プリセッション=必然的偶然


■2005年5月のガンタマ日記へ続く■


4月30日(土)
ゴールデンウィーク突入
暑くなりそう。
短か夜や毛虫の上に露の玉(夜半亭蕪村)

引き続きPV用にブリキのおもちゃの貸し出し

4月29日(金)
連休初日
今年初の夏日
東京・大手町で27.9度を記録
7月上旬並みの気温
GOOD MORNING

4月28日(木)
お天気。
なぜか反動で連休明けの予定はつまってきました。
人と会います。

連休中はお休みなしに営業しています。
そのかわり
5/16(月)〜20(金)休みます。


業界で有名なブラックリスト男の外人が逮捕された。


天体パニック映画アルマゲドン(1998年ブルース・ウィルス主演)のDVDを見ていたら
最初の部分に
2メートルサイズの風船ゴジラ人形が出ていました。
1984年製のふくらまし人形で
これふくらませるのけっこう大変です。

4月27日(水)
清澄庭園の奥にはまだ桜があった。
深川芭蕉庵まで行ってくる。

江戸深川博物館で
商屋に上がり込んで居間や棚を見る。
なんかシンプルだなあ。
決して貧乏じゃあない。

江戸の紙製玩具を見れば
紙のお面があった。
シンプルで斬新。

江戸ごまは
堀江卓のSF時代劇矢車剣の助みたいに
からくりごまだった。

江戸時代のおもちゃは明治時代の金彩ブリキよりも
かえって発想が自由みたいだ。

知らないうちに
浅草の神谷バーに店頭販売コーナーができていた。
量り売りもやっていた。

4月26日(火)
最も鮮明な渦巻き銀河の写真を見た。
ディスクトップの背景画像にした。
真珠の貝殻を連想した。
遠くにあるものと近くにあるものは
あんがいつながっているのかも知れない。

春雷

4月25日(月)
雨模様。
だらだらした1日。

おもちゃ世界で激震
IT関連企業インデックスが、タカラの株式を取得し筆頭株主に。
コナミが保有していた全株を取得。

4月24日(日)
いい天気。
ようやくDVDプレイヤーというものを購入した。

夕方、空に龍のごとき雲
なんのまえぶれだろうか?

4月23日(土)
春らしい天気。
昨日買ったサッカー雑誌に出ていたフェイントでも練習しようかな。
今日は一日ペンギンカフェ・オーケストラの音楽。
そろそろOFF会でも企画しませんか?

二度ほどダメになってしまっていた
屋上の植木鉢のアマリリスの花が咲きそうになっている。


4月22日(金)
町中にプーッというラッパの音がした。
今どき珍しい豆腐売りである。
旗をおいて入ってきたのは若いお兄さんだった。
懐かしいのはなに
って聞いたら
セイント聖矢ですという。
彼はベスパ乗り(イタリア製の古いスクーター)だという。
ラッパとベスパなかなか粋なくみあわせだった。

夜の新宿紀伊国屋書店で待ち合わせ。
バックミンスター・フラーの本の前で。
さて二人は無事に会えたかどうか。
もっともその前に店は閉まっていた。

4月21日(木)
友だちの美術家にある本を紹介したら
君の書いた解説の方が面白いよ

いわれた。

店の入り口のディスプレーをチョイと変更。
掃除をするのも気持ちのいい季節。

4月20日(水)
今日のご予定は青山でグラフィックデザイナー氏と会って
えーと「遊びの話」でも聞こうかな。
仕事の話になるんだろうな。
今週はえーとなんだか気がかりなうちあわせが一件あるな。
えーとうちあわせうちあわせ。
この世の中でなにか後世のためにいい仕事を残したい
という価値観のヒトと仕事をするのは楽しい。
さて、梱包してから、銀行へ行かなくっちゃ。

