集家だった。

小学館から本が届いた。
たむらしげるさんの本、二冊。
■星の旅行記
■虹のコレクション
ビッグゴールド誌に連載されていたのをまとめたもの。
先週もやはり本をいただいた。
■ファンタスマゴリアデイズ
こちらはメディアファクトリー。
白い上品な本。
なんだかラッシュだ。
たむらさんお気遣いありがとうございます。

真夜中クイズを作る。
隠しページになっています。
セールもどんどん追加していきます。
更新は火曜日あたりになりそう。

12月3日(日)
メルマガの登録が不完全になっていたので、
修正しました。
原因はチェック完了後レイアウトを変更した際に
HTMLを書き換えてしまったこと。
コピーペーストしたつもりが、ぬけていました。
現在はだいじょうぶです。
まぐまぐからも登録できます。

メルマガ用原稿依頼。
テキ屋さんの話になる予定。

テレビ局の依頼。
趣味の世界の次の展開。

12月4日(月)
朝、友人より「地球のおもちゃ」の商品開発しましたメールが届く。
いずれメルマガにでも開発苦労話書いてもらおうかな。

メールマガジン、再配布しました。
創刊号を金曜日にだしたのですけど、
配信が早すぎたようです。
人が増えたのでもう一度おくりました。
二度受け取った人スイマセン。
ってゆうか
登録したら自動的に送ってもらえるとばかり思っていたので。
つまりこういうこと。
配信された後で登録した人は次号からというわけ。
十分遅れてもダメってことでした。

バックナンバー(創刊号)はまぐまぐの方で見られます。→

今度からは
発行日時を表示しておきますので
(ある程度人数がまとまったら)
それから配布します。

届かないな
と思ってずっと待っていたのは
僕でした。

12月5日(火)
火曜日に死んだ
という歌を思い出した。

スキャナーで何点かとる。

12月6日(水)
ホームページビルダーV6バージョンアップ版を購入。
僕はずうっとビルダーだ。

朝、近所で火事騒ぎ

古歌に詠われた「都鳥」の画期的解釈
思い浮かぶ。

秋葉原へ行くとパソコンまわりの小物をつい買ってしまう。

12月7日(木)
誕生日。
パイロットのノック式万年筆がほしいが。
中学生の時、もってたな。

アンインストールできなくって
あせった。
ファイルが壊れてるっていわれてもね。
はずす訳なんだから。
こんなのははじめての経験だ。
レジストリをいじって
(サポートセンターからいわれたとおりだけど
暗い洞窟を探検してるみたい)
めでたく再インストールして
アンインストールして出来上がりといきたかったが、
CDをとらなかったために再起動が変な場面になって
慌てる。
やっと無事生還。
新しいソフトを入れた。

ソフトを入れるとき
或いは
インストール後も操作手順とか
なれるまで
人間だけじゃなくて
機械も時間がかかる。

知り合いのおもちゃやさんが来たけど
トイザラスの影響で
めちゃくちゃまずいみたい。
古い売れ残り商品があったら
声かけてもらうように頼んでおいた。

12月8日(金)
そろそろ勝負しませんか
というメールが届いた。
あのインフォシークを買収した楽天から。
ああそうですか。

NO1を目指す企業は衰退するはずなんだけどね。
株は買わないでおこう。

メールマガジンの原稿が届いた。
第二号はクリスマスに発行します。
中身は
ソフビの遊び方教室
テキヤさん入門。
ひやにくリポートです。
おたのしみに。

12月9日(土)
新酒と新蕎麦いただく。
甘い林檎もいただいた。

子どもが遊びを知らないのは、
そもそも大人が遊びを知らないからだ
という話がでた。
メールマガジンにその辺のことを書いてもらおう。

マニュアルがないと遊べないなんて
大人も子どもももももももも重傷だね。

模型雑誌ホビージャパンの広告校正あがってくる。
12年間掲載したラスト広告。
なんか妙に期待されている。

12月10日(日)
あっ、ぜんぜんダメです。

「光文社文庫の鉄人の貯金箱、買い取ってもらえますか
いくらですか?
価値ありますか?」
「いつのものですか」
ちょっと間を取って僕は聞き返す。
「三年ぐらい前のものです!
たしか二百個限定品です!!」

という電話のやりとりでした。

お断りの電話の応対は
すこし柔らかくするようにしている。

12月11日(月)
セリエAの次の日は起きるのがつらい。
でも中田選手がチームの戦術を改革した気がする。
サッカーの本場イタリアリーグのトップを走るチームの。
点数を入れることよりも
フル出場することよりも
チーム戦術を一人のプレーヤーが変革するところが
(偶然から必然へ)
なんてったって素晴らしい。
フォルッア!

