◆◆◆ 世紀あけガンタマ日記 ◆◆◆


過去の日記 98/10 11 12 99/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2000/1 2 3



4月1日(土)
お昼ぐらいにキントト文庫の山本嬢が来て
おしゃべり。
谷岡さんの本と牛研究の本をもらう。
それにキムチも持ってきてくれた。

牛をある地方では月と見立てていた。
それは古代イスラムあたり。

200年の春も古代の春も同じ春ならば…

春の夜の夢の浮き橋とだえして 峰に別るる横雲の空
(藤原定家)

4月2日(日)
13年目に突入しました。
空想は昭和最後の年1988年の4月1日にオープンしました。

ホームページを追加する予定。
いろいろ検討中です。

国立博物館で国宝展を見た帰りに
空想へ顔を出してくれたおなじみさんたちと
牛鍋屋米久で夕食。
国宝展のカタログを見ながら
書、やきもの、
よろい、シュールレアリズム絵画、
マルサン
の話。
骨董とおもちゃの茶話。

開業13年たった今も僕はあいかわらずこんな感じ。

今度の休みは
久しぶりに白金の庭園美術館へ行って
未来派の展覧会でも見てこようかな。
ウエッブデザインには未来派がフィットするだろう。

4月3日(月)
ビッダーズにTel。

商品撮影がすばやくなった。
回数重ねれば当然だよね。
デジカメで撮ってPhotoshopで加工して
ホームページビルダーにほうり込む。
8ページも作ったぞー。
あちゃー日付がかわった。

4月4日(火)
Photoshop作業で一日がつぶれ
夜、車で友達のところへ行き
友達夫妻と白山の坂の上にあるイタリア料理屋で
ピザとスパゲッテイをたらふく食べ
ケーキもおいしく
なんかこのあとサンシーロスタジアムに行って
サッカー見たいね
などといってもりあがり
その後
友人の家で彼の歌を聴いたりしながら
夜中の二時過ぎまでいた。
鉱石ラジオをプレゼントされた。
なんかすごく楽しい日だった。

4月5日(水)
Photoshopの使い方がちょっとどうしても分からないので
表参道の友人のデザイナーに聞きにいった。
帰ってきてやってみたけど
なんとかやれた。
でも新しく分からないところも出てきた。
一進一退?

結局HPの通販ページは
まだ進まない。

未来派展は
時間が無くていけなかった。
時間が無くてという言い訳は
僕には珍しい。

マリネッティの未来派宣言を思いだそうとしたけれど
輪郭しか思い出せない。

4月6日(木)
通販ページをかなり追加した。

これでやっとオークションリストが作れる。
さぁ、やろう。

S氏きて新雑誌の相談。

昼のあいた時間、そして夜また撮影

ガラモンに予約。
くるみ塗装90%バージョン。

4月7日(金)
オークション用リスト作り

リンクしても飛べないので
マシンを再起動した。

朝、メールに画像を添付して出した。
夕方、メールに画像を添付して出すことを別な人に約束した。

名古屋でメンコを買って喜んだ人が
空想にも同じメンコがずっと前からあることを発見した。
ということだったので
僕は缶コーヒーをおごってあげた。

千鳥ヶ淵の夜桜が満開だった。
サクラの半島が出来ていて
まるでサクラのプラネタリウムのようだった。
夜空がサクラで埋めつくされていた。

4月8日(土)
朝、屋上でハチを見た。

Not the sky, but the light in the sky

ハチには花粉症はないのだろうか。

四国のマルサン愛好家からメールあり。
僕の本の読者だった。

リカちゃんにも予約がはいる。
もっともお店には出ていないので
知ってる人はいないけど。

早めに寝る

4月9日(日)
日記を更新しようとして
偶然去年の日記を開いてしまった。

………
故坂本侑司氏が開いた湯島天神上のパニポート
が閉店してもう一年経つのか?!
ブリキファンなら
パニポートと坂本さんの名前は覚えておいてもらわないと困る。

花粉症で目がかゆい

三越が本格的に
インターネットショップをやるようだ。
かなりきめ細かなサービスを心がけるようだ。

GIジョーをダンボール一箱分
隅田川にほうり込んだ
例の浅草橋の友達が来て
ガキの頃
おもちゃのアルプスのテレビコマーシャルに
出演したことを自慢された。
手だけなんだけどね。
ギャラはまたしてもオモチャでありました。

