九月へ続く

8月31日(金)
昨日はカネゴンの品評会

朝かっぱ堂書店主人がインターネットマガジンを
配達に来て
ついでにロボット三等兵の型抜きを見て
骨董市で売れますぜ
と一言。

浅草千束は雨。
一つの季節の終わり。

今年もまんがプール(子供用ね)は
売れなかったなぁ。
誰かタイガーマスクのプール買う人いないかな。
なにしろ大きいからね。

8月30日(木)
パソコン大手のゲートウェイが日本撤退。
やっぱりITは方向を間違えていたとしか思えない。

1先行者利益
2大資本投下
3ホームページ=通販直結

双方向性なんてキャンペーンワードでしかなかった。
ネットは商品のネイティブ性に向かうべき時。

ところで、「かた」抜いたら、欲しい人います?
写真はロボット三等兵。紙粘土で実験中。

8月29日(水)
意志の強そうな輝安鉱は炭のようで鋭くとがっている。
紫水晶はまるで自然がさっと手早く手塗りをしたように
あずき色に着色されている。
山梨県の乙女鉱山で採掘されたハート型の
日本式双晶はなにか秘密次元の書物に思えた。

たむらさんと東大鉱物展に行って来た。

昔のカタ屋さん(学校裏や公園に来てたでしょ)
の型から型抜きしようと思い
画材屋で粘土を買った。
いろいろ実験してみよう。

東大からお茶の水まで散歩して
いつものようにキントト文庫へ顔を出した。

帰りに捜していた
岩波文庫の「閑吟集」(中世の歌謡集)
を買った。
これは150円。
隣にあった「プラトン哲学」も百円。
買うしかなかった。

8月28日(火)
いけだたかひろ君のペギラは
5でした。
お父さんがマジックでしっかり
分かるところに番号を書いたのでした。
番号は羽に
名前は両足とお尻に、しっかりと。
これなら、公園の砂場でも、銭湯でも
友達のおもちゃと間違わないもんね。

カタ屋さんの研究。

8月27日(月)
家族連れで入ってきたお父さんが
いきなりペコちゃんの頭を小突いた。
まったくうちのペコをなんだと思ってるんだろうな。
子供がライオン丸のお財布を買っていった。

はじめてのお客さんから鉄人の注文
お馴染みさんから鉄人の問い合わせ。

たむらさんと水晶見学の約束。

頭をたたくと
歯をむき出しさらに目玉が飛び出し
ウッキィーと泣くブリキのお猿さんがいた。
60年代バンダイの製品である。
キャンピングカーに乗った幸せなお父さんにもらわれていった。

8月26日(日)
午後の大人の話。
最近はどうしてもガラモンの話が・・・・・・

新たな創造は最も良き継承である。
(中国国家主席)
僕は中華贔屓ではないが
思い当たることのある言葉だ。
新しく動いていくことは伝統を崩すことではなく
継承していくことになる
僕はそう思った。
・・・「愛情のある新しい解釈」。

8月25日(土)
夏の夜や崩れて明けし冷し物(芭蕉)
今シーズンはじめてうなぎを食べる。

検索エンジンのチェックをする。
かなり良い結果がでた。
goo、グーグル、ヤフー、kensaku、エキサイトで
トップページが一位、或いは五位以内にランキングされている。
ファイルも五位以内に入っていることが多い。
ほぼ計算通りだった。

8月25日(土)
昨日NTTコミュニケーションのネットの取材中
「商品にネイテブ」というコンセプトワードができた。
ネイテブは土着とか訳すのかな。
「もっと商品にネイテブに!」とか使用するわけです。
瀧沢さん上手に使ってあげてね。

楽しい取材でした。
時間を大幅に延長していました。
インターネットショップの今後というような話だったかな。
元気になるためのお話。
個性的な店が増えて欲しいという話。

国立市のカフェ「ガラス玉遊技」が
カレーのおいしいお店としていろんなサイトで紹介されていました。
古い友達でオーナーの博子さんは天使館(笠井叡主催)の舞踏家。
僕はガラス玉のオープン時の広告を作ったのです。