4月19日(火)
マクロや全体性や流動方向性で観察しないと
急所を逃してしまうことがある。
「フジテレビとライブドア手打ち」や
「反日デモ」の一方で
「宇宙の始まりはしずく。クオークは液体」という話が発表された。
直観的にかなり重大なことのように思った。
そして僕は今日うちあわせが一本。

桜ちりてハリある草の見ゆるかな(夜半亭蕪村)

4月18日(月)
必要があって自分の書いた本をおそるおそる開いてみた。
物書きにもいろんなタイプがあるようだけど
僕は一冊書くと内容を忘れちゃうタイプなので、
まあかなり忘れていた。
しっかり調べてあったので、安心した。
そりゃあそうだ。
玩具組合へ毎日つめて
資料をコピーするだけで
肩がいたくなったのだから。
僕の書いた本とは「怪獣玩具の冒険」(フィルムアート社1997年発行)のことである。

しっぽには、いっぱい愛敬がつまっている。(同書より表現の冒険:しっぽ)

どうもブランドバブルが崩壊したらしい。
ルイ・ヴィトンなどの海外高級ブランド人気が、失速の兆し。
ピーク時、正規価格を超える高値で販売されていた中古市場では、
高級バッグの価格が暴落。
過剰出店がたたったようす。

4月17日(日)
もう少しでゴールデンウィーク。
今年も連休は定休日なしで営業します。
そのかわり5月中旬くらいに《一週間くらい》
まとめて休む予定でいます。

フリーマーケットの人手は増えているのに
おもちゃショー関連はプロの出店が減っているようですね。

午後からあったかくなってきました。
車でも磨いて。
なんかのんびりです。

4月16日(土)
いい天気。
常連氏が朝イチで立ち寄ってくれて
明治公園フリマの話。
誰それが出していたとか
こんなものがあったとか。

夕方ちょっと雨
食べかけのスイカのような月が出ていた。
夕食後家人とフラミンゴまで散歩してコーヒーを飲む。
二十五年間かけた僕の個人的な仕事がひとつ終わった。
船はもう出てしまった。
いつかはカタチになるだろう。
今夜は僕の星と友人の星に乾杯。

4月15日(金)
日本文化の非対称性について来店された方からメールが来た。
ペンダントのタイトルは
「縄文式首飾り」だった。
さすが。

旧知のバイク仲間からメールが来たので
メールを出した。
間違って手元に「ブリキのゴジラ」がきたそうな。

東京タワーつながりの友だちの日記に書いてあった
「ソーセージのみそ汁」をあさ試してみた。
いける。

4月14日(木)
春らしいヒカリ。
店の入り口を開けて風と光を入れる。

ジュエリーデザイナーの方が見えて
子供のころ買った野球メンコを買われその際
ホームページに書いた「日本文化と対称性とおもちゃのデザインについて」
説明を頼まれたので解説したら
この方はなんと
非対称のブローチをつくって
賞を取ったという。
なんとも粋なことよ。

某バンドのプロモーションビデオの件で
ディレクター氏来店。
展示室兼書斎兼常連ワイワイルーム

4月13日(水)
将棋名人戦第一局
森内名人対羽生四冠

自宅用のウンドゥズ98をしばらくさわっていなかったのは
シャットダウンができなかったため。
なにせ電源を落とすときフリーズする。
何か対策を講じて大丈夫だったはずなのだが
そこでマイクロソフトのページから対策用ファイルをダウンロードしてあてた。
今のところ大丈夫。
しかし
・・・・・・また症状が現れた
・・・・・・前はこんなことたまにしかなかったのに・・・・・・(?_?)
復活したノートパソコンW95と自宅用W98NECバリュースターはワープロ用にした。
やりとりはなんと「フロッピー」。

空想茶室と呼んでいる和室で
まったく新しい次元の怪獣エッセーを書く予定。
マシンはウインドゥズ95。

先日カメラマンに聞いたところ
雑誌撮影でも600万画素のデジカメで十分とのこと。
なんだか手が届きそうだ。

講談社近くのちゃぶ屋で醤油ラーメンを食べ
胸突坂を登り永青文庫へ寄った。
まるで戦前から変わっていない神田川沿いの林の中にあった。
歌人細川幽斎の磁力がまだ働いているのだろうか。