4月10日(月)
いつものように梱包をして
箱に入れて宅急便に出す。
今日は箱がなかったので
間に合わせに郵便局でゆうパックの箱を買った。

夕方、にわか雨。

開店当初のお店の画像をUPした。
雑誌の記事だが雰囲気は伝わるでしょう。

セールの告知もした。
4/16から5/7まで
連休をはさんで
ネットだけのセールをします。

オークションのリストと画像をBiddersに送った。

東京と同じ緯度の
ノースカロライナ州で赤色のオーロラ出現。

4月11日(火)
貧乏暇アリ
と電話口でいったら
それがいちばん良いじゃないと
出版社のMさんにいわれた。

青山ブックセンターで久しぶりのお買い物
1.Photoshopで作るホームページスーパーTIPS(グラフィック社)
2.新潮古典文学アルパム 古事記・日本書紀

WEB上で一般的に使われているGIF画像は四角形でしか
表示(保存)できない。
…つまり切り抜き画像だけを保存しようとして2週間ぐらい考え込んでいた。
それができないことが分かった。
四角形でしか保存できない。
切り抜き画像はまわりを白くして保存すればいいということでした。
なんだ!
解説本に書いてないよ!!!
右のようにしたくて頭がこんがらかっていた。→
デジカメ→Photoshop→切り抜き画像作成→HP→バンザイ!

4月12日(水)
HPをバンバン更新しました。
ちょっとワケアリ通販のページも追加。

平賀源内の散歩したコースを
今日は歩いてみようかな。
やっとHP進んだし。
江戸の博物学者源内は
現在の秋葉原と浅草橋のあいだ辺りに住んでいました。

日程その他もう少ししたら
詳しいことが発表できそうです。
さて、なんのことでしょう?
きっとビックリします。

デザインについて。
ちょっとレイアー機能が分かった。
楕円に切り抜いて外側に色をつけた商品写真を作れた。

吉野山 去年(こぞ)の枝(し)折りの 道かへて
まだ見ぬ方の 花をたづねむ
…西行法師といえば桜。
「願わくば花の下にて春死なむ そのきさらぎの 望月の頃」
だけれども
未知の桜を訪ねてみようというこの句も普通ぽくてよい。


モダンやしんちゃんから電話。

そういえば
読売新聞朝刊に
ヤフーオークションで詐欺事件連発記事。

4月13日(木)
雑誌やプロバイダーで紹介されているのを
知らなかった。

実用ホームページ888(成美堂出版)
<60年代のおもちゃが集う 良心的な値段がうれしい>

So-netのURL-TODAYというコーナー
<空想雑貨はアンティークなおもちゃのオンラインショップ。
60年代のブリキのおもちゃや、
駄菓子屋で売っていたようなおもちゃ、
懐かしのアニメのキャラクターグッズ
などを販売している。
「鑑定団」への出演依頼を断ったという店主のこだわりが見えてくるサイト。
読者が子供の頃のおもちゃの思い出を語る投稿ページも面白い。>