8月24日(金)
今日はインターネット関連の取材がある。

読売新聞(都内阪、全国版)
東京中日スポーツ
日本テレビ
東京12チャンネル
BS朝日放送
写真付きで大きく取り上げられたか
または10分以上出演したもの。
こまかなものは、毎日新聞を始めいろいろあったはず。
ラジオの生出演もあった。

アンティークトイ・ショップのオーナーを十年以上もしていると
マスコミに露出する機会も多い。
出ない人はいないだろう。
だから勘違いも多くなるのだろうし、
だから僕は手段を選ぶ。

マスコミは決して代弁者になることはないが、
マミコミの欲しがるものを質を変えて提供できることを学んだ。
彼らは予言が好きだから、「統合的なアドバイス」を
彼らにわかるようにおもちゃというオブラートに包んで手渡した。

怪獣ソフトビニール人形とは
趣味の世界では珍しい量から質への転換ののろしであり、
職人気質の作品性への賛歌であり、
風流の観測地点である。
日本が感じられる場所に他ならない。

8月23日(木)
台風一過。

今日やることは、
えーと、カタ屋の型を撮影すること。
ちょっと文章作らなきゃ。

8月22日(水)
台風。
納得のいかない日であった。
どこにもでられないので
強い雨を見ながら、
メール、自分の原稿などを整理していた。

8月21日(火)
台風。

お客さんから
「骨董は太陽を捕まえるための罠」のコピーの意味を
聞かれたので、答える。
もともとは夜間飛行の作家サン・テグジュペリの言葉。

8月20日(月)
お盆休みあけのせいか
ぱっとしない日だった。

フリースタイル・フリスビーをやってる
京都のカップルが寄ってくれて
紙ものの話や染色職人の話や
ハート形縄文土器の話が飛び交った。
京都の地元の人は意外と神社仏閣に詳しくない
という話を聞いてなぜだかほっとした。

8月19日(日)
米沢のレーシングサーキット(1/24)がある。
スロット・レーシングだ。
あまりにもデカイ。
飾るにしても、広げてみせるにしても。
飾ることまで考えたパッケージが
いいパッケージだと思うな。
おもちゃに限らずね。
さて、どうしようか。

漫画家の江戸前君が赤ん坊を連れてやって来た。
おもちゃを不思議そうに眺めていた。
彼の機嫌は良かった。

東京美術学校校長岡倉天心の机の
「李白」と印された引き出しを開けたら
中から
「私には私の李白があり・・・・・・」
と記された紙切れがでてきた。
続いて読もうと思ったら、突然目が覚めた。

8月18日(土)
地球が朝を迎えるとき
鳥のようなコーラスを奏でるという。
どうやら地球の磁場が関係しているらしいのだが。
見えない電子の歌は
夜明けのコーラスと呼ばれている。
たいがい地球が朝になった上空できこえるそうな。

ウインドゥズ98と95で、レイアウト表示が違う。
今までは95で作っていたけれど
今回の改訂からはすべて98で作るようにしたため、
微妙なズレが露出しています。
95で見ると表の枠が片一方太くなっていたり、
妙なところで改行していたり、
なんだろうなぁ。
これでまたXPバージョンがでたら、
また見え方違うんでしょうか。
悩ましいな。

8月17日(金)
現在バックミンスター・フラーへ向かっています
あと20分で着きます
建築家のモンマ君より。

ガラモン一期氏来る。
昔話。

年収一千万以上あるが
読書する時間もない人生と
年収はたいしてないが
読書する時間のたっぷりある人生とでは
どちらがいいか?
僕は後者組。

8月16日(木)
部屋の整理。
昔薬局でもらった曲面ガラスの棚がどうしようもなく、
本棚を隠していたので、場所を移動した。
それから明日こそ、シュレッダーをフル回転させて
書類を裁断しなければ。

紙物はスキャナーするに限る。
デジカメより解像度がいい。

8月15日(水)
お盆休みその3

電子楽器開発者の伝記映画「テルミン」を見に行く。
「古事記と日本書紀」(神野志隆光/講談社現代新書)購入。
恵比寿ガーデンプラザ横のドーム型のレストランで夕食。
広尾まで散歩。
オープンカフェで読書。

