<<空想リンチャンネルBOX>>

紹介
キーワード 未来 土星 旅行 旅行 実験 実験 未来 未来 休息 休息 浅草


http://www.ne.jp/asahi/tetz/edits/


●ご推薦理由口上●

「Tet'z」様


熊野の真言宗僧籍で、
電人アローが好きで、
浮世絵が大好きで、
工作が大好きで、
音楽家フランク・ザッパにいれこんで
いまだにフォルクスワーゲンに乗ったりしていて、
空想店主と同い年で、
熊野古道散策を企画する一方で、
空中浮遊装置プラットホームを夢想して、
元気なシノラーにエールをおくり、
未来をちょちょいっと拾ってくれば、
さぁさぁ、
こんなページができあがる。
必見!サテライトムーン
永遠の落書きエッセー!


http://www.kousakusha.co.jp/


●ご推薦理由口上●

「出版社 工作舎」様


70年代にオブジェマガジン「遊」を作り、
「タオ自然学」のカプラや「生命潮流」のワトソンを
いちはやく世に送り出した個性的な出版社「工作舎」。
トレヴィル、リブロポート、中公、三一が倒れた現在(実質上)、
出版理念が薄くなっている現状にあって、
世の読書人から要求されることは大きい。
たった一冊を選ぶのは無謀だが、「ブックマップ プラス」を推薦する。
社員がさいてい一冊は解説を担当するというのも、この出版社らしい。
つまり10のコンセプトによって分類された「本の地図」。
480のキーワードはまるで俳句の季語のように楽しめるし、
自分の感性をチューニングすることもできる。
それよりも僕はこの本の地図に載っていない本を
発見することを
最良の楽しみとしている。
まだ発見されざる未知の本を。

http://www.tamurashigeru.com/


●ご推薦理由口上●

「たむらしげる」様(映画監督/絵本作家/イラストレーター)


埼玉県に「風布」という地名がある。
「ふうぷ」と読む。
たむらさんの物語の語り部「フープ博士」の故郷かも知れない。
長瀞(秩父)の近くだ。
恐竜の化石が発見されたという話しも耳にした。
オフロード・オートバイの練習場も。
それよりも
果物のみかんの北限にあたる場所なのである。
なぜか僕はこのみかんと
温かで実はとても冒険家のフープ博士のことを
思い合わせてしまうのである。

空想雑貨のシンボルマークは
たむらしげるさんのデザイン。
お店のオープン記念ということでいただいた。
http://www.daijobu.co.jp/


→たむらしげるさんの公式サイト「愛があれば大丈夫(デジタルコンテンツ製作会社)」

★CDなど最新のたむらさん情報、いっぱい!
●●
http://www.rika.com/index.html


●御推薦理由口上●


「中村理科工業」様


虹をつくる紙?!
僕はそれだけで
大科学者の気分になってしまう。
子供の頃
雷がはいるかばんが欲しいと思った。
大人になってから、
かばんに火山を入れて持ち歩いている人の話を読んだ。
今は特別注文で
折り畳んで持ち運べる彗星の模型

僕の特許のネオンサイン早見板の製作
を頼もうかと考慮している。
http://www.kt.rim.or.jp/~saul/ 


御推薦理由口上

「SAUL's HOMEPAGE」 上田壮一様


小学四年生の姪っ子にも
友人にも
キメラごっこをやらせてしまいました。
好きなフレーズを組み合わせて
お好み怪獣を造るという実験。
映像もアイデアも試食後の満足感も大推薦です。
彼は映画ガイアシンフォニーの助監督で
科学番組のディレクターです。
地球と旅する人かも知れません。
▲▲ ●▲
http://www.d1.dion.ne.jp/~sentaka/


御推薦理由口上

「暮らしのある川の風景」高木 伸治様


高木さんは旅する人で
水と生活をテーマに研究している。
ゆったりとした時が流れ
水辺の暮らしが
美しい写真に撮られていくとき
もうそこには
かつての淡い日本がないことに気づくだろう。
僕は浅草も以前は水運の街だったことを思い出した。
川と山が近いことを教えてくれる豊潤なホームページです。
http://www.babylonic.com/


●御推薦理由口上●

「バビロニック・スタジオ」管原保雄(庸介)様


僕らが知り合ったのはお互いにティーンエイジの頃で
キングクリムゾンのFirstアルバムが流れている新宿のロック喫茶だった。
それからしばらくして彼は蜥蜴という意味のバンドを立ち上げ
世界システムと闘った。
紅蜥蜴と名乗ったり、
LIZARD(リザード)と呼ばれたりした。
そして僕らが再び出会ったのは2000年になった時だった。
http://www.xnoise.net/pinkgear/


●御推薦理由口上●

「SOUP」石丸雅己様


ピンクギアという
ファンタスティックな冒険ゲームの開発者。
地下のピアノの迷宮
空中にぶる下がっている奇妙な部屋
羽の生えた牛のレース
どことも知れない真夜中のプラットホーム。
僕はゲームはピンクギアしかしないことにしている。
http://camera-toybox.com


●御推薦理由口上●

「カメラのおもちゃ箱」 宮崎民枝様


お父上が趣味人で
ご本人が粘土人形作家という宮崎民枝さんの
Webショップ。
アンティークカメラも
アンティークトイも
結局は
ものよりも人なんだなあ
と共感しました。
趣味系のサイトは趣味が爆発してて
野暮の証明に走っているところが多数だけど、
ここを覗いていると
趣味っていいなとホッとします。
http://www.slownet.ne.jp


●御推薦理由口上●

スローネット様


いつかコレクターが爺さんになった時
「いゃあ、この色がさ、やっぱりいいやね」とか
「そうそう、このでっぷりしたからだの表現、さすがだよ」
とか言って、若い奴らを正座させて説教でもたれたいな。
・・・てなことを、よく常連たちと話していたものです。
このサイトには俳句、蕎麦うち、温泉などなどいろんな情報があります。
将来いい「マルサン爺(ジジイ)」になるために
いまからしっかり準備しておきましよう。
http://www7.ocn.ne.jp/~sehayama/index.html


●御推薦理由口上●

浅草の歴史と観光ガイド、葉山様


僕は浅草寺参道の仲見世通りにある「浅草寺幼稚園」へ通っていました。
祖父の店がやはり仲見世で「おこし」を売っていたので行き帰りに寄ったり
幼稚園の裏手の「伝法院」の庭で遊んだりしていました。
大人になってあるとき日本文化を振り返ったとき
子供の頃遊んだ庭が「綺麗さび」を標榜する茶人小堀遠州の造営だと知り
訳もなくとてもうれしくなりました。
あるいは浅草寺の創建が京の栄えた平安時代よりも古い
聖徳太子の活躍した飛鳥時代ということを知り
この浅草の町がとてつもなく愛おしくなりました。
管理人さんは台東区の観光ボランティアガイドを兼ねています。
江戸の扉「浅草」へおこしください。


◆空想雑貨トップページへもどる