■空想雑貨



■ガンタマ日記2007年7月へ続く



2007年6月30日(土)
夏は必ず
キャット・スティーブンスの♪Heaven must have programed you
の歌声から始まる
彼が音楽の魔法を捨てて宗教に走ったのは悲しいけれど。


■Heaven - from Foreigner Live - 1973年
http://jp.youtube.com/watch?v=uUXda-RTE_c

2007年6月29日(金)
脳内イメージ試してみてください。
あなたの脳内地図ができあがります。
名前を打ち込むだけ
ちなみにワタクシは、なんかすごすぎて言えません。
ワタクシのことをよく知っている人はチャレンジして笑ってください。
http://maker.usoko.net/nounai/



2007年6月28日(木)
ATUI
植木に水をまきました。

2007年6月27日(水)
家人がバジルの葉っぱの植木を買ってきました。
これでパスタの時にはお世話になることでしょう。

緑の木々を見上げながら
〈炭酸の娘〉と待ち合わせ。
明治神宮内苑「杜のテラス」でお茶を飲んでもよかった。
ここはどうやら隠れ人気スポットみたい。
お散歩は白金八芳園
うごきだしそうな樹齢五百年の盆栽を見た。
カフェに選んだのは庭園美術館のcafe茶酒




来月空が青くどこまでも広がったら
北茨城まで「岡倉天心の絵」に会いに行こう。
カラーコピーした物を額に入れているほど、好きな絵だ。
大観も観山も結局こんな絵は終生描けなかったんだ。

ロード・ダンセイニの新翻訳生原稿を読む。
絶景の第十八章。
すべての経験と洞察が季節をつくっている。
そして百年たって愛蘭土から異国の日本まで
月からの便りのように心のこもった風を運んでくれている。
翻訳者の友人に感謝。



2007年6月26日(火)
バンダイ・ナムコがペコちゃんにウインクしてました。
当然といえば当然ですね。
アンパンマンの隣にペコちゃんが並ぶのも
時間の問題ですね。

我が家の書庫から
平凡パンチの表紙を描いていたイラストレーターの
大橋歩さんのインテリアの本が出てきた。
(昭和53年 主婦と生活社)


■大橋歩さんとイラスト
■インタビュー
☆ひとりでやってらっしゃる雑誌アルネ
僕もさっそく年間購読予約をしました。

2007年6月25日(月)
トップコレクターの品格
とでもいうのだろうか。
仕事柄非常に多くの蒐集家と面識があります。
仕事以外でも自分の趣味クラシックオートバイでも
たくさんマニアを見てきました。

おおざっぱに言えば、こんな人のところへ
ものは流れ物は集まっていくんだと実感しています。
「物は一時は物欲のある人の下へ流れるかに見えて、
結局は愛情のある人の下へたどり着く」
ようです。
それが僕の骨董おもちゃ屋としての20年間の結論です。
世間や一般コレクターの常識とはまるで反対で
物とは物欲では動いていかないモノなのです。
それが僕の見立てです。
このツボがわかるかどうか、ここが風流の分かれ道。


トップコレクター
(1)
他の人のコレクションをほめることのできる人
(2)
多趣味であること
(3)
お先にどうぞと引くこともできる人



2007年6月24日(日)
昨日は
30℃越えでも
店もクーラーはいれずに扇風機。
打ち水ばしゃばしゃ。
夜八時10時は消灯の日ということらしいので、
ろうそくの明かりで過ごしました。
ぼやけた月が空に光っていました。
耳はしっかりiPodをしていました。

今夜はモンジャパーティです。
某氏のコレクションルーム初見学でもあります。
遭難しないようにしよおっと。

2007年6月23日(土)
再び晴れ
オハヨー
半ズボンにブリキの水鉄砲にかき氷に秘密基地の季節が来た!


