■ガンタマ日記2004年7月に続く■


6月30日(水)
午前中雷がすごかった。
これが梅雨あけならばいいのだが。
西表島と四万十川の水の音を聴いています。

日本玩具史と西洋玩具史のお勉強。
おかげで知識はボーウダイになりました。
研究はまだまだ続くけど。
江戸
19世紀欧米(独英仏米)
昭和
これを俯瞰で見えるのが僕の研究。

少し風が出てきたので夕方散歩をかねて鴻池さんの店へ行く。
茶飲み話。
谷中のカヤバ珈琲へ寄って本を読もうとしたが休店だった。
まるでもんじゃの鉄板のような熱さの夕焼けがアロハシャツの胸にくっついてきた。

6月29日(火)
あるどーーーーーーーーーーーーーーーしようもなく暑いだけの一日でしたとさ。
今日はなーーーーーーーーーーーーーんにもやれないもんね。
だって暑いんだもん。

6月28日(月)
夜中三時に起きられず。
ネットも新聞も封鎖してビデオ観戦だ。

次回のガンタマTV撮影の日取りと絵コンテがようやくできあがった。
今日はたぶん夜うちあわせ。

午前中小林鉱石ラジオ王健二氏からお電話。
現在のちんぷな現代アート界の話など。
もっとワルサしようねと話し合う。

6月27日(日)
来月の広告のデザイン案が四案とどく。
かっこよくてめだつデザイン。
それが今回のデザインコンセプト。
選ぶのにひと苦労。
ウルトラホーク三号ふう駄菓子屋プラモ

下からのぞくの図

6月26日(土)
さすがに夜中三時起きサッカー観戦が連日続くとしんどい。
昨日は玩具研究家のツムラ嬢が遊びによってくれて
1968と71年の台東区の地図を見ていた。
ブルマァクまで29番の都電で二つ・・・・・・
マルサンまで都電で四つ・・・・・・

6月25日(金)
急に暑くなるように
この夏ドット忙しくなるのか?
今日は雨の様子。
はやいとこ雑誌広告を作らないといけないな。
気まぐれにノコノコ歩くとてもへんな奴

6月24日(木)
【閑古鳥】
郭公(かっこう)の異名。初夏日本に飛来。
鳴き声の寂しげなさまから、
「閑古鳥」の字を宛てる。
派手な鳴き声の時鳥(ほととぎす)とは異なり、
目立たぬ鳥とされる。
また別の注に
巣作る大木の榎(えのき)から榎へと渡る閑古鳥のわびしい生活。
己の境涯の暗喩
とある。
■蕪村全句集(藤田真一・清登典子編/発行おうふう)より
僕はてっきりファンタジーな存在かと思っていた。

夜半亭蕪村はこんな句を作ってほくそえんでいた。
松本零二の男おいどんにでてくる不思議な鳥を思い出してしまった。
くうているかもしらじかんこ鳥

6月23日(水)
半ズボン二日目。

原宿のピーカーブーまで出かけたが
あまりにも暑いので
十文字美信の滝の写真展を資生堂ギャラリーへ見に行く。
滝の音を椅子に腰掛け写真を見上げながら5分ほど聞いた。

悪い癖で将棋の本をまた買いだしてしまった。
「島ノート」と「東大将棋三間飛車道場」
ついでに岩波文庫でサピアの「言語」を購入。
スタバで一気に読もうとしたが
急に気が変わって自宅へ帰る。

帰宅して冷房をがんがんに入れ
広告コピーをフォトショップでレイアウトしながら作っていると
ディレクターのジリジリより電話あり。
「アロハシャツの色どうしますか?」
そこで夜十時頃までうちあわせ。

6月22日(火)
白山眼鏡→とんかつ双葉→スターバックス→
谷岡ヤスジ邸→アップリンク→帰還

渋谷の映像会社アップリンクで打ち合わせ中に
谷岡夫人からふたたび連絡あり。
いろいろご配慮いただいた。
谷岡さんにお線香をあげてきた。
鉄腕ガキ夫アトムの絵の飾ってある仕事場に
僕の献詞の額が飾ってあった。
ちょうど仏壇の正面だった。
応接間のソファーで話している時
うしろから
ピンポエ〜〜ン
カミヤぁぁぁ〜オラオラオラ!
と言われそうな気がした。

