|▲価格 |▲ガチャポン店 |▲復刻品 |▲仕入れ |▲開業 |▲別会社 |▲TV出演 |▲ガンコ |▲ルーツ |▲エピソード |▲日本一


素朴な質問1●「アンティークトイはどうして高いの?」
タイムスリップするための探検代、調査費用です。
仮に一日の僕の調査費を1万円とします。
一年間かけてアンティークトイを探したとして、
単純計算で僕の日当は300万かかります。
しかし、そんないただいているわけではありません。


どんなおもちゃも千円のものでも十万円のものでも、
アンティークトイを一個売ってしまえば
その後一年間入荷しないものなどざらにあります。


僕の店の場合
アンティークトイの値段には、
昔の古いおもちゃを探す技術料手間賃苦労代などをいれ、
商品が売れるまでの寝かせ賃をプラスアルファーしています。


それから、何年も値段を据え置きのものもあるのです。
高い値段のものだけが、目立ってしまうようですね。
古本や古美術などの古物業界に比べ、アンティークトイの値段が
うんと高いとは思いませんが。


素朴な質問2●「つい最近のガチャポンの人形まで売ってる店が多いけど?」
ものがなくなったってことです。
それと売らんかなの若い業者が増えすぎたためです。
ほんとに古い1960年代のおもちゃにこだわり売る店は、
実は空想とあと一軒ほど。
ほんとにほんとに古いものだけを売るおもちゃ屋は、
アンティークトイショップは絶滅寸前なのです。


復刻品を並べてみたり、リサイクルやのような店ばかりになりました。
不定期の仕入れに泣かされることもないし、
数も確保できるし、
その結果経営も安定するしね。


アンティークの場合
ものがなくなるとあたらしいものを補充しなければならないという宿命があるけれど
あまりにも営利を優先させている姿を見るのは悲しいですね。
(ガチャポンブームも終息しましたね)


素朴な質問3●「復刻品が流行っているらしいけど?」
悲しいけど、「にせものブーム」のようです。
復刻品や昔風でひとやま当てようとするおもちゃの死の商人と
すっかりブローカー化した一部マニアと
メーカー担当者ならびに版権元関係者
それに三流アンティークトイ・ライターたちの
おそまつなまでのインサイダー取引などなどにより、
ブームは仕掛けられました。
時計やスニーカーのブームに似ている気もしますし、情けない気がします。
愛情がないんだよね。


すくなくてもおもちゃ屋は
夢がいちばん売りものでしように。


手抜きで作って、高く売ってどうするの。


(復刻ブームもどうやら終息したようですね。
復刻品は昔の商品とは違ってコスト優先なせいか
何年かすると飾っているとかなりへたってきたりするようです)



素朴な質問4●「仕入れはどうしているのですか?」
基本的には探します。開店当初、ものが何もなかったせいもあって、
日本中のおもちゃやさんを訪ねて、
売れ残りの古いおもちゃを分けてもらいました。
最近は理由があって、地方に出かけていません。
一般的にはフリーマーケットやトイフェスティバルなどへ出かけ仕入れているようですが、


僕は好きではありません。


僕はなくなったら探すことにしています。


在庫ゼロからスタートしてますから。

素朴な質問5●「懐かしおもちゃの店をはじめてみたいけど」
やめたほうがいいでしよう。


儲けるつもりでやるのなら、絶対に駄目。
趣味でやるのなら、賛成ですが、
会社勤めより給料が減っても、
土日に遊びにいけなくても、
残業代がでなくても、いいですか。


社会に向かって「おもちゃは文化だ」といえますか。


マニアではなく、キャラクタービジネスの専門家になれますか。


売るものがなくなったらなにを売りますか。


商品環境を勉強できますか。


人と同じ内容のおもちゃやで面白いですか?
素朴な質問6●
「近頃『マルサン』の名前を聞くけれど、つぶれたんじゃなかったの?」
マルサンは、1968年に倒産しています。
これが僕らのマルサンで、
総合玩具メーカーで、
最高の会社でした。


今の平成マルサンは、親族の経営ですが、単なるガレージキットメーカーで、
あのマルサンとは残念ながら、思想が違います。
(親族の手を離れました。)


いいものしかつくらない、そしてチャレンジ精神。


僕らにとってのマルサンは、
会社名や流行ではないのです。


いわゆる1960年代石田実の率いたマルサンを
以後とキチンと明確にするために
僕は「千日のマルサン」と称しています。
マルサンによる世界初の怪獣ソフトビニール人形の発売期間が
ほぼ千日間だったということから(1966〜68年倒産まで)
敬意をこめて名づけました。

素朴な質問7●
「空想さんはいちばん物を持ってるし、もっとテレビに出て欲しい!」
テレビに出演するのが、いやだといってるわけじゃないんです。
鑑定団だって出演してもいいですよ。
ただし僕が出演したら、共演者は卒倒しますよ。
なにしろこちらは命がけですから。
僕の鑑定の流儀で仕切りますからね。
じっさい鑑定団は頼まれたけど、断ってます。97年の夏ですね。
プロで断ったのは、後にも先にも空想だけでしょう。
僕の本も読まずにコメント下さい
鑑定して下さい
といわれても困りますよ。