うまく書いてくれてうれしいね。
両方とも1月ぐらいのもののよう。

リカちゃんの洋服をまとめて売った。

4月14日(金)
ここ連日ヤフーオークションの不祥事記事。

オークションのシステムとは
運営管理から
商品の運命まで
全システムを指した。
今のオークションは単なるITシステムの設計でしかない。

春の行方を訪ねるように
香りや色を愛でながら
おもちゃを満喫していただきたい。
60年代のおもちゃはそれが可能である。

知的でなければ
所詮マニアにはなれない。
我欲が強ければ
モノを蒐集したつもりになって
古物のもつ力に翻弄されるのがおちである。

記憶ではなく
郷愁である。

持たずして楽しめる鑑賞家が
最高の名人である。

たんと楽しまれよ
御同輩

明日からネジをまき直し
平賀源内に我が夢を託して
物語をすすめてもらう。
あと二百枚原稿を書かねば。

たれこめて 春のゆくへも 知らぬまに
待ちし桜も うつろひにけり
(古今集:藤原因香 フジワラノヨルカ)
…まるで玩具業界のようだけど。

4月15日(土)
朝から空がにぎわしい。
何の音かと思えば雷らしい。

昨日は二百人を越すアクセスがあった。

HP用の壁紙を蒐集し始めた。
しかし壁紙自体はキレイでも
使うとなると問題のある壁紙が多い。
背景が勝ちすぎるからだ。

明日は江戸前くんの結婚式なので
僕は店にはいません。
あしからず。

明日からネットでは
ヒクヒクセール。
上手に楽しいお買い物を。

4月16日(日)
昨日エレキングミドルとセブンミドル予約はいる。

今日から連休いっぱいヒクヒクセール。
キーワードを記入してもらえば
20%オフ。
詳しくはトップページから。

雨と掛けて
Morning(朝)
とメデタイと解きます。
その心は
メダタイのはじまりであります。
江戸前くんの結婚式。
わが空想雑貨とは1988年からのつき合い。
今日は祝辞を述べなくちゃ。

早い結婚、長い恋愛
(ノヴァリス)

結婚という新しい物語の新しいページ

晴れた。
神田明神でとてもスガスガシイ式だった。

面白い展開が未来にひらけることを祈って。
夜YOUからメールあり。
お互いに新しい階段を上らないと。

サラリーマン金太郎2が先週から。
金太郎民俗学、仕上げないといけないな。
編集者に怒られちゃう。
ぼちぼちヤルゾー。

4月17日(月)
空想のHPの感想。
情報の海に溺れてしまった
とサロン・デルタの友人スプーン氏からメール。

古事記をメモ。

4月18日(火)
春の天気のいい日には
イギリスのタラの丘にでも横になって
雲の天才でも見るか
奈良の古道で雲雀の歌でも聞いてみたい。
それとも車を飛ばして
北茨木の五浦海岸の海のブルーでも見てこようか。

今日の僕はたぶん行方不明だ。

おもちゃについて
一ヶ月以内に50枚ほど原稿をあげる必要が出てきた。
タイトルを考えていて
自分で笑いそうになった。
こんなの初めてだ。
実に不思議なタイトル。

河金で死ぬほど美味いソースカツ丼。
もともと本店は国際劇場脇にあった。
あいかわらず店構えは汚く
やる気はなさそうだが。
入谷駅の鶯谷方面出口すぐ。
分かりにくいところにある。
河金といえば河金丼
つまりカツカレー丼だが
僕はこちらが好み。

芸大美術館で
日本画の百年展。
菱田春草を観る。
朦朧体、良し。
釣帰、四季山水の2点。
下村観山、観る。
あとは通過した。

東京芸大の中庭の奥まったところに
岡倉天心像があった。
美術館を観て
天心を覗かないで何の美ぞ。

美術の価値はただそれがわれわれに語る程度によるもので
あることを忘れてはならない。
(茶の本・岡倉天心)

ソファーに横になり
原稿を読んでいたら
眠ってしまった。
Dip in the poolがエンドレスで流れている。
部屋は20度。
上野寛永寺の遅咲きの桜が
かおる。

4月19日(水)
デペロの未来派芸術展を
白金台の東京都庭園美術館で観る。

未来派らしくもっとメカニカルな表現が多いのかと思ったら
木やタペストリーを好んで使っていた。
このフィウチャーリストは意外にもゆったりとした速度だった。

未来派の考えた玩具
1笑えるモノ
2柔軟な思考のモノ
3想像力を引き出すモノ
4感受性を鋭敏にそして無限の優しさのモノ
5立ち向かうモノ
(未来派による宇宙の再構築宣言より)

マリネッテイによるあまりにも有名な未来派宣言
(1909年)
以下ダイジェスト。
(翻訳はカタログから)

世界の偉大さは、ある新しい美によって豊かになったと
われわれは断言しよう。
それは速度の美である。
爆風のような息を吐く蛇に似た太いパイプで飾られたボンネットのあるレーシングカー…
散弾のうえを走っているように、
うなりをあげる自動車は、
<サモトラケのニケ>よりも美しい。

われわれはハンドルをハンドルを握る男を賛美したい。
ハンドルの理想のシャフトは地球を貫通し、
地球もまた、軌道というサーキットを疾走している。

われわれは、危険への愛と、活力と無謀の習性をうたいたい。

われわれは幾世紀もの過去の崖っぷちに立っている!