取材要請とおもちゃの想い出メール
届く

8月14日(火)
お盆休みその2

江戸時代の風流大名松平定信の再確認をしていたところ、
なぜかプラトンの言葉にぶちあたった。
剛毅、信義、誠実が真の哲学であり、
それ以外を目的とする学問は虚飾にすぎない。
(プラトン)


夜、なぜかデーターの整理

8月13日(月)
お盆休みその1

土手の伊勢や(吉原大門)の天丼を食べに出かけたら
20人ぐらい外で待っていたので、あきらめて、
近くのデニーズへ行ったら、
異様に暑い。
なんとクーラーが故障していたので、
じゃあ末っ子(千束)へ寄って餃子でも食べようと思ったら
まだやっていなくて、
しょうがないので家の近所に新しくできた×○ラーメンへ行って
みたところ、これが悲惨な味で・・・・・・。
家に帰ってきて車をガレージから出して洗おうと思ったら、
車のバッテリーが上がっていた。
今日はトホホな日であった。

8月12日(日)
今朝の東京は、車の音もしない。
静かだ。
月火水と空想はお盆休みです。

8月11日(土)
昨夜イギリスの作家ロード・ダンセイニ卿の集まりがあって
出席した。
場所は赤坂の「ですぺら」。
(ですぺらは懐かしき辻潤翁の主著!)
頭痛のため、少し早めに退席した。

16で指輪物語(トールキン)
18で稲垣足穂(一千一秒物語)
20でダンセイニ(ペガーナの神々)
と出逢った。

企業物についてのお尋ねが怪獣ソフビコレクターU氏よりあった。
空想が企業物ソフビについて手を出さなかったのには、わけがある。
ソフトビニール前史としての企業物については
今度の本に少しだけどかなり重要なことを書いた。
あれそういえば、文字校まだでてないなぁ。

8月10日(金)
風はやや三保に吹入る蝉の声(一茶)

6年前といえば、
ネットスケープが全盛を誇り、
「border=0」を指定すればリンク画像
のまわりの青い枠を消してしまえる、というのが大ニュースだった。

(Webの拾い読みより)

昨日キングザウルスが入荷したと思ったら
アギラは片足なし、
ヒドラは汚れを落としたら角がかけているのに気づいた。
シェッー

ジャイアント・ミクラスの話。
六七年前になるだろうか。
ジャイアント・ミクラス
(ウルトラセブンの手下のトーテムポールそっくりの怪獣の巨大玩具)
を懸命に捜していた時があった。
ミニサイズの人形を買い取りで持ってきた人がいた。
他にミクラスの大きいのがあるという。
それ譲ってもらえないかと頼んだが、
子供が遊んでいるからと言う理由で断られた。
結局ミニサイズの人形だけを引き取った。
ここのビルの子供が遊んでいるのか、
骨董屋へ流れるより
それもいいのかもしれないなと思いながら、
たまにその辺りを散歩するたびにビルを見ていた。
二三年前になるだろうか、
そのビルが突如売りに出され、家族は行方不明となった。
むろんミクラスの行方も知れない。

8月9日(木)
フォーシーズンズホテル(目白)で紅茶する。
江戸川橋から尾根線沿いを歩いていたら、
小日向台から茗荷谷へ出ていた。
坂の多い街だ。
散歩しながら考えていたのは、主に歴史観の変遷について。
小石川のKKのところの近所まで来ていたので、
寄ってみた。
アトリエというより実験室化が加速していた。
テーブルの上には恐竜の頭蓋骨が置かれ、
うずたかく積まれた本はアンモナイトの化石を隠していた。
主人は21世紀の錬金術師だった。

アンチモニーのおもちゃと鉱石の関係を教わる。
あの美しい鉱石を砕いて、溶かして、
金属製のおもちゃを作っていたのかと思うと、
なぜか悲しくなる。
石はもう戻らない。

