◆◆◆世紀末ガンタマ日記◆◆◆

過去の日記 98年10月 11月 12月 99年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

12月1日(水)
体調不良
素行不良
視界不良。
そんなんじゃないんだが。
おいしいお蕎麦を食べていないから
ココロがすねてるだけなのよ。
神田のまつやさんへいって
あつたかーーーーい天ぷら蕎麦、たーーーべよ。

粋な江戸っ子気質はどうして生まれたのか?
そんな話を書き始める。
江戸は江戸時代から始まったに決まってるじゃないの!
そういうお方は江戸を知らないね。
江戸は江戸前からに決まってるのよ!

12月2日(木)
ホビージャパンの広告2回分書く。
今年のまとめと来年の希望について。

江戸の博物学者
平賀源内のことを考えているが
まだ躰が馴染まない。

ちょうど俳人一茶が江戸へ出てくる15才の頃
源内は獄死している。

オークションの方式として
匿名メール
フリーメールが
使用できないサイトが一般化して欲しい。
当然のことなのだが。

12月3日(金)
朝いちFAXが
函館地球堂の浜道君から。
「ホビージャパンの広告見ました。
また、やっちゃいましたね」
今月のコピーは反響が大きかったようだ。

おもちゃのこと、
例えば美学的なこと
(フォルムが美しいとか)
例えば歴史的なこと
(最近提案してるのがブルマァク社東京非標準説)
空想以外のマニアもライターもほとんどいわないのが
あいかわらず
つまんない。
タミヤ模型の関係ですこしかな。

僕のおもちゃ観は創発的すぎるかもしれないけど
マニアもライターもあまりにも
枝ばかり追いすぎている気がして
心から心配である。
この豊かなおもちゃの森は
市場原理優先の眼では
枯れてしまうからである。
どこかに職人の泉や
60年代マルサン商店タイプの
過剰品質の大樹も残しておかないと。
保護観察員も育たないと
ある日日本中の商店街のおもちゃ屋さんがサラ地になり
ある日日本中の家族経営のおもちゃ問屋がなくなり
ある日トイザラスしかおもちゃ屋さんがなくなり
ある日日本中のアンティックトーイショップから純正のおもちゃがなくなり
ある日日本中のアンティークトーイショップには復刻品の怪獣と復刻品の鉄人28号ばかりが並び
ある日おもちゃとは無関係の輩がおもちゃのことを語るだろう。

故郷を磁石に探る霞かな(平賀源内)

12月4日(土)
何が好きですか?
質問されてけっこう困りますね。
わけのわからないもの
おまけのように細かなもの
こう答えることが多いですね。

不気味なもの
こわいもの
これは生理的にうけつけないですね。
妖怪はダメ。
ホラーもダメ。
そんなことをいうと
B級大好きスプラッター大好き
お化け製造屋の米チャンから
ブーイングがくるけど。
怪獣はいいけどほんと妖怪はダメなんですよ。

東京タワーの下の学校に通っていたせいか
東京タワーが好きなんです。
お店のディスプレーに東京タワーの模型を使っていますが、
今年はこのタワーにサンタクロースの針金人形や
鉄人やウルトラマンをくっつけて
豆電球をつけています。
東京タワーのクリスマスツリーだ!
チカッ・チカッ★☆★☆
音楽は遊佐未森の「サイレント・ベルズ」を流しています。
チカッ・チカッ★☆★☆

今日夕方来店したご夫妻は
車で迷って大変だったとか。
奥様が鉱石が好きで
カウンターあたりに
水晶とか黄色い石とか並べているので
空想雑貨を驚いていただけたようだ。
旦那様には僕の本
ガンタマを買っていただいた。

12月5日(日)
イタリアサッカーセリエA
ペルージャ対首位ラッイオ戦ライブ観戦のため
朝四時おき。

今朝も中田はライオンだった。

昨日うちのお客さんから
外人の接待に浅草の牛鍋(すき焼きのこと)「米久」を使いたいけど
いかがなものか
と聞かれた。
僕は接待にも個人でも「米久」を利用するよ
と返事をした。
ネダンも安いし、昔風の店の作りがいい。
浅草らしいお店というのは味でも店の雰囲気でも
もう少ない。
僕は接待には米久か根岸の洋食カミヤかな。

12月6日(月)
制限を加えること。
ブレーキのない車ってないでしょ?
速く走るためには優秀なブレーキが必要である。
たぶんなにかの暗喩なのだろう。

朝、
免許の更新に行って来た。
郵便局から買い取りの送金。
メルマガでゲーテの色彩論が絶賛されていたので
出版元の編集長にお知らせメール。
いい仕事は評価されなくっちゃね。
(11月のガンタマ日記でもふれました。)
今日の朝はいろいろ忙しかったのだ。

