■7月に続く


6月30日(土)
道路が雨に濡れていたので、
今日は少ししのぎやすいかと思ったけれど。

プロレスの雑誌いつもありがとう。
斉藤さん。
ボックや前田が懐かしい。

6月29日(金)
6月は谷岡ヤスジさんが亡くなった月だし
どうも好きになれない。
とかいってるあいだに
もう目の前に夏が迫ってきた。

知り合いがテレビに出るのだけど
「男気のない輩には惚れるわけにはいかない」ということかな。

ホームページの改訂まじめに工事しています。

昨日某ショッピングモールさんが来たけど
たぶん素晴らしいCGIを開発してくれるだろう。

食材だけあっても料理にはならない。
いい教訓。

6月28日(木)
店を始めて間もない頃は
店が知られていなかったということと
どうしていいのか解らなかったので
代々木のフリーマーケットへ出ていた。
そのうち業者の顔を覚え
いろいろな話も入ってきた。
中でも、驚いたのが、
「ビル付き鉄人28号のプラモデル」(イマイ)の件だった。
T氏が一個十万円で三個買い切った。(全部で三個北海道から発掘された)
売られたネダンも13年前当時としては、驚異的だった。
買い取り金額も衝撃的だったが、
僕がいちばん参考にしたのは、「全部買い切る」ということだった。
「数」がなければダメといまだに思っているのも、
このビル付きの一件からなのだろう。

6月27日(水)
他人のメガネについてはなんやかんやいえることが解った。
ホリイ@イラストレーターと白山眼鏡へ行った。
秋葉原でパソコン用品を見た。
上野双葉でトンカツを食べた。
ここはキャベツまでおいしい。

ここのところ通販が快調である。
うれしそうなメールを戴く。
みんな少年少女に戻ってる。

夕方、雷と夕立はやってこなかった。

6月26日(火)
まわっていれば大丈夫さ
喫茶店の隣の席の中年二人組の会話が耳に入った。

友達の事務所でネスケの悪口を聞きつつ
バイトをひやかしつつ
フォトショツプの特別技術を教わった後は、
ちょっと散歩しながら青山通りを歩く。
青山リブロ書店は遅くまでやっているので
クールダウンにいい。
1.
インターネットショップ成功の法則(OSMC編/エーアイ出版)
・・・欲しいCGIがあった
2.
リナックスの革命(ベッカ・ヒマネン。河出書房新社)
-ハッカー論理とネット社会の精神-
・・・「たのしくなくちゃ、仕事じゃない」という帯コピーに惹かれる
3.
世界宗教史1(ミルチャ・エリアーデ。ちくま学芸文庫)
・・・東洋の理解者、東欧の幻想文学者。
「妖精たちの森」のエリアーデ教授の大作。
人間精神の歴史の、
深淵で分割不能な統一性を見失わないため。
序を読んだだけで読まずにいられなくなる。
4.
よみがえる文字と呪術の帝国(平勢隆郎。中公新書)
・・・中国古代王朝と甲骨文字の考察
漢字というテクノロジーについて。

おいらの同期の
後藤繁雄くんが雑誌エスクワィヤーで書評を担当しているのを見た。
ふうん、彼も何か書きたがっているのね。
坂本龍一と長いこと組んでいるけど、
こんどは自然食の販売をやるような。
ふうん、
もっと大きな琴を鳴らして下さいませ。

夜シャワーを浴びて
半ズボンに着替えて
買ってきた5冊の本を一応目を通し
気に入った部分に線を引き
スタイルシートを活用したホームページのレイアウトの仕上がりを
考えながら
アイスミルクを飲んだ。
これらの思考と嗜好は
<むなしい、そして結局は不毛の
擬百科全書主義>(エリアーデ)
ではないということだ。

いつか誰かがガンタマの周辺に
デザインサイエンスされた事象や
エリアーデの著作集を並べてくれるだろうと
いう儚い希望を抱きつつ。

6月25日(月)
おもちゃの相棒がいなくなっちゃった。
長い付き合いのワイルドセブン氏曰く。

足裏マジック氏から写真届く。
すぐホームページにアップ。
おもちゃの想い出コーナーをご覧下さい。

ワイルドセブン氏の持ってきた
ジャイアントゴモラを触る。
「見よ、尻尾は偉大であった!!!」

6月24日(日)
塩谷局長上京。

ホリイ@イラストレーターと
Webデザインの打ち合わせ

お面愛好家来る

6月23日(土)
まさに、ひとあし違いで売れてしまった。
買ってくれたお客さんが出ていってすぐ、お客さんが入ってきた。
同じものを欲しがっていたのだった。
あちゃ!
ごくまれに同じものを欲しがっているお客さんが
タッチの差で持っていっちゃう場合がある。
・・・でもNさん。
   次まわすから待ってて・・・

将棋名人戦最終局投了図検討の結果、一つだけ負け筋があった。
無念。
将棋の神様はいないのだろうか?