半ズボンをはいた。

6月21日(月)
マップルマガジン「歩く東京下町」(2005年版)昭文社
取材撮影あり。
発売は秋。

友達からサインをもらった。
For Another Dream Behind the Earth

6月20日(日)
今回のガンタマTVゲスト熊崎氏の紅茶本をプレゼントします。
「ハッピーティータイム しあわせなおいしい紅茶」
人数:2名様

番組内の説明文をそのままクリックしていただければよかったのですが、
わかりにくくてスイマセン。
30日までです。
ご応募はコチラをクリックして下さい。

6月19日(土)
お暑うございます

挨拶になってしまった。

実は昨日の日記にもチョイと書いたが
あのアドビのPDFソフトを入手して、うれしくって。

とくに新聞や雑誌をスキャンしてホームページにあげると
やってみた人ならわかるけど
どうしても圧縮するので文章がつぶれたり写真がにじんだりする。
それになぜだか印刷時に一部文章がきれたりすることもあった。
他のホームページでも。

でもこれでみんなPDFにしておくとバッチリなんですね。
そうしてみると今まで無理して圧縮していたのが
これからはホームページ上で大きな画像を伴うモノは
(雑誌広告や雑誌掲載モノなど)
従来の画像処理(JPG)とPDF併用ということになりますね。
廉価版もソースネクストから出ているし、こいつは癖になります。
いちいちウインドウズでホームページ完全保存なんてして
あとでどれだったっけと悩まなくてもこれがPDFで完全保存してくれるし。

キントト文庫の紹介されているBRUTUSをめくっていたら
倉敷の「蟲(むし)文庫」さんが紹介されていた。
苔好きの三つ編み店主の後ろの畳を亀が歩いているという独特のディスプレー。
もうそれだけで
レベルがわかってしまう。
きっと近くならいりびたってしまうだろう。

最近では若者が自己実現的にカフェを始めるように
古本屋を始めるケースがあるとか。
それならば
カフェを始めるように
古本屋を始めるように
カフェのような古本屋のような
アンティークトイ・ショップを始める人がもっと多くなっていいのに。
それとも
おもちゃは人材不足なのかな。

6月18日(金)
閑古鳥(かんこどり)って実在する鳥?
ってきかれて
閑古鳥の立ち寄るアンティークトイ・ショップの店主はあわてるのであった。
我が広告宣伝用コピーのアンチョコ「蕪村全句集」を見返してみた。
するとそこには・・・・・・

PDFで読めるようにしました。
画像扱いするよりも
PDFにしたほうがスキャンした原稿はそのまま読めるし印刷できるようなので。
公式文書に採用されることも多くなっています。
ためしにこちらで比べてみて

6月17日(木)
きのう「入江コレクション」を見る。
入江コレクションにはコレクター特有のアクを見ることはできない。
「からくり」を意識しているおもちゃ蒐集家を初めて見た。
谷岡ヤスジ展でご一緒したキュレターの富田さんに解説をうけた。

ガンタマTV第一回ゲストのキントト文庫からBRUTUS最新号をもらった。
キントト書店主が青山の真っ赤な書棚の本屋さん日月堂さんで
あちらの店主と一緒に写真に写っていた。
これからは
知り合いの店でインタビューを受けたり
写真を撮るのが流行るかも知れない。

おもちゃの魅力をいかに引き出すか
この命題に残念なことにおもちゃ業界はまだリポートを提出していない。
そのように私は判断している。

宅急便やさんだと思ったら
キントト文庫本人登場。
注文してたおもちゃの本を持ってきてくれた。
これから古書組合の市へいくとか。
元気さ。

取材依頼の電話。
わかりました、おまかせ下さい。

雑誌フィギュア王新編集長
中山さん来店。

6月16日(水)
きのう谷岡ヤスジ展を見てきた。
アンヌ隊員からお花が来ていた。
そういえば谷岡夫人とは女優仲間だったもんね。
いろんな人と会えて有意義だった。
撮影があるかも知れない。
アップリンクの直井さんと一緒に帰った。

6月15日(火)
きのう翻訳者の稲垣博さんから
ダンセイニ卿の本が届く。
指輪物語のトールキンや
火星年代記のブラッドベリですら
ダンセイニ卿を迂回して道を通らざるを得ない。
戦争の物語(ロード・ダンセイニ/稲垣博訳/発行:西方猫耳教会・発行人:未谷おと)

日光写真は特許だった、ということを発見。

谷岡ヤスジ展に行く予定。
一日中おもちゃのコンセプトづくり。

6月14日(月)
これから7月いっぱい寝不足が続く。
サッカーのヨーロッパ選手権(国別対抗でワールドカップの中間年に開催される)があるから。
ライブ中継されるのは時差の関係で夜中か明け方になる。