二度カフェから見える東京タワーがすてきらしいという噂はよく聞いていた。
そういえば思い出したことがある。
家具の旧イデー本店(南青山)の3階カフェからもタワーが見えた。
ヒルズができるまでは。
去年無印良品に吸収されたことも知った。

2007年6月22日(金)
ウルトラマンの大乱

ソノシート強制終了

2007年6月21日(木)
魔除けのエッセー書き上げました。
楽しく意欲的なこころみに参加しました。
様々なジャンルの人による書き下ろしです。
お楽しみ下さい。
これからもこういった企画があれば挑戦したいと思います。
声かけてください。


■魔除けとおもちゃの話し(2)完結編

2007年6月20日(水)
店の横の庭に面した壁を水で洗う。
十年はほうりっぱなしだったからさ。
すだれもかけたし、室外機には木のカバーして、植木鉢も置き、
アヒルの人形を並べてみました。おもちゃ屋さんだからね。
さぁメーカーはどこでしょうか、ね?
まぁちょっとは涼しげインテリア。


「おうちカフェ」づくりって感じです。

Windows Vista 大不人気■会社ではゼロ

夜Ordinary Joeうちあわせ
イギリスとテレビ会議[iMac+スカイプ(無料電話)]
終電

明日テレ朝撮影あり

2007年6月19日(火)
昨日は「たむらしげるさん」の個展オープニングパーティへ行った。
たむらさんはいつもどうり淡々とお元気だった。
場所は青山ピンポイントギャラリー。
6/30(土)まで。

帰りに2℃カフェへ寄る。
窓の隅にちぢこまったトウキョウタワーを見つけた。
ちょっと落ち着けなかったので
青山通りをロード・ダンセイニのことを考えながら散歩する。
友人が日本で初めて訳しているダンセイニの物語(ロリーとブラン)を
誰よりも先に楽しませてもらい
そして
百年前のヒカリが届いた光栄に感謝しながら
トウキョウの初夏の夜を満喫しながら・・・・・・

いつもどおりSELANでアルミチェアに座り
神宮の夜風に当たりながら、原稿を読み終え
赤坂のスタバでメモを取る。

2007年6月18日(月)









あんまり暑いので、
昔のカタログを見て涼んでみました。


昭和38年(1963年)3月発売
三菱電気冷蔵庫一般家庭向け
三ツ矢サイダーがキンキンに冷えています。
バヤリスオレンジも甘そうですねえ。
キリンビールも復刻品じゃありませんよ。


さてお値段はいかほどだったでしょうか?
想像もつきませんねえ。

2007年6月17日(日)
店の横に小さな庭があります。
荒れ放題の庭を掃除していたら
倒れてバラバラになった灯籠が出てきました。
父親が骨董市で買ったものでした。
モダン趣味の人だっただけに意外でした。
でも母親が浜町の置屋の女将さんだからね。
(モダン+日本趣味というのは確かに受け継いでいますね。)


とりあえず窓にすだれをかけました。
庭を少しずつ手入れしていこうと思っています。


好きな句
広庭のぼたんや天の一方に(蕪村)
また牡丹の花に関しては蕪村のこんな句もある。


★詠物の詩を口ずさむ牡丹かな


※詠物イコール万物の意味にとって味わってみたい。
こうすると蕪村のレンジがわかる。



2007年6月16日(土)
梅雨入り宣言出た途端に
真夏みたいな天気。
まったくどうなってんでしょうかね。
夏が好きだからうれしいけど。

植木をひとつ買って店の入り口に並べました。
屋上の隅でひっそりと白い花が咲いていました。
昨日はライブ中継で
将棋名人戦で名人戦史上に残る大逆転劇を目撃してしまいました。
野球でいえば三振振り逃げホームランといったところです。
「投了するのが最大の悪手」
とは良くいったモンです。
さてサッカースペインリーグの最終戦三つどもえの決着はどうなるんでしょうかね。
3チームに優勝の可能性がありますからね。
月曜の朝4時から、WOWOWでライブがありますね。
やはりレアルかな?
バルサが逆転で勝ったら、すごいけど。
まさかまさかセビリア?

