■2006年2月のガンタマ日記へ続く■

2006月1月31日(火)

いつも福を呼ぶ人になってみたい。
と言っても僕の場合は「春風」だが。
九州のとある仏塔の見える街に眠っていた
昭和三十年代の「セルロイドのお面」。
あごの部分に
made in Japanの刻印がある。
福がありますように。
今日はよる食事しながら「ガンタマTV第二ステージのうちあわせ」。

三時間三十分もかかるとは思わず、
昨日夜中すぎまで見てしまった。
映画『No Direction Home』の衛星放送録画。
ボブ・ディランのドキュメンタリー。
朝は間違いなく第一曲目に
Like A Rolling Stoneをかけた。
やあ、今いったいどんな気分だい?
帰り道もなく、たった一人で?

【ボブ・ディラン『ノー・ディレクション・ホーム』ウェブサイト】

2006月1月30日(月)
ぼくらの商売は、たんに骨董品を売ることじゃない。
ぼくらは夢を売っているんだ。
いい話だと思わないか?
(闇のアンティーク/扶桑社ミステリー)

2006月1月29日(日)
義理がたいつくり
義理がたい
やり過ぎ
過剰品質・・・・・・

腰で分割されたウルトラセブンの人形を見ながら
はかりでおもちゃの重さを推理しながら
18年間愛用の怪獣の重さを量る
「怪獣計」

お客さんと話をした。
カワサキのオートバイZ2やホンダの社長本田宗一郎
の話題と共に。

2006年1月28日(土)
妹がダビングした衛星放送の韓国ドラマが
僕の外付けDVDで再生できなかった件は(DVD-RAM)
僕のパソコンでコピープロテクトを解除することで
決着が付いた。
ファイルをダウンロードすればよかったのだけれど、
英文サイトだったので手間を取った。

1970年代の
千代紙セットのタグに出てくる男の子

2006年1月27日(金)
なにやら未消化の1日でした。


戦時中の木製玩具(模型)を見る。
《B29》や《国民学校》という文字が
強烈に渋かった。

夜次回のガンタマTVのクイズコーナーのデーターが届く。
さあ、やらねば。

2006年1月26日(木)
DVD(-RAM)で再び悩む。
★★★★


「御本よりの」お言葉
「闇のアンティークより」(S・ウォーカー◆訳工藤妙子◆扶桑社ミステリー)

芸術作品には・・・・・・どんなに些細でもいいから欠点がなければならん。

「これは本当に年代物ですね」とか「これは贋物です」などと
言うのが気に食わないんだ。
連中にとって、我々は時の神々と交信するシャーマンで、
成金にとってこれほど恐ろしいものはない。

マニアは一般的に物質成果主義者だから
自分以上の高度の存在を体質的に受け入れることはできない。
ココロノヒロイ愛好家は知的好奇心というルーペを
想い出のポケットの隣に入れて
モノを集めようとする。

2006年1月25日(水)
入荷分を整理中
ピアノの上にのせて記念撮影してみました。
三脚とズームを使ってみました。

クロンボコーヒー
子供の頃から知ってたんだけど
いつも一体全体ここは何やさんだろうと思ってたお店でした。
今日初めて行ってきました。
浅草っていまだにこんな店が多い。
(僕の店も含めてね。)
くせになりそう。
それになによりこのデザイン、サイコーです。
これからは空想雑貨の帰りに
クロンボコーヒーをぜひ一杯

2006年1月24日(火)
ヨドバシで
外付けハードディスクとDVDを購入。
自宅マシン用にと思ったのだけれど、店用マシンと規格があわず、
想定外。
別々の個体が
マシンも人間も社会も《同調=共振》することは難しい。

「闇のアンティークより」(S・ウォーカー◆訳工藤妙子◆扶桑社ミステリー)
骨董のお勉強を少々。
説明は不要でしょう。


おまえはこの世で最も救いのない業界に入ったのだ。
それも、その業界がかつて経験したことのない最悪の時代にな。

これほど客足が稀だと、
そのうち自分が骨董品になったような気がしてくるだろう・・・・・・

2006年1月23日(月)
1971年に放送された特撮ヒーロードラマ「ミラーマン」の
新作映画「ミラーマン REFLEX」の公開前夜祭が21日、都内の映画館で開かれた。
28日から渋谷シネ・ラ・セットなどで上映。
詳しくは<http://www.vap.co.jp/mirror/index.html>