6月22日(金)
負けてないのに
負けましたっていっちゃいけないよねえ。
将棋の名人戦。
何十年も見てるけど、
それも贔屓の棋士が・・・。

おもちゃを探しに行っていた時代。
その前は将棋道場に通っていた時代があった。
サッカーも将棋もおもちゃも
ファンタジスタや職人芸が好きなんです。

現実的で手堅い気風やリアルさは
僕の好みではないのです。

6月21日(木)
お客さんとのメールのやりとり。
これが楽しい。
遠くのお客さんとも会話できる。
「好きなんだな」ということが伝わってくると、
こちらもうれしい。

6月20日(水)
朝目覚めた瞬間に
躰が湿ったスポンジにひたされているようで
頭は特に重かった。

江戸東京博物館まで体調調節をかねて散歩。
船形埴輪をやっと見る。
1メートル以上ある。
八ケ岳山麓から出土したゴモラのような仮面土偶は
そのバランスが見事だ。

博物館そばの本物のカリカリのたい焼きを買う。
以前つとめていた広告会社のボスが
(社長といわれるのを本人は嫌っていた)
お三時のおやつによく買ってきた麻布十番のたい焼き屋の本家だ。

他の誰もが専門家になろうとする中で
私は包括的存在になろうとした。(バックミンスター・フラー)

ポピーの怪獣シリーズについて
お客さんとメールのやりとりをしていて
思いだしたことがあったので
書いておきます。

1980年頃
僕は東京郊外の基地のある街「福生」に住んでいて
伝説巨人「イデオン」を毎週楽しみに見ていました。
その頃自転車に乗るのが趣味で、
退屈しのぎにブリキのロボットを探し回っていました。
そんなとき、おもちゃ屋さんに入っても
怪獣はほとんど見たこともなく、
あったのは店の前のワゴンに
売れ残りの超合金の箱といっしょに
寂しそうに
放って置かれたキングザウルスシリーズの怪獣でした。

6月19日(火)
近いうちに鎌倉へ行くようができた。
最良の玩具がある。
そのデザインの意図を汲み取る必要がある。

6月18日(月)
昼過ぎ雑誌取材。
浅草西参道のあかねやさんと。
夏休み用おもちゃ散歩の趣旨。
くるま関連の商品を撮影していった。

6月17日(日)
夏神楽(なつかぐら)
川社(かわやしろ)のこと。
「みなかみの心ながれて行水にいとど
なごしの神楽おもしろ」
「川やしろ秋をあすぞとおもへば
波のしめゆふ風の涼しさ」
「五月雨の雲間もなきを川社いかに衣をしのにほすらん」
八犬伝の馬琴が歳時記で六月を紹介している。

馬琴は歳時記を記しながら
古と繋がっていることを確認していたのだろうか。
おかげで今日ぼくは
五月雨の雲間もなく、風の涼しさと
清流を行く水となる。

今日イタリアではスクデット(蹴球祭)が決まる。

6月16日(土)
30キロオーバーで、免停かも。
罰金6万円。
あのとき、買っておくんだったよ〜!
常連さんから涙の御電話いただきました。

6月15日(金)
肩こりの原因はたぶんマウスだと思ったので
マウスを変更した。

Javaを使ってクイズも作りたい。
コンクールもやりたい。
一等賞の景品はどうしよう、などなど。
雨の週末はうすぼんやりであります。

6月14日(木)
そんなに冷たくない雨。

某ショッピングモールで
「黒人メガネ」という商品名が問題になった。
「ダッコちゃんメガネ」に変更した。

ショッピングカートが作動しない場合用に
クッキーかJavaのチェックページを
こしらえた。
(といっても、カートの製作者のページを写しただけ)