地図を描き直しました。
最初の頃、何も分からないときに描いたものだったので
素人っぽかった。
勝手が分からず何日もかかった。
でも今回ビルダーV6で描いたら、なんだか見違えた。

河金丼とコロッケのおいしい店
そのほかちょこちょこ「おもちゃマップ」修正。
散歩しましようね。

更新したページが分かるように
「更新ページ」をつくりましたので、
参考にして下さい。

12月12日(火)
蔵前に出たついでに
藪で天麩羅蕎麦をいただいて
古本屋で江戸関連の本と民族学の本を三冊買った。
こんな日はスターバックスではなくて
アンヂェラスの薄暗い二階で濃いコーヒーを飲むに限る。

帰宅したら
出版社から月刊誌「フィギア王」が届いていた。
広告も出さないし取材にも応じないのに
いつも送ってもらってありがたいのだが、
今更じっくり読む気にもなれない。
ここにはアンヂェラスの二階のような冥らさはない。

蕪村が隣に座っているような
アンティックやがいい。
骨董には浅草アンヂェラスのような冥らさが
絶対必要だ。

12月13日(水)
人形町まで粕漬けと卵焼きを買いに行く。
高速道路の下の木が立派に紅葉していた。
帰りに上野の白山メガネで調整をしてもらって帰宅。

アクセスログをチェック。

12月14日(木)
朝たむらしげるさんからメールが入っていた。
と思ったら
空想雑貨を開けた途端
ファンタスマゴリアデイズ2
(発行メディアファクトリー/\1300)
が届いた。

NECビッグローブからおでんわ。

いまのところ
ホームページを作りませんかという
勧誘電話が二件。

12月15日(金)
春先まではレンタルサーバーだった。
先月まではショッピングモールへの出店
今月に入ってからはホームページを作りませんか
という勧誘が多い。
そのくせ僕の店のホームページを見てない業者がほとんどだ。

作りっぱなしでアフターケアのない業者が多すぎるね。

夜、年賀状のラフが届く。
これでいこうっと。

与謝野蕪村全句集を開いていたら
次の言葉が落ちていた。
浮世の夢を見はてんとの趣
いとたのもし

12月16日(土)
谷岡ヤスジの原画の問い合わせ

このところ奥さんと二人で来てくれる人が
ガンタマをカバンに入れていた。

将棋の序盤戦術で友人から電話。

年末クリスマス以降
半日テレビのロケハンと
撮影につき合うことになりそう。
車で移動する。
僕のコメントをいれてくれるということなので。
良い番組にしたいのだけど。
終わり次第御報告。

12月17日(日)
流星の音を聞いた。
ずいぶん金属的な音だった。
双子座流星群の隕石が
地球の大気圏に落下する時の
音。

12月もそろそろ急にあわただしくなってくる。
二十世紀も残り二週間。
初雪やそれは世にある人の事(一茶)
それはそれとして
ゆく年や空の名残を守谷まで
(守谷は筑波サーキット辺りの地名)
と一茶はいうけれど
さあどこまでかな、二十世紀をなごむのは。

12月18日(月)
政府が主催するインパク(インターネット博覧会)を
のぞいてきたけど、
申し込み方と内容がよく分からなかった。

日本語ドメインでさらに新しいのができたときいて
ドキットした。
.TVなんだって。
なんか完全に振り回されている。

売れて嬉しいような嬉しくないような
そんなことを今月も繰り返しています。
年々入荷が厳しくなってくるから。

夕方突然、
蔵前久保商店の久保相談役が
店に現れ
「できたよ」と
本を手渡された。
かねて懸案の「蔵前玩具史」が完成した。

さっそく勉強させていただきます。
読み終わったら
しっかり話を聞きにいくことにしよう。

事実も大切だが
それよりも
なぜどうしてという一番大切なことがらを
伝えていくには
久保さんにもう一働きしていただくよりない。

ガンタマ(副題:浅草の玩具の魂)の後
怪獣玩具の冒険を出版した後で
玩具組合に協力していただいた関連で
久保さんにお会いして
当時の話をいろいろ伺ったことがあった。
ずいぶんご無沙汰していたが
この大先輩は不出来な玩具骨董屋を忘れることなく
御大自らわざわざ届けてくれた。
涙が出るほどありがたいことである。

浅草の玩具の魂は、健在だ。
いきているよ。

12月19日(火)
原宿のキディランドでおもちゃを観察。

ギャラリーイデアの小林健二展へ顔を出す。

最近はゲーテの色彩論刊行で知られる出版社工作舎へ行く。
編集長の十川さんから書評の密談。
「人間の脳は結果主義をめざしていない」という話が出た。

12月20日(水)
なんとかセールの更新。
画像の処理は上手くできただろうか。
楽しんでいただければ。

これから書評用の本を読むことにする。
時間がないのでともかく追い込まないと。

12月21日(木)
友達から来たクリスマスカードによれば
二ヶ月も前からクリスマス大騒ぎ
あけてもくれてもクリスマス三昧
雪国の友人からの元気な便りだった。

この友達はお金持ちって訳じゃないよ。
借金をいっぱい抱えているはずなんだけどね。

どんなイメージの紅茶ですか
って聞かれた。
そこで僕は
古くさすぎず新しすぎず
一口飲むとスッキリしているようだけど
だんだん口の中に甘みが拡がっていく
そんな味
とあとでメールしようと思う。