日本画は横山大観ではなく
豪華主義の大観よりも下村観山。
さらにいえば菱田春草。
日本画壇の彗星菱田春草の黒猫が細川家所蔵品とは知らなかった。
重要文化財の指定は当然である。

4月12日(火)


同年配の方から注文があると特にうれしい。
鉄人28号といわれるとにっこりする。
新しい若いお客さんと話ができるのもうれしい。
「キングザゥルスをなめんなよ」という広告コピーを昔書いた話をしながら
一緒にパンドンを眺めていました。

4月11日(月)
今日あたり産経新聞社から
「オヤジドリル」という本が出ます。
お父さんが元気になる内容です。
空想雑貨もおもちゃ(メンコ)を提供しています。

【ウインドゥズ95ばなし】

ホントにひさびさに最初に買った(1998年製)ノートパソコンを引っ張り出してみた。
SOTECのウインドゥズ95バージョンのもの。
ワープロだけで使おうと思って
去年スイッチを入れたときは立ちあがらなかった。
なんとか立ちあがるようにして
文章を作りさて保存しようとしてCDに記憶させようとしたら
なんとエラー。

あれれれれ
もしかしてCDは再生できるけど
フロッピーじゃないと記憶できないのおおおおおお?????
でもXPで見る場合はフロッピーを認識させないといけないわけかあ嗚呼嗚呼
フロッピーーーー新品まだ売ってるのかなあ嗚呼嗚呼
たしか原稿用紙二百枚くらいしか保存できなかったような。
そういえばまだ四五年前だけど98になってやっとフロッピーを離れ
CDを使い始めたような・・・・・・・
フロッピーがーーーーん

4月10日(日)
あさ東日暮里のかんかん山通りを散歩。
桜吹雪。
帰りに団子を一本。
このあたりには「極東ノート」の倉庫があった。

空に降るは御吉野の桜嵯峨の花(夜半亭蕪村)

4月9日(土)
朝起きて花見にでかける。
隅田川沿いは満開。
江戸はまつち山に始まりまつち山に終わる。
隅田川沿いの景勝地まつち山は
芝居小屋も立ち並び観光名所であっただけではなく
古代港を有する
浅草の聖地だった。
■この地にはケロヨンでおなじみの「ツクダ」や
台紙系の「丸越」などがあった。

4月8日(金)
昨日は
15年来のつきあいとなる常連名古屋のM氏と伊勢やで天麩羅
合羽橋珈琲で15年来のマルサン話。
なんにもいわなくても駆けつけてくれるお客さんはアリガタイ、すごい。
国際通りの桜は満開


近所の酒屋さんがフランス人を連れてきた。
あちらでは「グレンダイザー」が一番人気だそうだ。
あとは「セイントセイヤ」とか。
「鉄人28号」は不人気だとか。
そういえば前にやはりフランスの人に
グレンダイザーのブリキ歩行人形(ポピー)を売ったことがあった。

4月7日(木)
雑誌インタビューあり。
展示用和室を掃除する。

4月6日(水)
マニアの人と会う予定。

倉庫整理をしていると
これでおしいまいとか売り切れかとか考えが浮かぶ。
貧弱な倉庫。
売ることがセオリーなくせに
売り切ることを不安がる商売なんてまったく、貧弱。
年々この傾向がひどくなる。

昨日の夜は
姪っ子の高校入学のお祝いと花見をかねて
文京区の坂のあるレストランへ。
ここのミートソースは僕のお気に入り。
そのあと秋葉原の編集室でジリジリを拾って
皇居周辺と六本木ヒルズの夜桜を見に行く。
ライトアップは終わっていてまだ五分咲きか。