荒々しい電気の月によって
煌々と照らし出された造船所や兵器工場の、
震えるような夜の熱気をうたうだろう。
煙を吐き出す蛇を飲みこむ大食いの駅、
吐き出す煙のよじれた糸で雲から吊されているように見える工場、
日にさらされてナイフのように光る川をまたぐ巨人の体操選手に似た橋、
水平線を察知しながら冒険をする汽船、
パイプの手綱をつけられた鋼鉄の巨大な馬のように線路のうえで足踏みをする胸板の厚い機関車、
旗のように風にひるがえるプロペラが熱狂した群衆の喝采のように聞こえる飛行機の滑るような飛行を、
われわれはうたうだろう。

世界の頂点に立ち、われわれはもう一度、
星に対するわれわれの挑戦をぶつけよう!

未来派は僕には懐かしい。
20代の前半は未来派の風に当たっていた。
カフェが開いた途端に月が昇る
と教えてくれたのは
未来派の速度に乗ったわれらが日本の作家イナガキタルホだった。

今回、未来派玩具を知ったのは
収穫だった。
僕の日本玩具史に追加せねばならない。

4月20日(木)
雨降りだからミステリーでも勉強しよう。
ということはなく
だらけた日だった。

新原稿用にメモを取り始める。

リンク追加。
友達のミュージシャンとゲームのHP。

4月21日(金)
バビロニックスタジオの菅原君とは
これからいちど一緒に歌を作りたい。
ピンクギアの石丸さんとは
これからいちど僕の本のブックデザインをお願いしたい。

好きな人とすてきなセッションをする。
これが僕のず〜〜っとやってきたやり方。

僕らは退屈するほど若くはないし
インターネット資本主義を完全容認するほど
腐っちゃいない。
どれだけ世紀が変わろうが
想像力を搾取することはできない。

いずれ話すことになる
「攻める風流」についてはまた。

一ヶ月後のことを考える。

4月22日(土)
螺旋堂という早稲田の古書店主で
フランス象徴派好みの
ライターの大谷嬢と電話。

原稿はもう書き上げたようだ。
どんな仕上がり具合か楽しみにしていよう。
たぶん繊細な文章なんだろう。

アサヒネットのホームページとは完全に契約が切れた。
ドメイン対応が遅かったので移転してしまったけど
ずいぶん安くなっててビックリ。
掲示板まで作れるようになってるなんて。

完全網羅という目的しかないコレクションは
貧しい。
既に完成に目標をセッティングしているから。
虚しさと散財という虫が付く。

「攻める風流」
これは僕の専売特許だ。

やっとアクセス数三万の大台にのった。

初夏の陽気

老舗検索エンジンCSJの対応が早いのに感激した。

4月23日(日)
江戸前くんの結婚披露パーティで代官山へ。
帰り道二組ものカップルを見る。
レストランやカフェみたいなしゃれたとこでやるの流行なのかな。

パーティでアオシマの前畑さんと久しぶりに会う。
デペロと未来派玩具の話をした。

オークション出展品×

4月24日(月)
たぶん店でぼおっとしているだろう。

たぶん店でパソコンを操作しているだろう。

たぶん店で電話をしようかどうか迷っているだろう。

たぶん店で次の広告コピーを考えているだろう。

たぶん店で品物のレイアウトを変えようとしてけっきょく変更しないだろう。

4月25日(火)
トップページにも書いてますが
こんど慶応大学で講義をすることになりました。
題目は「怪獣を買ってユートピアへ行こう」。
内容的には
おもちゃの風流や見立てについての話です。
骨董魔術論的展開かな。
1時間半なのでそれまでに
少しずつ原稿を作っていこうと思っています。
今まであまり書いていない
古事記の話やインターネットについてもふれようと思っています。
オークションについても。