物事を
単語ではなくて
文章もしくは文節で理解しようとすること。
或いはその試み。
骨董の場合もあてはまる。

12月7日(火)
風味
一。食べ物の味わい
二。趣、風情。flavor
(日本語大辞典より)
「ミ」のつく言葉には格別の味がある。
意味。
試み。
見立て。

風味がなくネダンだけの骨董品。

故谷岡ヤスジさんの奥様からTEL。
増刷決定したそうだ。
ヨカッタデス。
さすが「天才の証明」!
★本についてはこちらをご覧下さい!


今年のお歳暮は
谷岡さんに送ることができないことに
気がついた。
悲しみは忘れた頃にやってくる。

僕の親父はノウハウで生きてきた男だった。
自分で作るよりも適材適所の人間に担当させ
それを対角線のように組み合わせ
ビジネスにしていた。
僕もだいぶ似てきた。
今日は僕の誕生日。
アナウンサーの古舘一郎さんも誕生日。
同い年の同じ日生まれ。
今朝のクリック数はちょうど100だった。

子供たちが生来の美術家であるという最高の理由によって
日本の1960年代に怪獣玩具の美は発見されたのである。

12月8日(水)
ネットオークションのイーベイが不動産を売るようだ。
話題作りと法人アタックということか。

たまっていたサッカーのビデオをまとめてみる

夢をなくしちゃいけないから
日曜日に来てくれたアンティックやさんがいっていた。

寒さのせいもあるけれど
出不精になってきた。

(紅葉の)落ち葉をゴミだと考える人がいるらしい。
利休があまりにもキレイに庭を掃除する倅を見て
もういちど落ち葉を庭に散らした
というエピソードを思い出した。

12月9日(木)
アマゾンライダーのお面が出てきたので
パソコンルームに貼っておいた。
昔から僕はお面が好きで
お風呂場にも飾っていたことがある。
とくにアマゾンライダーのサイケな奴は好きだ。

新しいことに挑戦していくのは
大変だけど
楽しい。

江戸時代のことを
あれやこれやさかのぼって空想していると
江戸の宵にまぎれて
自分が浅草あたりを
歩いている気分になってくる。
見上げる星空は一緒だ。

1966年製の水着人形が売れた。
ソフトビニール製である。
ブラジャーもね。

12月10日(金)
なんとも説明の付かない不思議なおもちゃ?を
友人が開発している。
仲間に入れても〜ら〜お!

CGIの技術者なら
インターネットで人材募集かけたら?
この友人からヒントをもらった。
ただし責任感ある奴は少ないそうだ。

もう一人のK氏と朝電話。
友人は森と呼び
僕は山と呼ぶ。
だけど同じことについて話している。
二人は分かり合って話している。

昨日の夜
伊賀氏にビジネスモデルのアイデアを話す。
彼にはアイデアの証人になってもらった。

ウルトラの脚本家キングジョーこと
金城哲夫のファンから
ガチャポンとコジラ映画のチケットをいただいた。
おまけにホーとノイズラーとグランドキングを
買っていただいた。

絵本画家、イラストレーターの
たむらしげるさんとメールでやりとりしていたら
カミヤ君はインターネットをやるようになってから
いきいきしてきた
といわれた。
うれしい×2だなぁ〜

ミラーマン派のお客さんから
HPのグッドアイデアをいただいた。
空想はもらいものばかりである。

12月11日(土)
おいしい信州リンゴをいただいた。
あったかい贈り物ありがとうございます。

異業種間ミーティングは
自分の問題点がクリアになる。
さてと。

もんじゃ君の原稿を受け取る。
確実にステップアップしてる。

メールをたくさんいただいている。
空想のページを見て
少しだけでもあったかい気持ちになってもらえたら
それでいい。

12月12日(日)
今月の空想の広告を見て
また一人やって来てくれた。
久しぶりにゆっくり話し込んだ。
お土産をいただいた上に
ザラブ星人まで買ってもらった。

ザラブ星人も正面から見てると分かりづらいが
横から見ると手がグローブのようになっていて
イカシテル。
正面からばかり見てちゃいかんねえ。
反省!