仮面ライダーも、一号二号でまたやるらしいね。

「闇のアンティーク」(Sウォーカー・扶桑社ミステリー・定価\980)
を読んだ。
実際の骨董業者が名前を隠して発表したこの作品は
数年前美術界を震撼させたという。
確かに内側で経験した人間でなければ書けないリアルさがある。
殺人事件は俗っぽくて繊細さに欠けていただけないが、
【骨董の観照術】にはよいデーターになる。

[観照第1日目]
骨董品は-------------
程度はどうあれ-------------
消費財になった。
(略)
ああいうのは「古いものを愛する」じゃなくて
「古いものを欲しがる」と言うべきだね。

2006年1月22日(日)
原因は君かあ


ラジオ日本  1422kHz
あした1/23(月)よる11時15分から30分まで
「あさみちゆき街角歌だより」空想雑貨店主出演

2006年1月21日(土)
東京雪
まだふってる

おかしなことに
メールソフトEudora(昔はネスケの必需品いまはライブドア傘下)が送受信しなくなってしまった。
まるでホリエモンショックでフリーズしたように。

今日はメンコのお客さんと
雪だからペギラを見に来た常連さん。

2006年1月20日(金)
ガンタマTVディレクターのジリジリから
大相撲の帰りに「ひやにく食べたい」の電話。
メンコ大会でお世話になった住宅工務店の貞松さんともしばらくぶり。
雪が降りそうな寒さだというのに、
五人全員で「ひやにく蕎麦」。

2006年1月19日(木)
前回もグッズをいっぱい買っていただいたサンダーバードマニア氏が
「サンターバードものないですねえ〜」と言う店主と話し終えて帰ろうとしたとき
「隊員バッヂ」をしっかり発見した。
またやってしもうた!

2006年1月18日(水)
秋葉原で大阪鶴橋のモダン焼きを食べた。
お好み焼きに焼きそばをプラスしたモノ。
味はマヨネーズにソース仕立て。
東京下町のもんじゃが薄くて横に広がるのに対して
お好み焼きは厚くて縦に高くなっていた。

一冊骨董のお勉強の本を買った。
感想はいずれ書きます。

ホリエモンのブログのサーバーが落ちないことに感心した。
なぜか深い意味がある気がする。

おやつに昨日ようやく有楽町スバル座で「三丁目の夕日」を見たあと買った
銀座木村屋のジャムパンとチーズクリームパンを食べる。
ドルツ水流歯ブラシで磨く。

2006年1月17日(火)

これは「日光写真の種紙」
そして画像ソフトフォトショップでちょっと
「反転」させてみた。
するとあらあら不思議。
日光に当てなくても
暗いところが明るく白いところは黒く・・・・・・

2006年1月16日(月)
《映画三丁目の夕日効果》とでもいうんでしょうか。
おかげさまで新しいお客様が増えてきて
うれしい限りです。
おもちゃをもっともっと大事に商っていこうと思います。

今日夜ラジオがあります。
ラジオ日本  
1422kHzよる11時15分から30分まで

2006年1月15日(日)
ラジオ日本  1422kHz
あした1/16(月) と来週1/23(月)よる11時15分から30分まで
「あさみちゆき街角歌だより」
に出ます。
今日収録がありました。
二回になるそうです。
おもちゃの話をして、遊びました。

タイに「ウルトラマンランド建設」ということらしい

タイの古都アユタヤ郊外に、「ウルトラマンの街」が誕生する。
同国の映画制作会社ツブラヤ・チャイヨーが、
ウルトラファミリーと怪獣の模型を陳列する博物館などを建設。
6月までに着工し、
2009年ごろにオープンする計画。
ウルトラマンは同国でも人気が高いが、
同社のソムソン取締役は「世界中に知られるような施設にしたい」と話している。

この施設は同社が約29億円を投じ建設する。
博物館はウルトラマンの出身地「M78星雲」をイメージし、
数々の死闘を演じた歴代ウルトラマンと怪獣、宇宙人数千体を陳列。
身長50メートルのウルトラマンとバルタン星人の像も造る。
施設内では、公開ショーも行う。
(時事)