たぶんおもちゃも持っていく予定です。
大好きな蕪村や天心の言葉もメモしています。
仕入れたばかりのデペロの未来派玩具についてもしゃべろうかな。

一年間に渡る総合講座「ユートピアの期限」のいっかんです。
SF作家スタニスワフ・レムの紹介者・沼野充義さんも予定されてます。
ご存じ小松左京さんや
谷岡ヤスジさんの葬式の日にお会いした漫画家畑中純さんなど多彩。
あとで本になるとのことなので楽しみです。

僕はあまりマスコミに出ませんが
いいお話であれば考えます。
ワイドショー的お宝鑑定番組や記事では出ませんが
(プロフェッショナルとしてやっぱりナットクがいきません、から)
おもちゃのすばらしき世界の話であれば
どこへでもいってマルサンをぶちかまします!!!!

おもちゃはね、みんなが思っている以上にチカラがあるんだ。
夜を切り裂くチカラを持っている。

4月26日(水)
講義の話が来たとき
ありがたい反面どうしょうかなとも思いました。
新しいことに挑戦することはキライじゃないし。

出版社工作舎の十川さんに電話したら
「男の子ならやらなきゃ」と
予想通りの事を言われました。
で、引き受けました。

今日は雨が降ったりやんだり。
変な天気で
僕の体調もいまいちですが。
平均してまずまずに持っていくのが仕事ですかね。

>「怪獣買ってユートピア」とても興味あります。
>今の私にはせいぜい「バナナ一本でトロピカル」。
ひやにく愛好家の友人のメールには笑いました。

4月27日(木)
マルサンのパゴス嫁入り

江戸前君の奥さん千代ちゃんからメール。

暖かかったりうすら寒かったり。
へんな陽気だ。

夜の十一時半ぐらいに外で自動車の大きな音が。
いや、雷だった。

4月28日(金)
ユートピア=風流生活

新宿のデパートのおもちゃ展示会が新聞一面広告で出ていたけど
増田屋のブリキロボットがおもちゃ軍団の筆頭で
北原さんの推薦もついてて
会場限定品も売るらしい。
提供はツクダの玩具資料館。
業界あげてこの体質だから
ソニーがいまやいちばんおもちゃやらしいおもちゃやなのだ。

おもちゃやは大きさじゃない
夢見る器量だ!!!
そういったことがあるのは
60年代の玩具屋の社長たち
(僕が知ってるだけでマルサン、トミー、萬代、米澤など)

玩具組合会長山田徳兵衛さんだ。

僕も発言するのだ!
おもちゃやは大きさじゃない
夢見る器量だ!!!
僕はおもちゃの先輩たちからそう教わってきた。
ねぇ、そうでしょう直治相談役!

4月29日(土)
夜明けに目が覚める。
気持ちのいい朝。
静かで暖かい。
極上の朝だと思う。

たむらしげるさんが日記に僕の講義のことをのせてくれた。→
ヒャアなんか恥ずかしい。
でも、たむらさんのありがたいアドバイスをうけてしっかりやるもんね。

昨日、キタローグッスを買いに来てくれたヤングマンにお店を誉められた。
以前ビッダーズオークションに出品したお化けグッズを入札しそこなったようだ。
また来てね。

やっぱり昨日。
ベテランブースカ氏何年ぶりかで来て
品揃えをほめちぎる。
「アリガト。また安くさせようと思っていってんじゃないの。
………でも変わってないよ。
すこしヒーローものが多くなったぐらいで
空想はいつもこんなもんでしょ。
他が少なくなったから
空想がいっぱいあるように見えるんじゃないの?」

4月30日(日)
書き忘れていたこと。
リカちゃんで有名なおもちゃのタカラが
ゲームメーカーコナミの傘下へ。

古代出雲に16階建てに相当する
空中神殿が実在した。
(読売新聞朝刊)

いよいよ2000年五月。
五月待つ 花橘(はなたちばな)の 香(か)をかげば
昔の人の 袖の香ぞする。
(詠み人知らず・古今集)
…ソフトビニールの怪獣人形の香りを嗅ぐと
甘くて懐かしい郷愁の匂いがするのだが。

■世紀あけガンタマ日記5月へ

◆空想雑貨トップページへ