涼しいくらいの夏空。
今日は漫画家谷岡ヤスジの命日。
二千年を待たずしてあっちへ行った、谷岡さん。
なぜかあの日も晴れていた。
■虹を飲み夢を吐き出し人となる
(献谷岡ヤスジ兄/神谷僚一句/)
そして、明日15日その命日の翌日から大展覧会が川崎市市民ミュージアムで始まる。
なんというアサッーーーのマジック。
ガキ夫ペンダントの台紙
コピーもまた秀逸

【拡大画像】
1 スカッとしてるもんね
2 かっこいいもんね
3 ブーーーだもんね

6月13日(日)
梅雨時期初のバースト、持病の偏頭痛。

この商売を取り巻く魔法の円より外にいる人間にとってはほとんど無名の存在だが、
彼は宣伝するまでもなく一流の男だった。
(ロード・ダンセイニ「世界の涯の物語」)

6月12日(土)
君はもっとおもちゃを勉強しなさいと言うことばかりでウレシイ悲鳴。
○○コレクションに○○コレクション。
アンド谷岡ヤスジ大展覧会じゃありませんか。
(谷岡夫人からチケットが届きました。アリガトウゴザイマス)
僕はおもちゃの魂をもっと吸収して巨大になります。

それから
半年ぶりの広告もほぼ決定。
僕の決断次第だったのですが、
やっちゃいましよおーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガンタマTV誕生記念ということで
広告はコピーとデザインにこり
商品はとんでもないものに
そしてネットでもあっと驚く愉快なことをしようと思っています。

土砂降りの雨の中
ガンタマTV紅茶完成編の編集が昨日夜遅く終了しました。
笑ってやってください。
ひたってください。
いい空間がつくれました。
放送は局まかせなので一週間後くらいになります。

6月11日(金)
あのヤフーBBがガンタマTVに興味を示してくれました。

こちらはヤフーの内容詳細ページのダミーです。参考までに。
現在ヤフーでも放送中です。(〜17日まで)

So-netの取材でネットショップの未来について
いろいろな話が出る。
空想雑貨の歴史もお話しする。
有意義な午後。

夜はまた別件で
中華屋さんで汐留の制作会社スタッフと社長と打ち合わせ。
いろいろな話が飛び交いサーフィンする。

どちらもおもちゃ業界の人たちではなくITやテレビ関連のひとたちだが
おもちゃとマニアの話がかわらぬ中心にある。
おもちゃはマニアが思っている以上に面白いし、深いし
きれいな見せ方が何通りも存在すると力説した。

いぜん神田のアートスペース&カフェ、デルタミラージュでイベントをした「空想雑貨の冒険展」
をやっと整理しました。
当時の産経新聞の記事やフロムAの記事などをつけました。
空想雑貨からの招待状も画像アップしました。
まさしくどう考えても「伝説」でした。
週末には「おもちゃ学校」も開催しました。
もうこんなことはできないでしょう。
だいいちデルタみたいなスペースはありませんから。
こちらをクリックして「空想雑貨の冒険展」へお進み下さい。

6月10日(木)
繰り返し告知しときます!
谷岡ヤスジの世界 展 ― 天才キャラクターだもんね!

昨日はサッカー観戦を前半途中で打ち切って
雨のなか秋葉原スタジオへ行き
夜中までガンタマの編集。
今月分はちょっと遅れています。

昨日は島流しから美術講師となって現場復帰したT嬢が遊びに来てくれてしばし談笑。
そのあと八重洲ブックセンターで
2週間にひとつのペースで絶滅していく『言語』の本を入手し
それとラップするように
ESSENCE OF FLOWER と記憶したい
DEEPFORESTのベスト盤を購入。
メジャーデビュー直前の元ちとせの島唄糸繰り節をアレンジした
Will You Be Ready の歌詞をもう一度チェックしたら
やはりすばらしかった。
ブックレットにも書かれているが
壮大な名曲。
J-WAVEから流れてきたこの歌を家人から教えてもらって
元ちとせを知ることになった。
このグループは友人Kケンちゃんのアトリエでもかかっていたと家人は言う。

ぼくらは太陽がまだ輝くことを
それとも太陽を十五個の欠片に砕くことを・・・
準備はできているのかい?

今日は取材と打ち合わせのダブルス。
場合によっては夕方はやめに店じまいするかも知れません。

6月9日(水)
谷岡夫人と電話でお話をした。
命日の翌日に展覧会が始まるこの不思議さ。
来週火曜日15日から川崎市市民ミュージアムにて
秋ぐちまでのロングラン。
谷岡ヤスジの世界 展 ― 天才キャラクターだもんね!