2006年1月14(土)
リーバイス・ソフビ研究家氏が来店。
映画三丁目の夕日の話題のあと
彼が年賀状で撮影した東京タワーとガラモンの話がでて
「そういえば僕が最初の本ガンタマを出して今年で十年なんですよ」
という話になった。
企画会議に僕の新しいおもちゃ本の出版をお願いしました。

ミルクが飲みたくなるとたまに思い出すコイツ
牛乳の飲み過ぎでこんな銀色になったんじゃないよ。
たまにはアピールしないとね。

2006年1月13日(金)
空想店主
ラジオ日本《緊急》出演決定。
おもちゃと浅草の関係など話す予定。
放送は来週月曜日。

2006年1月12日(木)
プレスリーよりも恋人を取った男
<http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200601100023.html>


ラッセルのクラシックタイプのトースターをアマゾンで買った。
トーストが主食になりそうである。
浅草ペリカンのパンをラッセルで濃いめに焼いて
ケメックでたてたコーヒー飲めばカフェである。

2006年1月11日(水)
去年倉庫が雨漏りしてその件はとうに済んだと思っていた。
今日倉庫に入ったとき
ケースの後ろがなぜか気になってのぞいてみたら
ああああああっっっっ
ブリキのバケツがああああああっっっっっ
雨水で浸水しているううううう
なんとか最悪はまぬがれたが。


うがいを朝昼晩した。

2006年1月10日(火)
前からほしかったモノを見つけたけれど、
状態が悪くてどうしようか迷っていた人が
何となく空想によってみようという気になって
店に入ったら
あら、不思議。
欲しかったはずの《さらに状態のいいもの》が
店の棚に並んでいたとさ。

しかも昨日入荷したてのほやほやでした。
優秀なコレクターほど入荷したてにやってくる。

2006年1月9日(月・祝日・お店はやっています)
こういう山間の駅から
こういう古びた汽車に乗りました。
タイムトリップでした。
行く先は「空想雑貨」だったりして・・・・・・

2006年1月8日(日)
メンコだ!
鉄人28号だ!アトムだ!
団塊の世代の逆襲だあ!
ってかんじの昨日でした。

帰りマンファンも来たよ。
戦後世界一に輝いた
怒濤の駄菓子屋パワー炸裂

メンコ

2006年1月7日(土)
東京から飛行機で1時間半
空港からタクシーで15分の地にある
《渓谷カフェ》

もし仮になにか一品この場所に
おもちゃを置くとしたら
やはり動物モノの金属玩具だろうか。
それもすこしさびがあった方がいいだろう。
僕なら木製のベンチの片隅にこいつを置いてみたい。
浅草アルプス社の
ぞうさんドラマー
電池で動く
今からざっと40年以上前のブリキのおもちゃ。

2006年1月6日(金)
先輩のおもちゃ問屋の主人から
年始の開口一番
「お宅たちの業界はどーーーなの」
僕は「バンダイ・ナムコ」の話を聞いたり
年末のバッタで「タカラ」の商品が大量にでたことを教えてもらいました。
うちの店のメンコの山を見て、
「俺こんなのいっぱい持ってたあ!」
和服の先輩はそういわれました。

この先輩に
「上野桜木町のマルサンだろ。うちと取引あったな」
そういわれました。
以前も言われたけど、そのときは場所教えてもらっただけだったな。
ちょっと待てよ。桜木町時代かあ。
ってことは、なんの商品、取ってたのかなあ、
今度きいてみよっ。
ヒントはだいたい近くにあるモノです。

初日から「メンコ」が売れました。
お一人様うん十枚お買い上げ。
い〜〜いかんじーーー
近所に年始まわりに行ってふと店を見たら、
あららお客さんが。
あわてて店を開けました。

■山間の温泉

2006年1月5日(木)
銀河新年

今日からお店開始です。
パソコンを開いてみたら、スパムメールが約1000通たまっていました。
やってくれるよなあ。
去年は毎日ほぼ200通ほど来ていましたから。
お店の公開メルアドですから仕方がないって言えばそうですが、
30通に1通ぐらいの割合で
業務連絡や通販の注文が入っているので、
迷惑この上ないですね。

今年は大変革の年になりそうです。
フォルッア!


■過去の


ガンタマ日記
1998年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1999年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
■浅草の懐かしおもちゃの秘密基地・空想雑貨■