先週は同業さんがやって来てくれて
復刻品?について
話してあった。
業者同士の話はなかなか深いモノがある。

12月13日(月)
茶を飲みながら
母親と久しぶりに親父の話をした。
親父と傾向がますます似てくる。

浅草銘菓のネーミング。
まつち山
すみだ堤
梅若の里

夢を前進するために
夢に名前をつけることを
友人から教わる。
名前を考えただけで
実現したような気になる。

サソギラス予約

12月14日(火)
骨董屋は「●●」と「○○」を自覚していなければならない。

ビジネスというのは
子供の秘密結社ごっこに相当するのかも知れない。

好きな蕎麦屋「角萬」(三ノ輪・竜泉寺)
の「ひやにく」について書いた。

蝙蝠もいでよ浮世の華に鳥(芭蕉)

12月15日(水)
おもちゃ業界雑誌?から
HP紹介の問い合わせ

昨日は蔵前の三和銀行からの帰りに
藪で天ぷら蕎麦
(ここの天ぷらはまん丸の形。和菓子のようで食べるのが惜しくなる。)
仲見世をとおり
浅草神社に寄ってみた。
浅草の開祖・土師直中知(はじのあたいなかとも)に
未来を祈念する。

妹が血圧で緊急入院。
ビックリ!(大丈夫のようだけど)

加盟してる電子商店街Smashの
クリスマスセールが終わった空きスペースに
月光仮面のお面の写真を入れた。
トップページに雰囲気商品写真はキリキリシャンですな。

12月16日(木)
(真水氏からの手紙)
空想雑貨はやっぱり楽しいね。
神谷さんと話していると
「ソフビ集めてて本当に良かったなァ」
って思います。
とくに今みたいな、フィギアだ復刻だ限定だ、って状況になってると、
空想雑貨そのものが、
愛あるコレクターにとって一番の必須アイテムではないか、と思います。
「ありがたみ」を痛感しています。
そういえば、「ありがたみ」も「み」のつく言葉だな(笑)。
〜ザラブ星人を横向きに飾っている男より〜

So-netのA氏と銀座で会う。


12月17日(金)
美術家・岡倉天心のことを考える。

一日中軽い頭痛。
頭の中に雲が浮かんでいる。

12月18日(土)
美しく勝利せよ
(20世紀最高のサッカー選手で最高の監督ヨハン・クライフ)

サッカー小僧の僕としては生まれ変わったら
クライフ監督の元で超攻撃サッカーをしてみたいな。

クライフにとって
戦術とは洞察力のことだった。

新宿の有名書店で「美しく勝利せよ」(クライフ著・二見書房)を買ったのだけど
検索コンピューターの前で十分ぐらい待たされた。
店に入荷していても、どの書棚にあるのか分からなかったのだ。
いいかげんな本を出しすぎる出版社も問題だが
本を知らなすぎる書店員も問題だ。
前に紀伊国屋でも同じことがあったし、三省堂でもそうだったし。

12月19日(日)
年賀状仕上がる。

店のカウンターで
お客さんの大ゴジラのプラモデル(完成品。以下同様)と
僕のゴジラのプラモデルを闘わせようとしたら
僕のゴジラは八年ぶりぐらいで動かすので
うんともすんとも動かなかった。
しょうがないのでギララと闘わせようと思って
ガラスケースから出してきたら
これまたモーターがギィギィいってるだけで
動かない。
大魔神ならどうだと思って
今年の正月は動いていたやつのスイッチを入れたが
さてどうしたものか少しも動かない。
バラゴンを連れてきて動かしたけど
なにやら今日はしおしおのぱー。
うちの電動怪獣たちは機嫌が悪かった。

ミニのネロンガとチャンドラーが売れた。

12月20日(月)
忙しい日だった。

発送

メール

整理

まだ年賀状に取りかかれない。

それでも私よりスタミナのあるプレーヤーは大勢いるし、
テクニックにおいても優れているプレーヤーはいた。
しかし、真に重要なのは戦術だ。
たいがいのプレーヤーに欠けているのは戦術なんだ。
戦術とは、洞察力と信頼と勇気だ。
(20世紀最高のサッカー選手:ヨハン・クライフ)

12月21日(火)
原宿キディランドの
クリスマスセールをチェックしなかった。

飯田橋の運河カフェで
小春日和のポカポカをみながら
平賀源内の夢と
戯れたいと思ったが
次の機会にする。

秋葉原ラオックス・デジタル館でラベルを購入。

よいお年をという挨拶がひんぱんになってきた。

休みの日でも店に顔を出すが
誰もいない
純粋におもちゃと僕だけの世界は貴重である。
十年やって来たが
なんだかんだいっても
空想はモノがあるなと思う。
この空気
この雰囲気を大切に守っていきたい。

