『路地裏をコロッケかじり鉄人ソラン口笛ふくよ』(南千住散歩)
【コース】
空想雑貨→徒歩15分三ノ輪交差点(地下鉄日比谷線三ノ輪駅。都電もあります)
→徒歩15分荒川ふるさと文化館


途中コロッケパンを買って奥の細道出発地で食べよう
アニメソングの口笛を吹こう


●散歩コースは空想雑貨から昭和通り沿いを一本道なので
あえて地図は載せません。もし不明な点があればお尋ねください。
問屋 昭和通り東京電力の隣にあるのが「おもちゃのオンダ」。
創業者の銅像がビルの入り口に。
1980年の新鉄腕アトムの紙ものを手がけました。
小物玩具(駄菓子屋向け、紙ものなど)の老舗問屋です。
花火が得意。
おやつ ジャンボ20センチもの巨大なコロッケパン
これ一個だけでお腹いっぱい。240円。
日光街道から南千住警察方面の標識を見たら左折。徒歩三分。
玩具資材 日光街道沿いの看板に注意。
下町の地場産業は「玩具」だった。
芭蕉 俳人芭蕉の奥の細道はここ千住より旅が始まった。
スサノオ神社に浅草風流文化人の巨匠亀田鵬斉(かめだほうさい)
の筆による碑がある。
芭蕉はこの世界を「魚なき鳥の目に涙する幻のちまた」と詠った。
この神社は隅田川古蹟文化圏に属し「明日香社」の別名がある。
路地裏 スサノオ神社裏にあるのが、区立ふるさと文化館
昭和三十年代の路地裏を再現したコーナーがある。
くつろごう。
入場料百円。
9:30〜17:00(月曜休館日)
TEL 03-3807-9234
アニメの
故郷
アニメの黎明期に活躍した映像会社がありました。
その名を「エイケン」
手がけたテレビ番組は
鉄人28号、エイトマン、スーパージェッター、宇宙少年ソラン、
遊星少年パピイ、遊星仮面
ガボテン島、忍風カムイ外伝、サザエさんなど。
この会社は日光街道から一歩入ったところ。
南千住六丁目に今もあります。

●●●
おもちゃは浅草の夢でした。
ヒーローという見方をすれば
エイケン制作のテレビ番組は
蔵前のおもちゃ屋(野村、浅草玩具、米沢、バンダイなど)が造形化し
合羽橋の問屋が音盤ソノシートを全国に配っていました。
みんな大浅草の夢でした。

ここのコロッケパンを見ると
「もんじゃ」と同じで
下町のガキのジャンクフードなんだなあ
と思うことしきり。あまい味がする。
青木屋
東京都荒川区南千住6-47-14
03-3807-4517
休日:日・祝日
玩具用線材、ピアノ線の看板。
大浅草おもちゃ王国の残照。
特に荒川区は「緑商会」「大滝」など
プラモデルメーカーが多かったので、
この看板の意義がある。
■おもちゃオンダの創業者
芭蕉と明日香はよく似合う ふるさと文化館の路地に迷い込む
■エイケンの産んだヒーローのソノシート
■浅草おもちゃ散歩コースはまだまだあるよ。ご案内はこちら■