明け方ナカータ・パルマ公式初戦。

8月8日(水)
曇っているがほどほどに風。
小石川の友人を訪ねるが、
すぐ戻るというメモがあるのに、待っても現れず。
しかたなく近所をぶらつき本を買って引き揚げる。

サッカー雑誌
壬申の乱(中公新書)
日本語論の本

8月7日(火)
楽しんでるよ
というメールをあちこちから戴いています。
僕ももっと楽しんでWeb作ることにしました。
今日のおかずのページは
ネダンにだけこだわることにしました。
年式はてきとーです。
必ずしも60年代にしません。
いちりつ千円です。

ホームページでやって欲しい面白い企画があったら、
メール下さい。
→◆

8月6日(月)
ひやひやと壁をふまへて昼寝かな

朝は時々いい風が吹く。

昨日はいっぱい話をした。
お昼過ぎから話しづくめで
夕方遅い昼を食べた後
また話をして
終わったら8時。
いっぱい話をして、
心地よい。
またそんな日は売上げもついてくる。
空想のある日の一こま。

朝、友人から電話。
元気そうで何より。
一緒にツーリングに誘われる。
近々東京へ来てねとお願いする。

8月5日(日)
友達のキントト文庫のお話。
店主のヤマモト嬢は「力道山」の取材で
空想へ来て以来の付き合い。
僕の本「怪獣玩具の冒険」の時には
編集者との折衝を行ってくれました。
そのあと彼女が古本屋を開いたのは、浅草蔵前で、
それから神田神保町へと移転しました。
古本屋は数あれど、どんどん無個性の品並びが多くなる中、
彼女のキントト文庫は、異色の棚構成。
おもちゃ屋にしても、古着屋にしても、食い物屋にしても
個性がなくなっている中で
本物の店を追求して、展開している数少ない店の一つです。
きっと店主は無愛想だけど、
本たちは無限の輝きを持って、
本好きな人たちを待っているでしょう。
応援してあげて下さい。

神田神保町三省堂本店うらパチンコやの隣のビルの二階
14時〜19時。日・月曜・祝日休業。
3294-8700

マニアの器量が問われています。
いい物、
それから
いい店、いい店主。
これから先もっと少なくなっていくでしょう。

偽物や偽者をトップにすえるのは、
マニアの責任です。
いい店、いい店主は、必ず、何らかの意味で、闘っています。

マニアを敵に回すこともあるでしょう。
マスコミに裏切られることもあるでしょう。
業界に沈黙されることもあるでしょう。
まあしかし、見ている人は見ています。
じゃあね、バッハハーイ。

8月4日(土)
ホームページは完成というものがありません。
また増築したり、改築したりしていきます。
でもまあ僕としては、大きなシステムを作った気がしています。

実は
旧玩業界として困った問題が発生しています。
推移を見守ります。

8月3日(金)
不具合がひとつあって、
ネットスケープだとトップページのみ真っ白で表示できない
という事件がありました。
スタイルシートの記述のためなのか(四角い青枠)
結局よくわからずじまいでした。

しかし、ネスケ(ネットスケープ)は
なんでこんなにもIE(インターネットエクスプローラー)と
見え方が違うのかなぁ。

朝一から誰かさんがやってきて、
怪しいお店になっていました。
ウフフ。
会社デスク恐竜模型展示恐竜好き人間のワタシは
チョコラザウルスを手にしたのであった。
バキディスクス(アンモナイト)をパソコンの上に飾ろうかな。
ウフフフ。

8月2日(木)
新装ホームページオープンしました。
あわてて仕上げたので、足りない部分があるかも知れません。
また、少しずつ増築していきますので、お楽しみに。

常連さんが来て
笑い転げた。
世界でただ一つのウルトラマンに進化したジェットジャガーの話。
いずれメルマガに登場かな。

8月1日(水)
数日前、山田風太郎死去
初期の探偵小説、風太郎版八犬伝などは
好きだった。

妹と何年ぶりかで明け方まで話していたので、
しかし心地よい疲れ。

リニューアル作業


■過去の
ガンタマ日記
1998年 1 1 1 1 1 1 1 1 1 10 11 12
1999年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001年 1 2 3 4 5 6 7
■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