おもちゃをふつうに取りあげてくれる番組だったら
ふつうに出ます。
値段ばっかり言う番組は遠慮しています。

冒険心のあるできるディレクターがいれば
僕が企画書書きますよ。
まだまだ面白いおもちゃの話がいっぱいあるのですから。

おもちゃの美学的で創造的で歴史的な情報を
もっともっともっともっともっともっともっと
発信しなくてはいけないな
そう思っております。
まさしくおもちゃのプロジェクトXですね。
みなさまもお力をお貸し下さい。

2005年映像製作会社と手を組み
インターネット配信で「ガンタマTV」を立ち上げました。
おもちゃの枠を飛び出たおもちゃ番組です。

素朴な質問8●「失礼ながら、頑固な店だなぁっていわれませんか」
頑固だとはちっとも思ってませんでした。
この程度で頑固だなんて言われるくらいなら
うちのじいさんたちは、なんて言われるのでしょうかね。
人と同じことをするのなら、
商人にはなれないでしょう。
時代がやわなんでしょうね。
ラジカルでいきますよ、空想は。
ブローカーにはきびしく
愛好者には優しく
値段にはルーズに!
素朴な質問9●「おもちゃのルーツを教えて下さい」
昔々の江戸時代、江戸の中心
浅草の蔵前の旦那衆
遊びの気持ちで
職人たちにおもちゃをつくらせました。
江戸に名だたる蔵前の
自由で剛胆な気質が
おもちゃを産んだのです。
おもちゃは江戸浅草風流特産品といってよいでしよう。
それにくわえ
浅草の観音様がうんと早くからひらけていたために
お寺参りの記念に
土産が売られる土壌もありました。


おもちゃのメーカーが浅草に集中していること。
製造問屋がメーカーよりもえらく、
全国の商品価格を決定していたこと。
こういうおもちゃ黄金時代の話も
原点はこんなところにあるのです。


大阪万国博の始まった1970年代になると
高度成長も終わり
玩具製造安全基準ST施行により
実質的にブリキ玩具の時代と
ブリキ玩具製造販売にたずさわった大店旧体制旦那主義が崩壊し
(野村、米沢、増田屋など)
黄金時代は一つの終わりを見ました。




素朴な質問10●
「おもちゃやのパーティーに熱海の芸者衆が総出で来たのはホントですか

玩具業界は戦前戦後をとおして
日本の代表的な輸出産業でした。
東京の下町は玩具一色でした。
つまりそれほど儲かっていたのです。
現在とはくらべものにならぬほどです。
ひとつ当てればビルが建ちました。
花柳界(柳橋など)はおもちゃ屋で成り立つ
といわれたものです。
戦後の日本の高度成長と同じように発展し
1970年の万国博の頃に
黄金時代は一つの終わりを見ました。



素朴な質問11●
「マルサンに惚れた理由を教えて下さい。」

俗に三代メーカーとよばれるおもちゃやがありました。
鉄人28号のブリキで知られる「野村トーイ」。
ロボットや車でいいものをつくった「米沢」。
ミルクのみ人形やラジコンを開発した「増田屋」。


そしてこの老舗、
営業網から下請け職人までを支配しているピラミッドを
うち倒し、
天下をとろうとしたのが、
戦後生まれの「マルサン商店」と「萬代屋」(現在のバンダイ)でした。


ことにマルサンの石田実社長は、神田生まれのちゃきちゃきの江戸っ子で、
社風にも表れていました。
新しもの好きは、日本初のプラモデル「原子力潜水艦ノーチラス号」、
「スロットレーシングカー」、「怪獣玩具」の発売に。


それは商品だけでなく、販売方法にも及びました。


例えばプラモデルは、当時都内定価と地方定価(高い)が常識だったのに、
全国一律の定価を打ち出し、
なおかつ学校裏の文房具屋という新しい販売ルートを開拓したのです。


クオリティに関しては、ブリキのキャデラックを発表したとき、
車メーカーが実車以上の出来映えに驚倒したといいます。


玩具業界の常識をくつがえし、
常に新しいこと、いいものを目指していく姿は、
まさしくおもちゃの本田宗一郎でした。


1968年のクリスマス商戦の最中に
突如倒産したちりかたは
マルサンがスポンサーとなったテレビ番組
ウルトラセブンの最終回でセブンがアンヌ隊員にいう言葉、
「一番星の出るころ、西の空を見てくれ、
大きな光りが宇宙に帰っていく。
それが、私だ……。」
を彷彿させます。


マルサン、それは「偉大なる頭脳」
大量生産品でありつつも、職人的こだわりを持ち続け、
夢を追い続けた
日本最高のおもちゃ会社でした。

(注:マルサン倒産の新聞記事は、拙著「ガンタマ」にのせています。)




■アンティークトイの通販もしています■
雑誌やマニアのホームページでも紹介されていないアンティークトイ情報がいっぱいです
空想雑貨(浅草の懐かしおもちゃの秘密基地)