バンダイ創業者の山科さんはずいぶん虐められたらしい。
誰にかって?
旧勢力に決まっているでしょ。
蔵前の長老の話。
以前、怪獣玩具の冒険で僕が指摘したとおり。
ここがわからないと
玩具は理解できないだろう。

12月22日(金)
98のパソコンが繋がらない。
あらら。
少しすると回復。

デザイナーの友人に
ポパイの資料を送る。

バンダイの帰りに
モデラー氏が寄ってくれた。
ロボットサンダーボーイの話をする。

カナリアフーセンガムの広告が背についた
全国玩具人形商工名鑑を読み直す。

模型雑誌ホビージャパン、届く。
最後の広告を載せた号は
珍しく早く届いた。
ひとつの時代が終わった。

12月23日(土)
メールマガジンの執筆者の一人
新潟放送のS氏と閉店後食事に出かける。
米久の牛鍋をつっつく。
下北沢ヒーローズの多田さんのアンティックやとしての覚悟の話から
まんだらけの株価
おたくの評価から
谷岡ヤスジの侠気
ゼロのコレクション
ITと日本語入力などなど
愉快痛快だった。

僕の方からは
金太郎の調査をお願いした。
新春はまた浅草七福神巡りに来るようだ。
われらが金杉(浅草の外縁の地。日暮里と根岸の中間)
の酔いどれ儒者
亀田鵬斎が(江戸浅草文人派の頭領。芭蕉奥の細道の碑文を書く。変骨者)
良寛(越後の賢人)の師匠と聞いて
嬉しく思った。

十二時を過ぎて帰ってきたら
鉄人愛好家からメールが入っていた。

12月24日(日)
短い感想文なのですけど
アマゾン.comに書評を投稿しました。
市民科学者として知られる高木仁三郎さんの遺作で
現代の神話のような作品。
「鳥たちの舞うとき」(発行:工作舎/\1600)
アクセスは
★★★★★から左上のサーチ欄に、
分類:和書で
空欄に「鳥たちの舞うとき」とうちこんで下さい。

だれか
アマゾン.comに
「ガンタマ」か
「怪獣玩具の冒険」の書評を投稿してくれませんか。

オルカライブプロジェクトのディレクターの上田君から
思わぬクリスマスプレゼントが届いた。
「アースウォッチ」のコンセプトブックだった。
売り方にも美しい戦略があるようだ。

12月25日(月)
喉にタンが引っかかるので
医者へ行く。
明日の撮影で上手く声が出るだろうか。
のどが少し赤かった。

朝は素晴らしく冴えていた。
忘れないうちにメモをとった。

メールマガジンを掲載させて下さい
という案内が来た。
散歩でもしながら
というのんきなところが気に入ってもらえたのかな。

子供の時いっとう最初に買ってもらったモノを
大人になって買いに来た人がいた。
公害怪獣ヘドラがそうだった。

12月26日(火)
今日は梱包と発送
の日。

夜は撮影。
東京タワーが美しい理由について
東京タワーのビューポイントへ行って
東京タワーと一緒に出演することになるでしよう。

ついに東京タワーの数秘術を明かすのか
あるいは
関東の聖地性と関東人の歴史的意識を語るのか。
電気の美学を示すのか。
宇宙的郷愁を輝かすのか。
どうなるのだろう。

昼は
江戸の博物学者平賀源内の国学についての記述。
時間を作るのは、このため。
僕のいまの時間の半分はこのためにある。
膨大な資料も
駆け抜ける夢も
いまはこのために存在する。

12月27日(水)
ちょっと風邪気味なような。

メルマガ次号の原稿が届いていた。
ありがとう。

昨日の撮影は上手くいった。
冬の寒い夜
東京タワーのビューポイントで
一人しゃべり続けた。
寒かった。
東京タワーに、惚れなおした。

ディレクターの注文で
写真を捜した。
なんと五歳頃
親戚と一緒に東京タワーへ行った
写真が残っていた。
奇蹟!

12月28日(木)
年内の営業は今日までです。
今年の記憶に残る出来事。
 1慶応大学で講義(5月)
 2明日香旅行(6月)
 3セール広告でデザインワーク確立(12月)
 4怪獣玩具100匹入荷(1月)
 5二十世紀末にテレビで東京タワーを語る(12月)
他にもいろいろあるけれど。

いつももう少しやれるはずだったと反省しながら
次へと移動していく。

風邪気味で集中力がありません。
風邪に御注意下さい。

「見えずともあるべきものは冬銀河」(空移)

■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