12月22日(水)
〜昭和42年のクリスマスの街角が浮かんでくるようです。〜
ウルトラセブンの8ミリを買っていただいたお客さんからメールが届いた。

クリスマスプレゼント用商品の梱包と発送。

夕方からB社で会議。
社長とは初対面。
広告写真よりもずっと美しい。

その後某出版社へ挨拶。
いつものようにコーヒー会議。

メールチェック

12月23日(木)
オークションでいつでもつながるように!
ISDNにしたお客さんがいる!!
通常のダイアル接続だと
オークションの締め切り時間直前に
混雑して接続できず
買い逃すことがあるらしい。

商品構成に悩みぬき
すこしずつ商品コピー書く。

12月24日(金)
銀座ピエス・モンテのチョコレートケーキ(\3000)
ちょうど最後の品だったらしい。
とてもさっぱりしたチョコレートケーキだ。

ぶるぶるペギラ売れる。
首なが怪物君即売れ。

商品コピー20点なんとかなりそう。
ドタバタドタバタ。
インターネットマガジンもネットナビも読むひまがない。

夜はデジカメで撮影だなあ〜〜〜!

12月25日(土)
デジカメで撮った画像をフォトショップで加工。
CD-Rにして郵送した。

未完成に終わっている僕のある物語の最初の言葉。
〜〜世界は謎をとかれるために待っている〜〜

ネットで予約してくれたお客さんが
直接店に来てくれた。
対面販売の方が楽だね。
梱包して発送しなくていいし、
小さな写真じゃなくて
実際の状態も確認してもらえるし。
僕も話せるし。

12月26日(日)
店のシャッターを下ろすときに
この世紀もあと一週間もないんだなあ
という気が起こった。
夏だと
シャッターを開ける前に
熱気が伝わって
入道雲のはりだした気配が分かる。

ウルトラセブンの文房具が売れた。

12月27日(月)
1999年の空想雑貨は今日でおしまい。

スプートニク氏来店。
また寄って下さい。
ウルトラセブン。
小林健二。
オークション。
彼は伝説のサロン
秋葉原デルタミラージュに
一夏移動した
空想雑貨へ来てくれていた。

夕方
丁稚一号のフルちゃんが来てくれた。
バットマングッズに埋もれているそうだ。
売る気はないそうだ。

日記はまだまだ続きます。
ご安心下さい。

12月28日(火)
メールを出したつもりが
もう一つのノートパソコン宛に出してしまっていて
あわてる。
最近この手が多い。注意。

今日店のほうへ顔を出したら
横浜から雑貨少年と少女が来てくれた。
もうお休みだが、
とうぜん店を開ける。
コレは特別。
もうお休みですから。

買い取りの話が来て
とりあえず連絡する。
年末はこのての事が連発する。

大晦日ぐらいにちょうど20000カウントしそうだ。
15000からはあっという間だった気がする。
めでたい。

大掃除をしていたら
超合金が出てきた。
ロボットジュニアだった。
(マジンガーZのやつだったと思ったけど)

今日こそ年賀状に取りかかろう。

12月29日(水)
住所録を印刷したまではいいが
そのあと上書きしてパーにしてしまった。
アジャパー

シュレッダーを買おうとしてちゅうちょした。

年末最後のボンヘッド!
いのうえさんスイマセン!
商品送り間違えました!
明日すぐ送りまーす!

この世紀が残り二日だなんて
信じられない。

12月30日(木)
江戸時代、
古道具屋のことを
取売(トリウリ)といったそうだ。

シュレッダーを買ってきて片っ端から放り込む。
しかし散らかしたのは私だった。

2000年ということで2万クリックと洒落たわけではないが
20000カウントを数えた。
どうもありがとーう!

12月31日(金)
昨日の夜
書道家・建築家のモンマ君と作戦会議。
空想雑貨の新商品開発について。
月1で来年から進める。

ふと気づくと
歩道から一段低くなったところに
電気屋さんの明かりが見え
木造の戸の透き間から
プラモデルの箱がのぞいていたので
中に入ってみた。
工事用具や電気製品の脇の棚に
確かにイマイのマークのプラモデルが並んでいて
電人アローの舟?という見たこともないものまで飾ってあった。
何秒ぐらいガラスケースを見ていただろうか。
幸せな瞬間だった。
意を決して「これ下さい」というと
お店のおじさんが
「まだ、いっぱいあるからね」と返事をしてくれた。
そこでああこれは夢なのだということを僕は悟った。
1999年12月30日に見た二十世紀最後の夢だった。

◎世紀あけガンタマ日記1月へ!

◆空想雑貨トップページへ