2007年6月15日(金)
雨に打たれた方が美しいものはなんだろか
そう思って室外機木製カバーを見た。
ふつうは木枠の上に植木を置くのだけども。
ブリキのジョーロやバケツだろか?
ブリキは錆びるところがいい。
ソフビは錆びないところが利点ではあるけど、
屋外へ置くにはいまいち風情にかける、かな。

2007年6月14日(木)
関東梅雨入り
今日はド天才漫画家谷岡ヤスジさんの命日。
調子いまいちだと思った。
んなことをいったら、ブッとばされるかな。
ヤスジ兄まねて
わしも「腹筋」やろうかな、マジに
あのなぁカミヤおまえナー、といわれそう。
ガンタマTV特別編を見てくだされ!


昨日は一足早く平賀源内大先生の地元神田でうなぎをいただく。
くちなおしにお茶の水ニコライ堂坂下のグリーンティカフェで普通のアイス珈琲。
近江屋洋菓子店さんで食パンを買う。ここは家人の昔っからのひいきなのだ。
ヤマギワリビナをのぞく。
イサム・ノグチのアカリを見てちょっと休憩。
その昔渋谷ファイアーストリートの《文化屋雑貨店》で買った
緑色のほうろうの電気の笠と
イサムノグチの和紙のぼんぼりライトをぶら下げた部屋にすんでいたことがある。
それにつけても散歩するには暑すぎる。


夜、室外機の木製カバーを組み立て取り付ける。

2007年6月13日(水)
■Appleがウインドゥズ版のブラウザを開発


Macでウインドゥズが見られるというんじゃなくて、
ウインドゥズがMacになれるってことらしい。
当然無料ダウンロード。
☆日本語サイトは一切表示できないので注意。レポート


iPhoneといい加速してきた感じですねえ。
マイクロソフトの牙城がGoogleによって切り崩され、
Macによってさらにダメージをおうってことでしょうか。
あたかも三年で新製品購入を強要するような企業姿勢だからさ、ねえ。




2007年6月12日(火)
ケイタイは嫌いでほとんど使わないけど、iPhone欲しくなった。
ケイタイ+Mac+iPodってことらしい。
Appleの告知はこちら
これも魅力的な大人のおもちゃさ。
☆がんばれ、日本のおもちゃ産業とクリエイター達!!!


※ジョブズ氏はアジアへの投入は2008年としていたが、
日本での発売は執筆時点では明らかにされていない。

2007年6月11日(月)
ケルト世界のうんだ20世紀最高の神話作家
あらゆるファンタジーと幻想作家を名乗るもの達の父
ボルヘスやバラードやブラッドベリそれにブラックウッドらがひざまずく
ロード・ダンセイニの「知られざる作品」を翻訳している友人の稲垣博氏から
新訳が届いた。
太陽が世界にヒカリを与える最初の仕事をする中、
雨に濡れた植物を見ながら第八章までを読む。

2007年6月10日(日)
空想雑貨も始めてからだいたい二十年たったので
店作りってことを《もういちど》考え始めているところです。
カフェや珈琲専門店や雑貨屋さんには
売れ筋商品
インテリア
店作りの情熱など
参考にできるところがたくさんあります。

2007年6月9日(土)
BRIAN ENO関連のCDが数年ぶりに友人より奇跡的に戻ってきた。


○Glitters is Gold(イーノ兄弟含む6アーチストによる競演)
○BEFORE AND AFTER SCIENCE
○THE SHUTOV ASSEMBLY
過去20年間で空想雑貨でかかっていた音楽
ベストスリーは
たぶん
1位 Eno
2位 Dip in the Pool
3位 ペンギンカフェオーケストラ
最近はキース・ジャレット。
こんな店はなかなかないでしょうよ。

2007年6月8日(金)
近頃の空想さんのカウンター
「怪獣玩具の冒険」出版時に特別に制作。
1997年デルタミラージュに展示したモノです。

2007年6月7日(木)
月末《下町おもちゃ探偵局モンジャ会》。
その連絡。

友人にメールして、
ひさびさ会う日にちと場所を相談しようと思ったら、
【呼ばれるところどこへでも】といわれた。
散々悩んで「冷やし中華」ではなく
『冷やしラーメン』
の食べられる中央区のカフェを選んだ。