こんな景色もあったよ、初期空想。
最初からオートバイのよく似合うアンティクトイショップだった。

最高のお店アンティークトイ・ショップってなんだろうと思っていて
考えられたどりつき実現したひとつの結論。
カフェもあり
夜になれば古書に囲まれ
美しいものを語り
週末になればゲストをよんでおもちゃの話に聞き惚れる。
どこにもない秘密の場所
うつくしい人たち
うるわしきものたち
まぼろしを楽しんでみた。

6月8日(火)
前から気になっていた変化手順があって
やっと読みの確認ができた。
江戸と昭和をつなぐもの
胡蝶の夢に見る西欧とアジア
とりあえずここまで。
1990年12月17日の空想雑貨
店内にはもうすでにバイクを二台並べていた。
拡大写真は明日のお楽しみ

6月7日(月)
あさ寝床で
雷と雨の音。
朝食を食べ終わった頃には薄日が差していた。
降ったりやんだりの様子

セキュリティーそふと「ノートン」でおなじみのシマンテック社は
まるでペンタゴン(アメリカ国防省)の司令基地の様相らしい。
電子要塞は
トウキョウ、ロンドン、テキサスなどにもあり
CNNがBGMに流れる
最大の基地はアレキサンドリアにあるという。
アレキサンドリアといえば西欧古代最大の知の図書館があった場所。
<http://www.asahi.com/tech/apc/040430.html>

ブリキの地球儀型貯金箱
この空間に
ふさわしいBGMはなんだろうか?

6月6日(日)
シャッターを開けたら雨。
関東は梅雨入り。
ちいさなナイフ。
文房具屋さんなら必ずあった。
絵がついていて
いまから見るとあたたかいデザインが多い。

6月5日(土)
今日が最後の晴天になりませんように。
来週から梅雨入りらしい。

どんな職業でも現場が大事だよね
という話を含めて昨日は大阪のマニアの人と長話。
この方は企業アドバイザー&コンサルタント。
ポジティブな姿勢が大切という話も出た。
とても参考になる。
うちの店のように長話ができる店というのも
昨今では貴重らしい。
実はおもちゃ以外の話の方がおもちゃの魅力のことを語る時の
ヒントになることが多い。

来週一本取材が入る。
そのたびにポジションを確認してパスを出そうと試みる。
今度はSo-netさん。
どんな話になるのか。
こういう話のヒトツヒトツが僕の財産になる。

よる秋葉原スタジオで映像を見ながらテキストをつくる。

6月4日(金)
理由はどれだろう
1安い
2他では買えない
3なつかしい
4ネダンの割にコレクション性がある
5理由はないたまたま
6袋に入れてあるのでキレイ
7他に買うものがなかった

なんのことでしょうか?
答えは当店でメンコが売れている理由についてでした。
ちなみにメンコは一枚百円です。
どれも透明なビニールに入っています。
中には新品のものも混ざっています。
常時五百枚あります。

十種類集めればメンコ美術館ができる!?

6月3日(木)
鬼束ちひろの流星雨を探そうとしたら
エンヤのCDがでてきた。

たむらしげる
■氷河鼠の毛皮■(珈琲文庫10)
[発行]ふゅーじょんぷろだくと
定価¥970(税込み)

6月2日(水)
「お気に入り」に登録してもらうと
空想ロボットマークのアイコンが表示されるようにしました。

6月1日(火)
朝は激しい雨

三千年前の中国古代周の大遺跡が発見された。

ガンタマTVがついに今月中旬ヤフーBBのブロードバンド番組ガイドで紹介される。
取材に来ないのは、やっぱりおもちゃ業界紙だけだな、こりゃ。

5月31日(月)
今年2回目のクーラー運転。
そのくせ強風。
今日はタコ、こんな日もあるさ。

5月30日(日)
冷房の試運転をしようと思ったら
リモコンが見つからない。
あらっ、鬼束ちひろも見つからない・・・
三菱電機製霧ヶ峰
コレは現在使っていないけど
お店の壁にそのままつけてある
型番やビルの建築年代から判断すると
どうやら1971年製のようだ


さすが、サントリー
なんと「ぬりえ麦茶」なるネーミングで
きいちのぬりえをパッケージに使った麦茶を販売する。
こりゃあ、一本取られました!


■過去の
ガンタマ日記
1998年 1 1 1 1 1 1 1 1 1 10 11 12
1999年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年 1 2 3 4 5
■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