スライドショーのコツをつかんだ。

6月13日(水)
ブルマァク社のいいところは?
の質問あり。

最新考古学の成果が
江戸東京博物館で展示されている。
僕のお気に入りの「船形埴輪」も。
来週見に行こう。

6月12日(火)
お父さんの日だからというわけではないけれど、
遅ればせながら
「お父さんの味方」ページをつくりました。
有名ショッピングモールなどで使われている
「買い物かご」を採用しました。
注文するとき自動的に計算してくれるので、便利です。

おもちゃの想い出コーナーをぜひ読んで下さい。
とても気持ちのいいお話です。
和家さん、投稿ありがとうございます。

将棋名人戦もセリエAも
最終決戦になってしまった。

そういえば昨日常連氏にめっちゃくちゃ
買いたたかれました。
ううん、恐怖だなあ。(笑)
お客の方がえらいのでありました。
その光景をアリガ@君がニヤニヤ笑っておりました。
十年以上のつき合いだもんな、
負けちゃいますね。

6月11日(月)
前からやってみたかった
「お友達にこのホームページを推薦」
というHTMLの記述がやっと解った。
いつものことながらできると簡単。

お父さんの日といわれても、なんだか。

6月10日(日)
〜よみがえる水の都〜「飛鳥京発掘」(NHKスペシャル)
を興味深く見た。
水をさかのぼる、これは基本。

ベテランより知らせ。
ガラモンの非道く暗い話題

二三日前にKKと電話。
某作家と某音楽家のファン雑誌の掲載を拒否した
といってた。
人のイメージを借りて商売するな
といっていた。
同感。
二人で大笑い。

6月9日(土)
たぶん同じ世代の人だと思う。
赤胴鈴の助のメンコを買っていく。
もう40年前ですか!
子供の時にぜんぶ焼かれましてね。
こんな会話があった。

6月8日(金)
頭バースト。
夕方横になる。

6月7日(木)
店に入り、ガラスケースにスイッチを入れる。
ラジカセのペンギンカフェ「in Rome」をエンドレスにセットする。
シャッターを開けて
看板と薬局のカンガルー人形を外に並べる。
留守電を解除。
パソコンのスイッチを入れる。
「よっしゃあ」といって
店の一日が始まる。

今日は店の営業は夕方まで。
なぜって、来年の今頃になれば、もっとわかります。(笑)
フォルッツァ!

6月6日(水)
梅雨入り。

ダンディズム、男気(任侠おとこぎ)
いろんな呼び名はあるが
目標値を設定しないと運動しないことがよく解った。
ただ「市場経済」という項目を入れていないのが
このシステムの最大の長所であり、欠点である。
このシステムには例えば「空想雑貨」も含まれる。

理解してもらっている人には
今更だろうが
「空想雑貨」は或る一つのシステムの実験場に他ならない。
ここで起きた賞賛、非難、別離、邂逅(かいこう)は
良くも悪くも引き継がれていくだろう。

物事の変遷過程に
決まったカタチがあり
その一つのパターンを見極め採集してもらえれば
それは貴方の血となり肉となるだろう。
僕も一つのサンプルを蒐集し
いずれ来る来るべき変容の種子とできるから。

6月5日(火)
サブマリン707(小澤さとる。少年サンデー連載)の
プラモデルを譲ってもらった。
子供の頃つくった奴だから
懐かしい。
お風呂場で進水式をしていたら
もぐりっぱなしになっていたので(自動浮沈なはずなのに)
取ろうとしてお風呂に落っこちたことがあった。


人生を長考しながら平賀源内の散歩コースをお散歩。

6月4日(月)
今日も夏日。

6月3日(日)
夏日になるらしい。
とても気持ちがいい大気。
扉を開け放っている。
入り口のケースの中の
ブリキ鉄人もギララも日光消毒。

来年のワールドカップまで天気が続けばいいけど。

今日もおもちゃ愛好家の皆さんに
いいことがありますように。

うちのお客の誰かさんが
競馬当たったら買うからといい続けて
はや10年。
ギララが待ってるよお〜〜〜

6月2日(土)
自分の書いた本が売れるのは、
とてもうれしいね。
ともかく手抜き無しで
全力で書いた本だから。

ダッコちゃんのメガネなどが売れる。

6月1日(金)
「夏」の前哨戦はじまる。

先だって出演したBS朝日「バラの舞踏会」
のホームページができていた。
僕が出たのは「麗しの東京タワー」(第六回)
ご覧あれ。


■過去の
ガンタマ日記
98/10 11 12
99/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001/1 2 3 4 5
■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