2007年6月6日(水)
朝しっかり頼まれ原稿の「魔除けとおもちゃ第二回」を書き上げる。
それから自分の勉強もしっかりする。
書写、書写。

青山ブックセンターは何百回となく通っているのに、
すぐ前のレストラン「アンカフェ」は入ったことがなかった。
今日はここでランチ。
用事を済ませたあと今日こそはと思って、
絵画館前銀杏並木の「カフェ スペーラ」へ行く。
ようやくテラスに座れた。
ここは明治記念館の経営。
あと行きたいカフェは「白銀八芳園のスラッシュカフェ」かな。
とにかくロケーションが素晴らしい。
春はオープンカフェで
ボッーとするのが最高の贅沢。

2007年6月5日(火)
今日は友人と小石川のペッシェでランチなのさ。
外で食べたので、風が気持ちよい。
「未来のアート界」のお話をしました。
アトリエでできたての不思議な幻灯機?を見せてもらいました。

2007年6月4日(月)
今日はキース・ヘリングのイラストのTシャツの1日だ。
27度の日みたい。
何年か前になんとユニクロで売っていた。
もっと買っとけば良かったよ。

2007年6月3日(日)
一週間で二回
同じカフェからふられた。
ちょうど結婚式のパーティだった。
五月みたいな六月の夜
表参道から246を歩いて
オーバカナル紀尾井町店(赤坂のオープンカフェ。ニューオータニよこ)

ゆっちとデート。
いつのまにか「お月様と建築」の好きな子になっていた。
僕はまるでプレゼンするように
とびきりのバックミンスター・フラーさんの建築の話をした。
彼女から桃林堂
お菓子をおみやげにもらってしまった。
なんとパッケージアートは僕の大好きな「金太郎」じゃないか。
ほんとありがとうよ。
うんといかした〈天つ乙女〉になるんだよ。

2007年6月2日(土)
名古屋の怪獣ソフビに人生かけてる男から電話。
ミニラやガバラを製造した
ひよこマークの【MS】についての質問。
同人誌「怪獣墓場」の事件や
怪獣以外にどんな商品を売っていたかを話した。
『石田実=マルサン』倒産後の話しは
欲望が炸裂する暗い話しが多すぎるのであまり語りたくないのだが。

それをいいことに業界誌もネットでも
ブルマァク主体のマルサンねつ造史やマルサン偽造情報が横行しすぎた。
石田実のスピリッツ(玩具魂)をリスペクトして
ただされるべきだろう。

浅草の玩具会社マルサン商店社長
石田実のすごさは
頭領として
時代の先見性と限界について・・・・・・
オートバイの本田宗一郎と比較しても
本にも書いたし幾たびも発言してきたが、
何ら恥じることもない実績だといまでも思っている。
真のすごさを知らないのはマニアとおもちゃ業界だけだ。


たしか本田の親父が
「オートバイで世界一を獲る」と木箱の上で社員に宣言したとき
会社は倒産の危機にあったときだったはずだ。
気性も似ていた。


男一匹、世界を相手にした親父達はもういない。
しかし、スピリッツは漂っている。

2007年6月1日(金)
たぶんシャガールかなと思ってもっと良く絵の見える席に変えてもらったら、
サインはないけどそうだった。
店主が来てわざわざ説明してくれた。
どうもありがとう。
絵もとてもいい感じだったし
料理もボリュームもあり、とてもおいしかった。
友だちいわく「パリの小さな食堂みたい」。
定評あるカレーはもちろんだけれども、
付け合わせの焼トマトにも感心。
さっそくあとで教えてもらった。
この店はもっと利用しようと思う。


「神田ルードメール」

2007年5月31日(木)
第5位 足長モール(針金)人形・・・・・・ポーズが自由にとれます
第4位 セルロイドのお面
第3位 ブリキのピストル
第2位 ぬりえ
第1位 メンコ


以上空想雑貨提供の『夫婦で楽しむ懐かしグッズランキング』でした。
(東京12ch「朝はビタミン」放送)


東京浅草の懐かしおもちゃの専門店
空想雑貨店主の綴る
おもちゃをめぐる
○美と冒険と思索のヒミツ●
ガンタマ日記
1998年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1999年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
空想雑貨トップページへ