4月5日(火)
花粉襲来。
愛用のホームページビルダーのメニューバーの設定が狂っていて
元に戻すのに一苦労。
今日は倉庫のお片付け

4月4日(月)
朝銀行へ、すこし雨おまけに寒い。
お昼には雨は上がった。
会社を抜け出して買いに来てくれた人がいました。

玩具人形商標総覧をチェック。
資料は忘れた頃に役に立つ。
しかしなんと浅草の多いことよ。
卒倒するほど。
ボチボチ気づいたことをリポートします。

4月3日(日)
昨日は
神保町ビアホールランチョでオムライスを食べ黒ビールを飲み
その後場所を移し
けっこう気に入っているバーで
友人に「照葉樹林」というカクテルを勧め
僕はミルクティを2杯おかわりした。
ここはプラネタリゥムの後ろ側の路地のようで
真夜中になると
ヒルトップホテルの方角から
ブリキ製の黒猫とセルロイドのモダンなスクーターが
現れるような気がする。

誰かがきっとどこかでダンセイニ卿の本を読んでいるような未来
連歌というイメージの話
骨董という物語の話
奈良の話
なまなましい出版の話
ディレクション料金の話などなど
吸入圧縮点火爆発そして穏やかな燃焼だった。

スタイリストのK嬢来店
ヘッドホンとブリキのヘリコプター貸し出す。

4月2日(土)
朝早く起きてみた。
どうせ今日は友だちと会って
そのあとセリエA観戦があるので夜は遅いのだ。
友人は素晴らしい仕事をした。
星を磨いて再びショウケースへ飾ったのだ。
こんなことは一生のうちに何度もあることではない。
しかも無報酬だった。
乾杯するとしよう。

詩人のことなど気にすることがない人々は
正当にも自ら選択した道を歩み、
見せかけの愛国主義と
有害なる食料と
粗悪品のワインを手段に蓄財を行う。
そして詩人達は間違っていると考えるのだ。
(ロード・ダンセイニ・「現代」稲垣博訳)

詩というものは報酬を期待できない。
その理由で民衆はそれを欠陥品と見なすのである。
しかし永遠に続く悪習などは存在せず、
詩は後世の人々の嘲笑を超えて生き延びる。
(ロード・ダンセイニ・「現代」稲垣博訳)
※ダンセイニは二十世紀最大の見えざる文学者
人類の物語を書き続けた。
英国貴族。軍人。チェスの名手。

『おもちゃの素材史観』
郷土玩具家や玩具評論家に足りないのは、
素材へのまなざし。
ブリキにはブリキの
セルロイドにはセルロイドの
ソフトビニールにはソフトビニールの
プラスチックにはプラスチックの
超合金には超合金の
木には木の
紙には紙の
軽さや折りたためるといった利点などが
そして
土には土の
『初期設定デザイン思想』がある。

いまだかつて
1966年製のソフトビニールの怪獣ガラモンのしっぽが
なぜ動くのかを問題にした者はいず
いまだかつて
メンコのルーツといわれる江戸時代の泥メンコは
なぜ「泥」なのかと
問いかけた者は見あたらない。

4月1日(金)
やっと四月が来た。
朝カード番号を忘れたので銀行まで行く。
今月のおかず準備中。
安くておいしいモノなかなか難しいっす

午後から桜餅いりトラ焼きを食べながら
「紙製玩具会議」。
ものは実際に見ないと本当にわからない。
実地検証が大事という結論で次回またということになった。

3月31日(木)
目がかゆくなり目薬が欠かせない。
いよいよ春到来。

Spring has カム
連歌集を引っ張り出す。
連歌は歌の渦巻きめいた流れが好きだ。
胸なる月に光そへばや
いきほひを身はひきとらぬ梓あずさ弓
(新撰つくば集・宋砌そうぜい法師)

東京桜開花宣言


■過去の
ガンタマ日記
1998年 1 1 1 1 1 1 1 1 1 10 11 12
1999年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005年 1 2 3
■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